バッハ イギリス組曲第3番アルマンド動画集 | Mボックス

Music video

バッハ イギリス組曲第3番アルマンド動画集

バッハのイギリス組曲第3番アルマンドの動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

バッハイギリス組曲3番アルマンド

 バッハ イギリス組曲第3番 /BWV808

アルマンド 動画集

Englische Suiten Nr.3 g-moll  BWV 808
Allemande
 

チェンバロ・ピアノ・クラビコードなどの動画を集めました。

イギリス組曲についての解説は こちら

 
バッハイギリス組曲一覧は こちら

アルバム収録曲一覧

1. イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 岸 美奈子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第3番 ト短調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォットI-II(ミュゼット)、ジーグ/ BWV808。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

2. イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ポゴレリッチ,イーヴォ

若々しいポゴレリッチの演奏です。シャープです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第3番 ト短調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォットI-II(ミュゼット)、ジーグ/ BWV808。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ポゴレリッチ,イーヴォ

クロアチアのピアニスト。ユーゴスラビアの首都ベオグラード生まれ。1980年、22歳のとき当時43歳の師の女流奏者アリザ・ケゼラーゼと結婚したり、弱音指定の箇所を強打するなど型破りなことでも知られる。
1980年ショパンコンクールでは、ポゴレリッチが決勝に進めなかったことが大きな社会問題になり、逆に彼のを名を世界に知らしめた。

3. イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / リヒテル,スヴャトスラフ

1991年の演奏の様です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第3番 ト短調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォットI-II(ミュゼット)、ジーグ/ BWV808。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - リヒテル,スヴャトスラフ

ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。

4. イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ロバート・レヴィン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第3番 ト短調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォットI-II(ミュゼット)、ジーグ/ BWV808。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ロバート・レヴィン

ピリオド楽器(古典的な楽器)の奏者としては、エンシェント室内管弦楽団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ、エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団等の主要団体で、ガーディナー、ホグウッド、マッケラス、ノリントンと共演しており、古典作品における即興的なカデンツァ演奏でも高い評価を得る。ア

5. イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ユーニス・ノートン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第3番 ト短調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォットI-II(ミュゼット)、ジーグ/ BWV808。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

6. イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ピレシュ,マリア・ジョアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第3番 ト短調 第2曲 アルマンド

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第3番 ト短調:プレリュード、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォットI-II(ミュゼット)、ジーグ/ BWV808。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ピレシュ,マリア・ジョアン

ポルトガル出身の女性ピアニスト。リスボンで生まれた。日本では長らく「マリア・ジョアオ・ピリス」もしくは「マリア・ジョアン・ピリス」という表記と発音が広く定着している。幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け取った。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を師事。それから西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーとハノーファーに学ぶ。ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続け、1992年と1994年には、二人でヨーロッパ各地や日本での演奏旅行を行っている。1998年には、チェリストのジャン・ワンを加えたトリオとして、極東ツアーを行った。2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。