バッハ 平均律第1集1番フーガ 動画集 | Mボックス

Music video

バッハ 平均律第1集1番フーガ 動画集

バッハの平均律第1集1番フーガの動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

バッハ平均律1集1番フーガ

 バッハ 平均律第1集第1番 /BWV846

 フーガの動画集

 

Das Wohltemperirte Klavier Teil1 No.1 BWV846 Fuga

※ Das Wohltemperirte Clavierと記載する場合もあります。

 

チェンバロ・ピアノ・クラビコードなどの動画を集めました。

 
バッハ平均律動画集一覧はこち
アルバム収録曲
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ナジャーフォヴァ,ディナーラ
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / オコンサール,マホメット
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 大竹 道哉
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 小倉 貴久子
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ギルバート,ケネス
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / キミコ・ダグラス=イシザカ
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グルダ,フリードリヒ
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ポリー二,マウリッツオ
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ソコロフ,グリゴリー
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / フィッシャー,エトヴィン
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ヴァルヒャ,ヘルムート
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ギルバート,ケネス
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / コロリオフ,エフゲニー
平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / リヒテル,スヴャトスラフ

アルバム収録曲一覧

1. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ナジャーフォヴァ,ディナーラ

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ナジャーフォヴァ,ディナーラ

ウクライナ出身のピアニスト。現在モスクワ音楽院附属中央音楽学校在学中。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / オコンサール,マホメット

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - オコンサール,マホメット

トルコ・イスタンブール出身のピアニスト。アンカラ国立音楽院にてピアノ及び作曲の勉強を始める。 1977年から1986年の期間、ブリュッセルの王立音楽院に学び、1981年最優秀賞を受ける。 1982年ヤング・ヴィルツオーソ・コンペティション(アントワープ)第1位受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 大竹 道哉

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - 大竹 道哉

日本のピアニスト。東京音楽大学、研究科を首席で卒業。読売新人演奏会出演。第53回日本音楽コンクール入選。 87~90年ベルリン芸大留学。優等を得て卒業。
07年にはじめてのCD、「バッハ・ピアノリサイタル」(ライブ録音)を発売、「レコード芸術」で高い評価を得る。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 小倉 貴久子

小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》 第7回(J.S.バッハ) 2013年3月15日@近江楽堂公演 ライブ音源より
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - 小倉 貴久子

日本のピアニスト、チェンバロ奏者。東京芸術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を、特別栄誉賞"Cum Laude"を得て首席卒業。1988年、第3回日本モーツァルト音楽コンクール、ピアノ部門で第1位を受賞。1993年、ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門で第1位を受賞。1995年には同コンクール、フォルテピアノ部門で9年ぶり史上3人目の第1位と聴衆賞を受賞し話題を呼んだ。帰国後は、各回ごとにテーマを定めたユニークなコンサートシリーズを展開する一方、ソロ、室内楽、協奏曲などバロックから近現代まで幅広いレパートリーで活躍。また各ホール主催演奏会や音楽祭、ラジオ、TVの出演や録音も多い。現在、東京芸術大学古楽科にてフォルテピアノの非常勤講師を勤めている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ギルバート,ケネス

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ギルバート,ケネス

モントリオールの音楽大学に学んだ後、パリ音楽院に留学してガストン・リテーズ、ルッジェーロ・ジェルリン、ナディア・ブーランジェに師事。シエナ・キジアーナ音楽院にて4年間の音楽修業を積む。1981年よりシュトゥットガルト高等音楽学校の教師。現在は、ストラスブール音楽院古楽科の主任教授。

6. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / キミコ・ダグラス=イシザカ

楽譜と共に

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - キミコ・ダグラス=イシザカ

日系ドイツのボンに生まれたドイツ系ピアニスト。元オリンピック重量挙げ・パワーリフティング選手という経歴も持つ。1985年[に兄の石坂清人、石坂団十郎と共に「イシザカトリオ」を結成。1998年、ドイツ音楽コンクール(Deutsche Musikwettbewerb)にてイシザカ・トリオで優勝。イシザカトリオは結成から16年間活動を続けた

7. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グルダ,フリードリヒ

グルダはマルチな活躍をされた方なので、ジャズや指揮振り等の演奏が思い浮かびますが、バッハ平均律でも良い録音を残しています。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グルダ,フリードリヒ

オーストリアのピアニスト・作曲家。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの演奏を特に得意とした。ジャズ演奏でも知られる。20世紀を代表する巨匠ピアニストの一人である。1960年代はイェルク・デームス、パウル・バドゥラ=スコダとともにウィーンの三羽烏と呼ばれた

8. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ポリー二,マウリッツオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ポリー二,マウリッツオ

イタリアのミラノ出身のピアニスト。1957年、15歳でジュネーブ国際コンクール第2位。1958年の同コンクールで1位なしの第2位。1959年のポッツォーリ・コンクールで優勝。
1960年、18歳で第6回ショパン国際ピアノコンクールに審査員全員一致で優勝。審査委員長のが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べ、一躍国際的な名声を勝ち取る。

しかし、その後10年近く、表だった演奏活動から遠ざかっていた。1968年に演奏活動に復帰し、1971年よりドイツ・グラモフォンから録音作品を発売開始。

9. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ソコロフ,グリゴリー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ソコロフ,グリゴリー

ロシアのピアニスト。

10. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / フィッシャー,エトヴィン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - フィッシャー,エトヴィン

主にドイツで活躍した名ピアニストで、すぐれた指揮者、教育者でもあった。

11. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ヴァルヒャ,ヘルムート

大きなシステムのチェンバロを使いっているので、音にバラエティがあります。バッハ作品のチェンバロによる超定番の演奏といえます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ヴァルヒャ,ヘルムート

西ドイツのチェンバロ奏者・オルガン奏者。
オランダとドイツのバロック音楽を専門として、とりわけバッハのオルガン曲を2度(すなわち1947年-1952年のモノラル録音と、1956年-1970年のステレオ録音)全曲録音したことで名高い。
ドイツ・グラモフォンのステレオ録音による12枚組のCD全集(2001年秋発売)は、最新技術を用いて音像の修正が加えられ、廉価になったこともあり、好楽家必携の音源となっている。

12. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ギルバート,ケネス

演奏とともに楽譜がスクロールします。とてもわかりやすいです。
歴史的な調律のチェンバロなので、現在のピアノよりはピッチが低いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ギルバート,ケネス

モントリオールの音楽大学に学んだ後、パリ音楽院に留学してガストン・リテーズ、ルッジェーロ・ジェルリン、ナディア・ブーランジェに師事。シエナ・キジアーナ音楽院にて4年間の音楽修業を積む。1981年よりシュトゥットガルト高等音楽学校の教師。現在は、ストラスブール音楽院古楽科の主任教授。

13. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / コロリオフ,エフゲニー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - コロリオフ,エフゲニー

モスクワ生まれのピアニスト。

14. 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / リヒテル,スヴャトスラフ

楽譜と共に。リヒテルの平均律は定評があります。定番中の定番と言ってよいでしょう。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1番 ハ長調 フーガ

18世紀前半にはまだ、現代的な意味での十二等分平均律を実践できなかったが、この曲集が教程として編まれたことは間違いないと同時に、全調を用いて音楽の世界を踏破するという大きな理念が込められていた。「世界」の普遍的な秩序を捉えること。これは16-17世紀を通じて希求された究極の神学的課題である。《平均律クラヴィーア曲集》は、神の秩序をうつしとった、小さな完成された「世界」(ミクロコスモス)なのである。ひとつの調には自由な書法のプレリュードと厳格な書法のフーガが1曲ずつ配されるが、多くの場合、これらは調以外にはほとんど何らの関連もない。それでも、各曲は24の調の世界の中で自らの位置を保ち、全体で秩序を成す。まさに「多様な中にも多様なものの統一」であり、これこそ「世界」の似姿なのだ。《平均律》は言うまでもなく、つねに全24調を通して弾くことを想定した曲集ではない。しかしどの1曲を取り出してもそこには「世界」の一角が宿っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - リヒテル,スヴャトスラフ

ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。