バッハ シンフォニア第14番 動画集 | Mボックス

Music video

バッハ シンフォニア第14番 動画集

バッハのシンフォニア第14番動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

bachシンフォニア14大

 バッハ シンフォニア第14番 

Bach Sinfonia No.14  BWV800

バッハシンフォニア(3声)の14番です。

チェンバロ・ピアノ・クラビコードの動画を集めました。

 
バッハシンフォニア動画集一覧はこち

アルバム収録曲一覧

1. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 中川 京子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ヤンセン,イーヴォ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

3. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / シフ,アンドラーシュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - シフ,アンドラーシュ

ハンガリー出身のピアニスト。磨かれたタッチと、知性的でありながら愉悦感あふれる表現で、どドイツのバロック音楽及び古典派音楽を中心としながらも、ロマン派音楽までこなす傑出したピアニストの一人。優れた室内楽奏者としても知られる。室内楽団 カペラ・アンドレア・バルカ (Cappella Andrea Barca) の創設者、指揮者でもある。アンドラーシュ・シフの妻、バイオリニストの塩川悠子も第一バイオリン奏者を務める。

4. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / コロリオフ,エフゲニー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - コロリオフ,エフゲニー

モスクワ生まれのピアニスト。

5. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ルヴィジ,リー

非常にロマンティックな演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ルヴィジ,リー

アメリカ・ルイビル生まれのピアニスト

6. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グールド,グレン

若い時代の録音と思われます。 ピアノをチェンバロ的に使いこなしています。 独特のセンスが光る演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グールド,グレン

カナダのピアニスト。異様に低い椅子に座り極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めた。演奏時にはスタジオ内録音の際でも常にメロディーや主題の一部を歌いながら演奏するため、一聴しただけでグールドの「鼻歌」が聞こえ、彼の演奏と分かることが多い。レコーディングエンジニア等が再三注意し止めさせようとしたにも関わらず、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることがなかった。バッハでは、伝説的な演奏(名盤)も多い。

7. シンフォニア 第14番 変ロ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / シフ,アンドラーシュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シンフォニア 第14番 変ロ長調

バッハは30の作品をまとめたのち、15曲の3声のセットに対して《シンフォニア》の名を与えた。これは、「とけ合って響く」というこの語のもともとの意味がこめられている。

《シンフォニア》はほとんどがフーガ書法で書かれているが、フーガに独特の累加的な始まり方をするものがまったくない。これは、学習用の小品という意図に見合った短い主題を、やはり短い1曲の中でできるだけ多様に展開するため、また響きが硬くなるのを避けるためと考えられる。しかし部分的には三重対位法をも用い、主題の反行や転回によって多様な組み合わせが現れる。バッハはこれらが演奏中に譜面をめくる必要のない見開きの2ページに収まるよう配慮した。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

国際ピアノコンクールin知多2015年第22回D部門課題曲

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - シフ,アンドラーシュ

ハンガリー出身のピアニスト。磨かれたタッチと、知性的でありながら愉悦感あふれる表現で、どドイツのバロック音楽及び古典派音楽を中心としながらも、ロマン派音楽までこなす傑出したピアニストの一人。優れた室内楽奏者としても知られる。室内楽団 カペラ・アンドレア・バルカ (Cappella Andrea Barca) の創設者、指揮者でもある。アンドラーシュ・シフの妻、バイオリニストの塩川悠子も第一バイオリン奏者を務める。