バッハ イギリス組曲第1番クーラント動画集 | Mボックス

Music video

バッハ イギリス組曲第1番クーラント動画集

バッハのイギリス組曲第1番クーラントの動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

バッハイギリス組曲1番クーラント

 バッハ イギリス組曲第1番 /BWV806

クーラント 動画集

Englische Suiten Nr.1 A-Dur  BWV 806
Courante
 

チェンバロ・ピアノ・クラビコードなどの動画を集めました。

イギリス組曲についての解説は こちら

 
バッハイギリス組曲一覧は こちら

アルバム収録曲一覧

1. イギリス組曲 第1番 イ長調 第3曲 クーラント I & II / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / シフ,アンドラーシュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第1番 イ長調 第3曲 クーラント I & II

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第1番 イ長調:プレリュード、アルマンド、クーラントI、クーラントIIと2つのドゥーブル、サラバンド、ブーレ、ジーグ / BWV806。プレリュードはシチリアーノ風。クーラントを2つ持ち、さらにドゥーブルとして2つの変奏を伴うのが特徴的である。資料の上でもこの曲だけが別の場所に筆写されているものがあることなどから、第1番は他の5曲とは異なる成立過程を持つと推測されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - シフ,アンドラーシュ

ハンガリー出身のピアニスト。磨かれたタッチと、知性的でありながら愉悦感あふれる表現で、どドイツのバロック音楽及び古典派音楽を中心としながらも、ロマン派音楽までこなす傑出したピアニストの一人。優れた室内楽奏者としても知られる。室内楽団 カペラ・アンドレア・バルカ (Cappella Andrea Barca) の創設者、指揮者でもある。アンドラーシュ・シフの妻、バイオリニストの塩川悠子も第一バイオリン奏者を務める。

2. イギリス組曲 第1番 イ長調 第3曲 クーラント I & II / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / アンドレア・バケッティ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第1番 イ長調 第3曲 クーラント I & II

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第1番 イ長調:プレリュード、アルマンド、クーラントI、クーラントIIと2つのドゥーブル、サラバンド、ブーレ、ジーグ / BWV806。プレリュードはシチリアーノ風。クーラントを2つ持ち、さらにドゥーブルとして2つの変奏を伴うのが特徴的である。資料の上でもこの曲だけが別の場所に筆写されているものがあることなどから、第1番は他の5曲とは異なる成立過程を持つと推測されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - アンドレア・バケッティ

イタリア・ジェノバ生まれのピアニスト。11歳という若さでクラウディオ・シモーネ指揮のイ・ソリスティ・ヴェネティと共演を果たし、早熟ピアニストとしてその頭角を現す。ソニー専属アーティストとして数々のアルバムをリリース。作品をさまざまな角度からとらえながら、その特徴を新たに浮き彫りにさせる個性的な演奏スタイルは、生前のルチアーノ・ベリオからも大きな賞賛を得ている。

3. イギリス組曲 第1番 イ長調 第3曲 クーラント I & II / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ロバート・レヴィン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - イギリス組曲 第1番 イ長調 第3曲 クーラント I & II

タイトルは、バッハの最初の伝記作者J.C.フォルケルが「イギリスの貴人のために作曲された」と記したことにより、18世紀の間にすでに定着した。事実の検証は不可能であるし、バッハの息子たちと親交のあったフォルケルの言葉には一定の説得力を認めねばなるまい。しかし、6曲の組曲がイギリス的特徴を表している、という通説は様式の上からみて正しいとは言えない。《イギリス組曲》にはじまる後期の鍵盤組曲を通じて作曲家が目指したのはおそらく、フランスに由来する伝統的なジャンルにドイツ的な響きを融合させることである。また、バッハ自身が「前奏曲つき組曲」と呼んだとおり、《イギリス組曲》各曲には長大な前奏曲がおかれている。

《イギリス組曲》は、すべて同じ配列、すなわち前奏曲-アルマンド-フランス式のクーラント-サラバンド-挿入舞曲-ジーグの6つの楽章から成る。

第1番 イ長調:プレリュード、アルマンド、クーラントI、クーラントIIと2つのドゥーブル、サラバンド、ブーレ、ジーグ / BWV806。プレリュードはシチリアーノ風。クーラントを2つ持ち、さらにドゥーブルとして2つの変奏を伴うのが特徴的である。資料の上でもこの曲だけが別の場所に筆写されているものがあることなどから、第1番は他の5曲とは異なる成立過程を持つと推測されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ロバート・レヴィン

ピリオド楽器(古典的な楽器)の奏者としては、エンシェント室内管弦楽団、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ、エイジ・オブ・エンライトメント管弦楽団等の主要団体で、ガーディナー、ホグウッド、マッケラス、ノリントンと共演しており、古典作品における即興的なカデンツァ演奏でも高い評価を得る。ア