バッハ パルティータ第5番メヌエット動画集 | Mボックス

Music video

バッハ パルティータ第5番メヌエット動画集

バッハパルティータ第5番メヌエットの動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

バッハパルティータ5番メヌエット

バッハ パルティータ第5番 /BWV829

テンポ・ディ・ミヌエッタ (メヌエット) 動画集

6 Partiten Nr.5 G-Dur  BWV 829
Tempo di Minuetta (Menuet)

チェンバロ・ピアノ・クラビコードなどの動画を集めました。

パルティータについての解説は こちら

 

バッハパルティータ動画集の一覧は こちら
※すべてのパルティータの動画集の一覧です。

アルバム収録曲一覧

1. パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グールド,グレン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット

1726年、バッハは自作品の出版を開始した。出版に際してバッハの計画は慎重と周到をきわめた。規模は長大でなく、華奢でなく、内容は平易で、しかし鍵盤楽器のヴィルトゥオーゾと呼ばれたバッハの名声をより高めるような、何より自身が納得できる、充実したものでなければならない。購買層としては、公開演奏のレパートリーよりも、家庭やサロンなど私的な場で演奏しようという一般の人々を想定した。そして、ほぼ毎年1曲を順次刊行して売れ行きを確かめ、1731年にいよいよ6曲をまとめて再版した。

全6曲には、それぞれ異なった冒頭楽章が与えられた。組曲の構成は、挿入舞曲の曲種や配列においては慣習を逸脱するものがある。楽章構成や音楽語法が多様をきわめる一方、曲の冒頭の関連付けや終止音型の統一、対位法的展開や綿密な動機労作によって、楽曲の統一感はいっそう高まる。「多様と統一」というバッハの美学の極致を、ここに見ることができよう。

第5番 ト長調(7楽章):プレアンブルム、アルマンド、クーラント、サラバンド、テンポ・ディ・ミヌエッタ、パスピエ、ジーグ / BWV829 / 1730年。「プレアンブルム」とは、バッハにおいていずれにせよ前奏曲を表すタイトルで、プレリュード、プレリューディウムなどと様式上の明確な区別はない。おそらく、《パルティータ》6曲の冒頭楽章にすべて異なる名称を与えるために選ばれた言葉と考えられる。「テンポ・ディ・ミヌエッタ」の拍子は4分の3だが、8分の6のように見える書き方がなされている。カデンツ部分は必ず3拍子に戻るため、ヘミオラの効果が生まれる。この楽章は、舞曲を様式化して作られるバロックの鍵盤組曲がさらに洗練をきわめた例であり、完全な性格小品となっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グールド,グレン

カナダのピアニスト。異様に低い椅子に座り極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めた。演奏時にはスタジオ内録音の際でも常にメロディーや主題の一部を歌いながら演奏するため、一聴しただけでグールドの「鼻歌」が聞こえ、彼の演奏と分かることが多い。レコーディングエンジニア等が再三注意し止めさせようとしたにも関わらず、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることがなかった。バッハでは、伝説的な演奏(名盤)も多い。

2. パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / タチアナ・ニコラーエワ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット

1726年、バッハは自作品の出版を開始した。出版に際してバッハの計画は慎重と周到をきわめた。規模は長大でなく、華奢でなく、内容は平易で、しかし鍵盤楽器のヴィルトゥオーゾと呼ばれたバッハの名声をより高めるような、何より自身が納得できる、充実したものでなければならない。購買層としては、公開演奏のレパートリーよりも、家庭やサロンなど私的な場で演奏しようという一般の人々を想定した。そして、ほぼ毎年1曲を順次刊行して売れ行きを確かめ、1731年にいよいよ6曲をまとめて再版した。

全6曲には、それぞれ異なった冒頭楽章が与えられた。組曲の構成は、挿入舞曲の曲種や配列においては慣習を逸脱するものがある。楽章構成や音楽語法が多様をきわめる一方、曲の冒頭の関連付けや終止音型の統一、対位法的展開や綿密な動機労作によって、楽曲の統一感はいっそう高まる。「多様と統一」というバッハの美学の極致を、ここに見ることができよう。

