スカルラッティ ソナタ K.9/L.413 動画集 | Mボックス

Music video

スカルラッティ ソナタ K.9/L.413 動画集

ドメニコスカルラッティのソナタを集めました。

ドメニコスカルラッティ K9 L413

スカルラッティ ソナタ K.9/L.413 動画集

 D.Scarlatti  Sonate   K.9/L.413

(カートパトリック番号 K.89 ロンゴ番号 L.413 )
Mボックスでは、スカルラッティソナタ・各曲ごとの動画集を作成しています。ピアノ・チェンバロ(ハープシコード)・ピアノフォルテ等の動画で構成されています。
  • ドメニコ・スカルラッティソナタシリーズ一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / ダニエル・ドシェンヌ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ダニエル・ドシェンヌ

オランダ出身のピアニスト

2. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / 赤松 林太郎

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - 赤松 林太郎

神戸大学卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノと室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得卒業。2000年に第3回クララ・シューマン国際ピアノコンクールで日本人初の上位入賞。その後もフランス、イタリア、スペインなど十指を超える国際コンクールで優勝や上位入賞を続ける。現在は年間60回以上の国内外での演奏活動を続けながら、全国各地で審査員、公開講座、指導なども務める。全日本ピアノ指導者協会正会員。2010年PTNA新人指導者賞、2012年PTNA指導者賞(特級グランプリなど輩出)。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / 内藤 晃

【第21回】 ピティナ・ピアノ曲事典 「公開録音コンサート」より
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - 内藤 晃

日本のピアニスト。東京外国語大学卒業。桐朋学園大学指揮教室、ヤルヴィ・アカデミー(エストニア)にて指揮の研鑽を積む。
現在、ピアノ、指揮、作曲、執筆の各方面で活躍。ピアニストとして、ソロ、アンサンブルの両面で幅広く活動するほか、監訳書にチャールズ・ローゼン著「ベートーヴェンを“読む”―32のピアノソナタ」(道出版)、校訂楽譜に「ヤナーチェク:ピアノ作品集1・2」「シューベルト=リスト:12の歌、水車屋の歌」(ヤマハミュージックメディア)がある。 谷口未央監督による映画「仇討ち」、「矢田川のバッハ」の作曲、音楽監督を務める。
(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / カルロ・グランテ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - カルロ・グランテ

セルジオ・ペルティカローリ門下。サンタ・チェチーリア音楽院を卒業後、ジュリアード音楽院でルドルフ・フィルクスニーに師事した。
グランテの名を上げたのは、ソラブジの「超絶技巧百番練習曲」からの抜粋演奏に加え、ゴドフスキー=ショパンの53の練習曲の全曲ライブ演奏および2度の全曲録音を果たしたことからである。

5. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / カサドシュ,ロベール

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - カサドシュ,ロベール

フランスのピアニスト・作曲家。

6. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / ラローチャ,アリシア・デ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ラローチャ,アリシア・デ

スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名。

7. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / プレトニョフ,ミハイル

楽譜と共に。演奏は非常にリリックで名演です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - プレトニョフ,ミハイル

ロシアのピアニスト・指揮者。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。幅広いレパートリーを持つ。自分はヴィルトゥオーソではないとたびたび発言している。

8. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / タロー,アレクサンドル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - タロー,アレクサンドル

フランスのピアニスト.パリ国立高等音楽院卒業。1989年のミュンヘン国際コンクールで第2位を獲得、以来国際的な演奏活動を展開。

9. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

10. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / ポゴレリッチ,イーヴォ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ポゴレリッチ,イーヴォ

クロアチアのピアニスト。ユーゴスラビアの首都ベオグラード生まれ。1980年、22歳のとき当時43歳の師の女流奏者アリザ・ケゼラーゼと結婚したり、弱音指定の箇所を強打するなど型破りなことでも知られる。
1980年ショパンコンクールでは、ポゴレリッチが決勝に進めなかったことが大きな社会問題になり、逆に彼のを名を世界に知らしめた。

11. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / リパッティ,ディヌ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - リパッティ,ディヌ

ルーマニアに生まれ。今から50年以上も前の1950年に、 わずか33歳でこの世を去った天才型のピアニスト。晩年、持病の白血病(悪性リンパ腫?)と闘いながら命を削る思いでレコーディングに取り組んでいたと言います。 ブザンソンでの最後演奏会(告別演奏会)の演奏は、まさに、死を見つめた人間にしか到達できない境地の演奏といわれています。

12. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / ミケランジェリ,ベネッディ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - ミケランジェリ,ベネッディ

完璧主義者として名高いイタリア出身のピアニスト。ピアノへのこだわりも有名で、気に入ったピアノでないとコンサートをキャンセルしたこともある。

13. ソナタ ニ短調 K.9/L.413 / スカルラッティ,ドメニコ / グールド,グレン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナタ ニ短調 K.9/L.413

PTNA2005年D級課題曲

スカルラッティの鍵盤のためのソナタのうち、概ね推定される作曲年代に基づいて番号付けされたカークパトリック番号でK. 1から30まではEssercizi per Gravicembaloとして出版され、騎士階級を下賜された返礼として、ポルトガル王ジョアン5世に献呈された。(なおこの曲集は一般的に《チェンバロのための練習曲集》と訳され、またスカルラッティの鍵盤楽器のための作品は主にチェンバロ用と推定されているが、研究の現状では、チェンバロ以外の鍵盤楽器が完全に想定外であるかははっきりしていない。)これは生前に唯一、作曲家自身が出版した曲集で、その序文は作曲家自身による真正な文書資料としての価値を持つ。

序文では、曲集が演奏技法の修練を目的としていることが示唆され、彼が音楽教師として仕えたマリア・バルバラの日々の練習用という実用的な目的で書かれたと推測できる。作曲年代に関しては、Esserciziはかなり前に書かれたソナタを推敲したものとして、多くの研究者が早期の作曲年代を主張しているが、結論は未だに出ていない。

全30曲の配列は発展的学習を可能とするもので、後の作品になるほど長く、難しくなるよう並べられている。形式は2部形式を基本とする。また作品の冒頭が両手の短い模倣となるのはスカルラッティのソナタに典型的で、多くの場合、模倣となるのは作品の残りの部分の主要素材と見たところは関連が薄いと思われる音形である。

なお序文には曲集全体の音楽的内容に触れた言葉もあるが、その解釈については、序文が謙遜や建前の入りやすい文章であることも手伝って、繰り返し議論されている。

K.9 [Allegro] ニ短調 「パストラル」の呼称を持ち、19世紀に最もよく知られたスカルラッティのソナタの1つである。音形は簡素で技巧的な第10番と対照的である。特徴的な3度の協和音程は響きに平明さを与え、オクターヴで響きを増した終止の長い主音は確かにパストラルという呼称を納得させるものの1つである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - スカルラッティ,ドメニコ

イタリアのナポリ出身の作曲家。同年にバロック時代を代表する作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。マリア・マグダレーナ・バルバラ王女のために書かれた個性溢れるチェンバリズムが繰り広げられる555曲の練習曲が、そのテーマ性と展開によって後に「ソナタ」と呼ばれて親しまれている。作曲家のアレッサンドロ・スカルラッティは父親である。

演奏家解説 - グールド,グレン

カナダのピアニスト。異様に低い椅子に座り極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めた。演奏時にはスタジオ内録音の際でも常にメロディーや主題の一部を歌いながら演奏するため、一聴しただけでグールドの「鼻歌」が聞こえ、彼の演奏と分かることが多い。レコーディングエンジニア等が再三注意し止めさせようとしたにも関わらず、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることがなかった。バッハでは、伝説的な演奏(名盤)も多い。