バッハ イギリス組曲第4番ジーグ動画集 | Mボックス

Music video

バッハ イギリス組曲第4番ジーグ動画集

バッハのイギリス組曲第4番ジーグの動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

バッハイギリス組曲4番ジーグ

 バッハ イギリス組曲第4番 /BWV809

ジーグ(ジグ) 動画集

Englische Suiten Nr.4 F-Dur  BWV 809
Gigue
 

チェンバロ・ピアノ・クラビコードなどの動画を集めました。

イギリス組曲についての解説は こちら

 
バッハイギリス組曲一覧は こちら

アルバム収録曲一覧

1. イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 尾見 林太郎

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第4番 ヘ長調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットI-II、ジーグ / BWV809。6曲中2つある長調の曲のひとつ。規模は比較的ちいさく、明澄で親しみやすい。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - 尾見 林太郎

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独:国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、ピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年:ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、バロック音楽の解釈と奏法を学ぶ。2006年ドイツより帰国し、拠点を日本に。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。全日本ピアノ指導者協会会員、ベーテンピアノコンクール審査員

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / サミュエル・グローディン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第4番 ヘ長調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットI-II、ジーグ / BWV809。6曲中2つある長調の曲のひとつ。規模は比較的ちいさく、明澄で親しみやすい。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - サミュエル・グローディン

アメリカ生まれの若手ピアニスト。シアトル国際ピアノコンクール( 2015年)とイビサ国際ピアノコンクール( 2010 )での入賞歴もある。

3. イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グールド,グレン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第4番 ヘ長調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットI-II、ジーグ / BWV809。6曲中2つある長調の曲のひとつ。規模は比較的ちいさく、明澄で親しみやすい。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グールド,グレン

カナダのピアニスト。異様に低い椅子に座り極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めた。演奏時にはスタジオ内録音の際でも常にメロディーや主題の一部を歌いながら演奏するため、一聴しただけでグールドの「鼻歌」が聞こえ、彼の演奏と分かることが多い。レコーディングエンジニア等が再三注意し止めさせようとしたにも関わらず、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることがなかった。バッハでは、伝説的な演奏(名盤)も多い。

4. イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ロバート・レヴィン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第4番 ヘ長調 第6曲 ジーグ

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第4番 ヘ長調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、メヌエットI-II、ジーグ / BWV809。6曲中2つある長調の曲のひとつ。規模は比較的ちいさく、明澄で親しみやすい。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ロバート・レヴィン

ピリオド楽器(古典的な楽器)の奏者としては、エンシェント室内管弦楽団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ、エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団等の主要団体で、ガーディナー、ホグウッド、マッケラス、ノリントンと共演しており、古典作品における即興的なカデンツァ演奏でも高い評価を得る。ア