第5番 ト長調(7楽章):プレアンブルム、アルマンド、クーラント、サラバンド、テンポ・ディ・ミヌエッタ、パスピエ、ジーグ / BWV829 / 1730年。「プレアンブルム」とは、バッハにおいていずれにせよ前奏曲を表すタイトルで、プレリュード、プレリューディウムなどと様式上の明確な区別はない。おそらく、《パルティータ》6曲の冒頭楽章にすべて異なる名称を与えるために選ばれた言葉と考えられる。「テンポ・ディ・ミヌエッタ」の拍子は4分の3だが、8分の6のように見える書き方がなされている。カデンツ部分は必ず3拍子に戻るため、ヘミオラの効果が生まれる。この楽章は、舞曲を様式化して作られるバロックの鍵盤組曲がさらに洗練をきわめた例であり、完全な性格小品となっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - タチアナ・ニコラーエワ

ロシアのピアニスト・音楽教師。1948年にモスクワ音楽院ピアノ科卒業。1959年にモスクワ音楽院の講師となり、1965年に教授となった。生涯に50点以上の録音を残している。作曲家として、ピアノ入門者や児童むけの教材となりうる平易な小品を残したほか、大作も残している。

3. パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / マリア・ティーポ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット

1726年、バッハは自作品の出版を開始した。出版に際してバッハの計画は慎重と周到をきわめた。規模は長大でなく、華奢でなく、内容は平易で、しかし鍵盤楽器のヴィルトゥオーゾと呼ばれたバッハの名声をより高めるような、何より自身が納得できる、充実したものでなければならない。購買層としては、公開演奏のレパートリーよりも、家庭やサロンなど私的な場で演奏しようという一般の人々を想定した。そして、ほぼ毎年1曲を順次刊行して売れ行きを確かめ、1731年にいよいよ6曲をまとめて再版した。

全6曲には、それぞれ異なった冒頭楽章が与えられた。組曲の構成は、挿入舞曲の曲種や配列においては慣習を逸脱するものがある。楽章構成や音楽語法が多様をきわめる一方、曲の冒頭の関連付けや終止音型の統一、対位法的展開や綿密な動機労作によって、楽曲の統一感はいっそう高まる。「多様と統一」というバッハの美学の極致を、ここに見ることができよう。

第5番 ト長調(7楽章):プレアンブルム、アルマンド、クーラント、サラバンド、テンポ・ディ・ミヌエッタ、パスピエ、ジーグ / BWV829 / 1730年。「プレアンブルム」とは、バッハにおいていずれにせよ前奏曲を表すタイトルで、プレリュード、プレリューディウムなどと様式上の明確な区別はない。おそらく、《パルティータ》6曲の冒頭楽章にすべて異なる名称を与えるために選ばれた言葉と考えられる。「テンポ・ディ・ミヌエッタ」の拍子は4分の3だが、8分の6のように見える書き方がなされている。カデンツ部分は必ず3拍子に戻るため、ヘミオラの効果が生まれる。この楽章は、舞曲を様式化して作られるバロックの鍵盤組曲がさらに洗練をきわめた例であり、完全な性格小品となっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - マリア・ティーポ

イタリアのピアニスト・音楽教師。フェルッチョ・ブゾーニ門下であった母エルシリア・カヴァッロから手解きを受けた後、アルフレード・カゼッラとグイード・アゴスティに師事。17歳でジュネーヴ国際ピアノコンクールにて受賞し、それ以後は幅広い演奏活動と積極的な録音活動に取り組んだ。

4. パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / エリック・ハイドシェック

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット

1726年、バッハは自作品の出版を開始した。出版に際してバッハの計画は慎重と周到をきわめた。規模は長大でなく、華奢でなく、内容は平易で、しかし鍵盤楽器のヴィルトゥオーゾと呼ばれたバッハの名声をより高めるような、何より自身が納得できる、充実したものでなければならない。購買層としては、公開演奏のレパートリーよりも、家庭やサロンなど私的な場で演奏しようという一般の人々を想定した。そして、ほぼ毎年1曲を順次刊行して売れ行きを確かめ、1731年にいよいよ6曲をまとめて再版した。

