モーツァルト ピアノソナタ 第2番第1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

モーツァルト ピアノソナタ 第2番第1楽章 動画集

W.A.モーツァルトのピアノソナタの動画集です。ピアノ・フォルテピアノなどの動画を集めました。

モーツァルト ピアノソナタ 第2番 K.280 第1楽章

W.A.モーツァルト ピアノソナタ第2番 ヘ長調 KV.280 第1楽章

W.A.Mozart Piano Sonata No.2 in F major KV.280 1st mov.

W.A.モーツァルト ピアノソナタ第2番の第1楽章です。
同じ時期に作曲された6曲の「デュルニッツ・ソナタ」のうちの一つです。
ピアノ、フォルテピアノなどの動画を集めました。
W.A.モーツァルト ピアノソナタ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / 梅田 智也

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - 梅田 智也

日本のピアニスト。2007年ピティナ・ピアノコンペティション F級 全国決勝大会 ベスト12賞。2008年第62回全日本学生音楽コンクール高校の部全国大会第2位。2012年ABC音楽振興会主催「第21回ABC新人コンサート・オーディション」合格。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。現在同大学院音楽研究科修士課程に在籍中。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / エッシェンバッハ,クリストフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - エッシェンバッハ,クリストフ

旧ドイツ領シレジア地方の都市ブレスラウ(現ポーランド・ヴロツワフ)に生まれる。母マルガレーテ(旧姓ヤロス)は、出産と引き換えに亡くなった。ブレスラウ大学(現ヴロツワフ大学)の音楽学者だった父ヘルベルト・リングマンは、第二次世界大戦中にナチスの懲罰部隊に入れられ戦闘で命を落とした。孤児となったクリストフは、1946年、母のいとこであるヴァリドール・エッシェンバッハ(旧姓ヤロス)に引き取られる。

音楽的キャリアにおいては当初、優れたピアニストとして国際的に名声を馳せた。日本においても、音大ピアノ科生のアイドル的存在であった。モーツァルトのソナタや、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェンの協奏曲の録音などがある。また教則本バイエルを初めとするツェルニー、ソナチネアルバム、ソナタアルバムなどの卓抜な演奏録音でも知られる。

3. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / 内田 光子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - 内田 光子

日本出身、英国籍のピアニスト。お茶の水女子大学附属小学校在学中、桐朋学園の「子供のための音楽教室」にて、松岡貞子に学ぶ。父内田藤雄が外交官であったため、12歳で渡欧。1961年からオーストリアのウィーン音楽院(現:ウィーン国立音楽大学)でリヒャルト・ハウザーに師事する。同時期に、留学中の寺田悦子が同音楽院に在籍し、互いに切磋琢磨した。
その後数々のコンクールにも入賞し、ヨーロッパを中心に活躍する日本人ピアニストとして活躍中。

4. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / ハンゼン,コンラート

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - ハンゼン,コンラート

リップシュタットの生まれ。8歳からピアノを始め、10歳でリサイタルを開くほどの早熟ぶりを示す。1922年にエトヴィン・フィッシャーの門下となり、1930年には師の主宰する室内管弦楽団と共演してデビューを果たした。以後フィッシャーの助手を経て1936年にシュテルン音楽院の助教授となり、エーリヒ・レーン、アルトゥール・トレスターとピアノ三重奏団を結成して室内楽の分野で活躍した。また、ソリストとしてもウィレム・メンゲルベルクやヴィルヘルム・フルトヴェングラーらと共演している。第二次世界大戦後の1946年にデトモルト音楽大学の共同設立者として名を連ねて教授を務め、1960年にはハンブルク音楽院、1974年からリューベック音楽院で後進の指導に当たった。

5. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

6. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / リヒテル,スヴャトスラフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - リヒテル,スヴャトスラフ

ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。

7. ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章 / モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス / ピレシュ,マリア・ジョアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第2番 ヘ長調 第1楽章

PTNA2002年E級課題曲

1775年にミュンヘンで、デュルニッツ男爵のために書かれた6曲のうちのひとつ。すべての楽章がソナタ形式。また、バロック的な語法と新しいフォルテピアノのための語法が入り混じっている。

この作品では、シチリアーノ風のリズムにのって歌われる第2楽章アダージョが特に美しい。その第1主題の楽節構造に際立った特徴がある。この時代の主題は、多くの場合、「4小節+4小節」で構成されるが、この曲では「3+2+3」となっている。また、再現部では中間の2小節が省略される。慣例にとらわれないモーツァルトの大胆さがうかがわれる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



最初のピアノ(クラヴィーア)のためのソナタ。このソナタを含めて、同じ時期に作曲されたピアノソナタは6曲あり、「デュルニッツ・ソナタ」と呼ばれている。1番に比べてかなり進歩している。モーツァルトならではの個性がいち早く現れている。

作曲家解説 - モーツァルト,ヴォルフガング・アマデウス

オーストリアの作曲家。クラシック音楽史上もっとも有名なオーストリアの天才作曲家、演奏家。35歳のその生涯の中であらゆるジャンルにおいてすべて一流の作品を大量に作曲した。古典派音楽の代表であり、ウィーン古典派三大巨匠の一人である。称号は神聖ローマ帝国皇室宮廷作曲家、神聖ローマ帝国皇室クラヴィーア教師、ヴェローナのアカデミア・フィラルモニカ名誉楽長などを務めた。

モーツァルトの作品はほとんどが長調で、装飾音の多い軽快で優美な曲が多い。これは当時の音楽の流行を反映したもので、ロココ様式あるいはギャラント様式と呼ばれる。彼が主に使用していたピアノの鍵盤が沈む深さは現代のピアノの約半分であり、非常に軽快に演奏できるものであったことがその作風にも影響を与えていると考えられる。短調作品は少ないながらも、悲壮かつ哀愁あふれる曲調となっている。モーツァルトの作品の多くは、生計を立てるために注文を受けて書かれたものである。モーツァルトの時代に限らず、何世紀もの間、芸術家は教皇や権力者などのパトロンに仕えることで生計を立てていた。モーツァルトの作品はその時代に要求された内容であり、たとえば長調の曲が多いのはそれだけ当時はその注文が多かったことの証でもある。実際、父の死後は依頼者のない作品が生まれている。これは、聴衆の嗜好に配慮せよとの父による規制が無くなったため、モーツァルト自身の目指す音楽に向かうことが可能になったからである。交響曲などがそれに当たる。思想的には、フリーメーソンがパトロンであったこともあり、その影響が指摘されている作品もある。

また、「下書きをしない天才」とも言われ、モーツァルトが非凡な記憶力を持っていたのは多くの記録からも確かめられているが、自筆譜の中には完成・未完成曲含めて草稿及び修正の跡が多く発見されている。

演奏家解説 - ピレシュ,マリア・ジョアン

ポルトガル出身の女性ピアニスト。リスボンで生まれた。日本では長らく「マリア・ジョアオ・ピリス」もしくは「マリア・ジョアン・ピリス」という表記と発音が広く定着している。幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け取った。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を師事。それから西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーとハノーファーに学ぶ。ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続け、1992年と1994年には、二人でヨーロッパ各地や日本での演奏旅行を行っている。1998年には、チェリストのジャン・ワンを加えたトリオとして、極東ツアーを行った。2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。