シューマン 子供の情景2番 不思議なお話 動画集 | Mボックス

Music video

シューマン 子供の情景2番 不思議なお話 動画集

シューマン 子供の情景 第2番 不思議なお話 作品15-2の動画集です。

シューマン 子供の情景 第2番 不思議なお話

シューマン 子供の情景
第2番 不思議なお話 作品15-2

SCHUMANN Kinderszenen
No.2 Kuriose Geschichte Op.15-2

シューマンの子供の情景 第2番 不思議なお話です。
シューマンが作曲した代表作の一つです。
「子供の」とは付いていますが、作曲者本人によれば「子供心を描いた大人のための作品」とあります。
シューマン 子供の情景動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / 田口 翔

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - 田口 翔

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独:国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、ピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年:ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、バロック音楽の解釈と奏法を学ぶ。2006年ドイツより帰国し、拠点を日本に。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。全日本ピアノ指導者協会会員、ベーテンピアノコンクール審査員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / 鈴木 直美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - 鈴木 直美

日本のピアニスト。国立音楽大学器楽部ピアノ専攻卒業。米国イースタンミシガン州立大学にて修士号(Master of Art)、ルイジアナ州立大学にて音楽芸術博士号(Doctor of Musical Art)を取得。近年は精力的に演奏活動を行うほか、後進の指導、コンクールでの審査活動とともに、ピティナ・ピアノ・ステップのアドヴァイザーとして日本各地で指導活動、トークコンサートのリクエストにも応えている。(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナ千葉外房ステーション代表。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / リグット,ブルーノ

クリアで美しい音色。表情豊かで気品のある演奏です。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - リグット,ブルーノ

フランスのピアニスト。パリ音楽院でリュセット・デカーヴにピアノを、ジャン・ユボーに室内楽を学ぶ。その後、これまで弟子をとらなかったサンソン・フランソワの唯一の弟子となり、ロン=ティボー国際コンクールのほか、チャイコフスキー国際コンクールで入賞。これまで、世界的に著名な指揮者やオーケストラと共演。また室内楽でも積極的に活動。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / リシッツァ,ヴァレンティーナ

Schumann Kinderszenen Op 15 - Valentina Lisitsa Haskil Argerich Horowitz Bosendorfer

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

5. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / ホロヴィッツ,ウラディミール

Performed By: The Almighty Vladimir Horowitz 1. 00:00 "Von fremden L?ndern und Menschen" 2. 01:29 "Kuriose Geschichte" 3. 02:35 "Hasche-Mann" 4. 03:07 "Bittendes Kind" 5. 03:57 "Gl?ckes genug" 6. 04:3 演奏と共に楽譜が見られます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - ホロヴィッツ,ウラディミール

ウクライナ生まれのアメリカのピアニスト。最後のヴィルティオーゾ(巨匠)スタイルのピアニストと言われている。ロシアで生まれ、その後亡命して後半生はアメリカを中心に演奏家として活躍した。

チャールズ皇太子が、ダイアナが第一子を生んだ時に演奏に来てほしいとホロヴィッツに頼んだ時は、「コンコルドでロンドンに行けるなら演奏してもよい」と発言し、本当にコンコルドでに乗って出かけた(もちろん、イレギュラーで)、という今となっては伝説化しているエピソードもある。

途中、演奏を中断していた時期もありましたが、「復活」のリサイタルは、歴史的なカムバックとしてライブが残されています。

6. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / ピレシュ,マリア・ジョアン

00:00 - Von fremden L?ndern und Menschen 01:39 - Kuriose Geschichte 02:40 - Hasche-Mann 03:14 - Bittendes Kind 04:58 - Gl?ckes genug 06:06 - Wichtige Begebenheit 06:58 - Tr?umerei 10:13 - Am Kamin

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - ピレシュ,マリア・ジョアン

ポルトガル出身の女性ピアニスト。リスボンで生まれた。日本では長らく「マリア・ジョアオ・ピリス」もしくは「マリア・ジョアン・ピリス」という表記と発音が広く定着している。幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け取った。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を師事。それから西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーとハノーファーに学ぶ。ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続け、1992年と1994年には、二人でヨーロッパ各地や日本での演奏旅行を行っている。1998年には、チェリストのジャン・ワンを加えたトリオとして、極東ツアーを行った。2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。

7. 子供の情景 第2番 不思議なお話 / シューマン,ロベルト / ワイセンベルグ

In Schumann's "Kinderszenen" (Scenes of Childhood) we find the composer remembering fleeting youthful days filtered through his mature nature; beautifully crafted miniatures filled with a melancholy f

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供の情景 第2番 不思議なお話

この曲集は「子供の」というタイトルがついているが、必ずしも子供が簡単に演奏できるといった曲ではなく、大人が見た子供の日常の様子を精密に綴ったもので、シューマンの描写力と表現力の並々ならぬ才能が発揮された傑作の筆頭である。どの曲も複雑な音型はないため子供が演奏することもあるが、各曲の要求する内容を表現するには、極めて高度な表現力が要求される。

子供の夢の世界が、ゆっくりと広がってゆく。途中、詩人がレチタティーボで登場し、「見知らぬ国」のお話をそっとしてくれる。

(全13曲)



2. 「不思議なお話」 / "Curiose Geschichte"。これは、リズミカルで元気のよいお話。子供の興味をかきたてている様子が窺える。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - ワイセンベルグ

ブルガリアのソフィア出身のピアニスト。現代の音楽界で巨匠と称される音楽家のひとり。1946年にジュリアード音楽院に入学し、サマロフ、ランドフスカ、そしてシュナーベルの指導を受けた。1947年にレーヴェントリット国際コンクールで優勝、同年にジョージ・セル指揮のニューヨーク・フィルハーモニックと共演し、華々しくデビューを飾った。1956年から約10年間、自分の音楽を鍛えなおすために、演奏活動から身を引く。1966年、パリでのリサイタルで奇蹟的な復活を遂げた以降、コンサート、レコーディングを精力的に行い、一流ピアニストとしての地位を不動にした。