ベートーヴェン ピアノソナタ8番「悲愴」2楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ベートーヴェン ピアノソナタ8番「悲愴」2楽章 動画集

ベートーヴェン ピアノソナタ 第8番 op.13 「悲愴」 第2楽章の動画集です。

ベートーヴェンピアノソナタ第8番第2楽章

ベートーヴェン ピアノソナタ 第8番
ハ短調 op.13 「悲愴」 第2楽章

BEETHOVEN Piano Sonata No.8
in C minor Op.13 “pathétique” 2nd movement

ベートーヴェンのピアノソナタ 第8番 第2楽章です。
悲愴ソナタとも呼ばれています。

 

 

 

ベートーヴェンピアノソナタ第8番の解説はこちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧a(   1番~10番)は こちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧b(11番~20番)は こちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧c(21番~32番)は こちら
ベートーヴェン動画集総一覧はこちら

アルバム収録曲
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 大導寺 錬太郎
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 原口 摩純
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 久元 祐子
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 園田 高弘
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 園田 高弘
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / リチャード・グード
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / リシッツァ,ヴァレンティーナ
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ブレンデル,アルフレッド
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / シュナーベル,アルトゥル
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ケンプ,ヴィルヘルム
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / アシュケナージ,ウラディーミル
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / フィッシャー,アニー
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / バックハウス,ヴィルヘルム
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ギレリス,エミール
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ポリー二,マウリッツオ
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ギーゼキング,ヴァルター
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / バレンボイム,ダニエル
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ツィメルマン,クリスティアン
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / アラウ,クラウディオ
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ルービンシュタイン,アルトゥール
ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ホロヴィッツ,ウラディミール

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 大導寺 錬太郎

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 大導寺 錬太郎

日本のピアニスト。東京芸術大学卒、同大学院修士課程修了。リクエストによるトーク付きコンサート、リサイタルを数箇所で開催、現代曲や室内楽にも力を入れている。
現在、(社)PTNA正会員、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、山村学園短大及び埼玉県立大宮光陵高校非常勤講師。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 原口 摩純

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 原口 摩純

名古屋市出身。名古屋芸術大学卒業。 グラーツ国立音楽大学ピアノ科を一等賞にて卒業、グラーツ市より奨学金を取得。ウィーン国立音楽大学大学院修了。ベルギ-・デユエ国際コンク-ル特別賞、イタリア・イブラ・グランプリ国際コンクール入賞、ドイツ・ワイマール国際音楽際セミナ-において1位合格によりドイツ国立イエナ交響楽団とシューマンのピアノ協奏曲を共演。

3. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 久元 祐子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 久元 祐子

日本のピアニスト。東京芸術大学音楽学部器楽科(ピアノ専攻)を経て、同大学大学院修士課程を修了。全国各地、海外でリサイタルを開催。東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラと協演。1997年秋から翌年の春まで、毎日21世紀賞(特選)の副賞として、ハワイのJAIMS研究所に留学し、比較文化論、芸術プロデュース論などを修め、成績優秀賞を得て卒業。現在、国立音楽大学音楽学部講師、PTNA((社)全日本ピアノ指導者協会)正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 園田 高弘

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 園田 高弘

日本のピアニスト。東京音楽学校(現・東京芸大)卒業。ヨーロッパ各地で長年にわたり、リサイタル、協奏曲、室内楽とめざましい活躍を続ける。1984年より自身のレーベルから400曲を超す録音を次々発表。バッハから現代に至る膨大なレパートリーの録音を残している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 園田 高弘

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 園田 高弘

日本のピアニスト。東京音楽学校(現・東京芸大)卒業。ヨーロッパ各地で長年にわたり、リサイタル、協奏曲、室内楽とめざましい活躍を続ける。1984年より自身のレーベルから400曲を超す録音を次々発表。バッハから現代に至る膨大なレパートリーの録音を残している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / リチャード・グード

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - リチャード・グード

ニューヨーク州イースト・ブロンクス出身。カーティス音楽院でルドルフ・ゼルキンとミェチスワフ・ホルショフスキに師事。第1回クララ・ハスキル国際コンクールに入賞し、エイヴリー・フィッシャー賞を受賞。

7. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / リシッツァ,ヴァレンティーナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

8. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ブレンデル,アルフレッド

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ブレンデル,アルフレッド

チェコ出身でクロアチアで育った、オーストリアのピアニスト。1970年フィリップスと専属契約を結び、リリースしたレコードで、その名声を決定づける。 華麗さや派手さはないものの、中庸を行く知的で正統的な解釈で多くの音楽ファンを惹きつけている。ドイツ・オーストリア音楽の王道とも言うべき作曲家の作品を得意としている。ソロ以外では室内楽や歌曲の伴奏でも多くの名演奏を生み出している。2008年12月のコンサートをもって引退した

9. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / シュナーベル,アルトゥル

音源と一緒に楽譜を見ることができます

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - シュナーベル,アルトゥル

チェコ出身のオーストリア→アメリカのユダヤ系ピアノ奏者、作曲家、ピアニスト。ベートーヴェンのピアノソナタを詳細な解釈で記載した楽譜編集でも有名。

10. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ケンプ,ヴィルヘルム

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ケンプ,ヴィルヘルム

ドイツのドイツのピアニスト、オルガニスト。作曲も行い、バッハの作品をピアノ小品として編曲したものも残している。

11. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

12. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / フィッシャー,アニー

音源と一緒に楽譜を見ることができます

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - フィッシャー,アニー

1933年に国際コンクールで優勝した後、専らヨーロッパで演奏活動を行なった。第二次世界大戦中はスウェーデンに避難していたが、第二次大戦後の1947年に再びブダペストを拠点に演奏活動を展開したため大西洋を渡ったことは2度しかないという。溌溂とした表現力と譜読みの確かさ、細部にわたる集中力が優れていた。

13. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / バックハウス,ヴィルヘルム

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - バックハウス,ヴィルヘルム

ピアニスト。ウィルヘルムとも表記される。ドイツ国籍であったが、のちスイスに帰化した。ベートーヴェン、ツェルニー、リストの直系の弟子

14. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ギレリス,エミール

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ギレリス,エミール

20世紀を代表する世界的奏者の一人である。西側で自由に活動することをソ連政府から許された最初の芸術家だった。ロシアの自宅では、アップライトピアノで練習していたといわれている。日本にも何度か来訪した。妹のエリザヴェータはレオニード・コーガンの妻。また、娘のエレーナもピアニストで、父娘で4手ピアノ(連弾や2台ピアノ)デュオの録音を多く残している。

若いころは、鋼鉄のタッチと通称される完璧なテクニックに加えて甘さを控えた格調高い演奏設計で非常に評価が高かったが、晩年は骨太な表現が鳴りを潜め、力を抑えた枯淡の境地と言える表現に変わっていった。

15. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ポリー二,マウリッツオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ポリー二,マウリッツオ

イタリアのミラノ出身のピアニスト。1957年、15歳でジュネーブ国際コンクール第2位。1958年の同コンクールで1位なしの第2位。1959年のポッツォーリ・コンクールで優勝。
1960年、18歳で第6回ショパン国際ピアノコンクールに審査員全員一致で優勝。審査委員長のが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べ、一躍国際的な名声を勝ち取る。

しかし、その後10年近く、表だった演奏活動から遠ざかっていた。1968年に演奏活動に復帰し、1971年よりドイツ・グラモフォンから録音作品を発売開始。

16. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ギーゼキング,ヴァルター

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ギーゼキング,ヴァルター

ドイツのピアニストかつ作曲家。ピアニストであることの知名度は高いが、作曲家であることの知名度は圧倒的に低い。

17. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / バレンボイム,ダニエル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

18. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ツィメルマン,クリスティアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ツィメルマン,クリスティアン

ポーランドのピアニスト。現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。1975年の第9回ショパン国際ピアノコンクールに史上最年少(18歳)で優勝、その後も着実にキャリアを重ね、現在に至っている。幅広いレパートリーを有している。世界の名指揮者との共演を重ねている。日本でも絶大な人気を誇る。

19. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / アラウ,クラウディオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - アラウ,クラウディオ

南米チリ出身でアメリカを中心に活動したピアニスト。20世紀を代表するピアノの巨匠として知られた。
1941年、カーネギー・ホールにデビューし、翌年より本拠をアメリカに移す。第二次大戦後は南北アメリカ、東西ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍(日本には1965年初来日)。最晩年までコンサート・録音を精力的に行い、文字通り「巨匠」の名にふさわしい活躍をみせた。

20. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ルービンシュタイン,アルトゥール

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

21. ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ホロヴィッツ,ウラディミール

映像はないですが音はとても良いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第8番 ハ短調 《悲愴》 第2楽章

「悲愴」のタイトルで知られるこのソナタは、諸説あるものの、最近の研究では1797年から98年ごろに完成されたものとされている。初版はウィーンの出版社エーダーから「Grande Sonate Pathetique」のタイトルで1799年に出版されているが、自筆譜は消失してしまった。遅いテンポの序奏付きソナタは、一見するとベートーヴェンの新たな一歩のようにも思えるが、このようなアイデアは既に他の作品にも他の作曲家にもみられる。

第2楽章 変イ長調 4分の2拍子 Adagio cantabileの緩叙楽章。主要楽章のハ短調にたいして長3度下の変イ長調とるのはベートーヴェンの常套手段である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ホロヴィッツ,ウラディミール

ウクライナ生まれのアメリカのピアニスト。最後のヴィルティオーゾ(巨匠)スタイルのピアニストと言われている。ロシアで生まれ、その後亡命して後半生はアメリカを中心に演奏家として活躍した。

チャールズ皇太子が、ダイアナが第一子を生んだ時に演奏に来てほしいとホロヴィッツに頼んだ時は、「コンコルドでロンドンに行けるなら演奏してもよい」と発言し、本当にコンコルドでに乗って出かけた(もちろん、イレギュラーで)、という今となっては伝説化しているエピソードもある。

途中、演奏を中断していた時期もありましたが、「復活」のリサイタルは、歴史的なカムバックとしてライブが残されています。