全6曲には、それぞれ異なった冒頭楽章が与えられた。組曲の構成は、挿入舞曲の曲種や配列においては慣習を逸脱するものがある。楽章構成や音楽語法が多様をきわめる一方、曲の冒頭の関連付けや終止音型の統一、対位法的展開や綿密な動機労作によって、楽曲の統一感はいっそう高まる。「多様と統一」というバッハの美学の極致を、ここに見ることができよう。

第5番 ト長調(7楽章):プレアンブルム、アルマンド、クーラント、サラバンド、テンポ・ディ・ミヌエッタ、パスピエ、ジーグ / BWV829 / 1730年。「プレアンブルム」とは、バッハにおいていずれにせよ前奏曲を表すタイトルで、プレリュード、プレリューディウムなどと様式上の明確な区別はない。おそらく、《パルティータ》6曲の冒頭楽章にすべて異なる名称を与えるために選ばれた言葉と考えられる。「テンポ・ディ・ミヌエッタ」の拍子は4分の3だが、8分の6のように見える書き方がなされている。カデンツ部分は必ず3拍子に戻るため、ヘミオラの効果が生まれる。この楽章は、舞曲を様式化して作られるバロックの鍵盤組曲がさらに洗練をきわめた例であり、完全な性格小品となっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

5. パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / シフ,アンドラーシュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - パルティータ 第5番 ト長調 第5曲 メヌエット

1726年、バッハは自作品の出版を開始した。出版に際してバッハの計画は慎重と周到をきわめた。規模は長大でなく、華奢でなく、内容は平易で、しかし鍵盤楽器のヴィルトゥオーゾと呼ばれたバッハの名声をより高めるような、何より自身が納得できる、充実したものでなければならない。購買層としては、公開演奏のレパートリーよりも、家庭やサロンなど私的な場で演奏しようという一般の人々を想定した。そして、ほぼ毎年1曲を順次刊行して売れ行きを確かめ、1731年にいよいよ6曲をまとめて再版した。

全6曲には、それぞれ異なった冒頭楽章が与えられた。組曲の構成は、挿入舞曲の曲種や配列においては慣習を逸脱するものがある。楽章構成や音楽語法が多様をきわめる一方、曲の冒頭の関連付けや終止音型の統一、対位法的展開や綿密な動機労作によって、楽曲の統一感はいっそう高まる。「多様と統一」というバッハの美学の極致を、ここに見ることができよう。

第5番 ト長調(7楽章):プレアンブルム、アルマンド、クーラント、サラバンド、テンポ・ディ・ミヌエッタ、パスピエ、ジーグ / BWV829 / 1730年。「プレアンブルム」とは、バッハにおいていずれにせよ前奏曲を表すタイトルで、プレリュード、プレリューディウムなどと様式上の明確な区別はない。おそらく、《パルティータ》6曲の冒頭楽章にすべて異なる名称を与えるために選ばれた言葉と考えられる。「テンポ・ディ・ミヌエッタ」の拍子は4分の3だが、8分の6のように見える書き方がなされている。カデンツ部分は必ず3拍子に戻るため、ヘミオラの効果が生まれる。この楽章は、舞曲を様式化して作られるバロックの鍵盤組曲がさらに洗練をきわめた例であり、完全な性格小品となっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - シフ,アンドラーシュ

ハンガリー出身のピアニスト。磨かれたタッチと、知性的でありながら愉悦感あふれる表現で、どドイツのバロック音楽及び古典派音楽を中心としながらも、ロマン派音楽までこなす傑出したピアニストの一人。優れた室内楽奏者としても知られる。室内楽団 カペラ・アンドレア・バルカ (Cappella Andrea Barca) の創設者、指揮者でもある。アンドラーシュ・シフの妻、バイオリニストの塩川悠子も第一バイオリン奏者を務める。