バッハ 平均律第2集5番前奏曲 動画集 | Mボックス

Music video

バッハ 平均律第2集5番前奏曲 動画集

バッハの平均律第2集5番前奏曲の動画集です。ピアノ・チェンバロ・ピアノフォルテなどの音源を収録しています。

バッハ平均律2集5番プレリュード

 バッハ 平均律第2集第5番 /BWV874

 前奏曲(プレリュード)動画集

 

Das Wohltemperirte Klavier Teil2 No.5 BWV874 Prelude

※ Das Wohltemperirte Clavierと記載する場合もあります。

 

 

チェンバロ・ピアノ・クラビコードなどの動画を集めました。

 
バッハ平均律動画集一覧はこち

アルバム収録曲一覧

1. 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 金子 淳

2010 コンペティション決勝/2010 PTNA Piano Competition?
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード

バッハは、自分の作品を使い捨てにせず、改良を加え続けてより完璧にする性質であり、ライプツィヒ時代の後半には特に頻繁に改訂や集成が行われている。《平均律》第II巻には、新作よりも過去のさまざまな曲を取り入れたものが多く、24の調をそろえるためには移調して加えられた作品もあるが、浄書後も大胆な修正が加えられており、この曲集がバッハにとって単なる寄せ集めではなかったことがわかる。教程としても重んじられ、第II巻はバッハの弟子たちがみなそれぞれ自分の筆写譜を所有していたという。20年前の前巻に比べて多様性がさらに強まるのは、作曲期間の長さゆえであろう。その中にはバロックの様式を脱却し前古典派へと向かう傾向も見て取れる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - 金子 淳

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。2003年第27回ピティナピアノコンペティションF 級全国決勝大会ベスト10賞。2010年第34回ピティナピアノコンペティション特級銅賞。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / オコンサール,マホメット

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード

バッハは、自分の作品を使い捨てにせず、改良を加え続けてより完璧にする性質であり、ライプツィヒ時代の後半には特に頻繁に改訂や集成が行われている。《平均律》第II巻には、新作よりも過去のさまざまな曲を取り入れたものが多く、24の調をそろえるためには移調して加えられた作品もあるが、浄書後も大胆な修正が加えられており、この曲集がバッハにとって単なる寄せ集めではなかったことがわかる。教程としても重んじられ、第II巻はバッハの弟子たちがみなそれぞれ自分の筆写譜を所有していたという。20年前の前巻に比べて多様性がさらに強まるのは、作曲期間の長さゆえであろう。その中にはバロックの様式を脱却し前古典派へと向かう傾向も見て取れる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - オコンサール,マホメット

トルコ・イスタンブール出身のピアニスト。アンカラ国立音楽院にてピアノ及び作曲の勉強を始める。 1977年から1986年の期間、ブリュッセルの王立音楽院に学び、1981年最優秀賞を受ける。 1982年ヤング・ヴィルツオーソ・コンペティション(アントワープ)第1位受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / サムイル・フェインベルク

楽譜と共に

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード

バッハは、自分の作品を使い捨てにせず、改良を加え続けてより完璧にする性質であり、ライプツィヒ時代の後半には特に頻繁に改訂や集成が行われている。《平均律》第II巻には、新作よりも過去のさまざまな曲を取り入れたものが多く、24の調をそろえるためには移調して加えられた作品もあるが、浄書後も大胆な修正が加えられており、この曲集がバッハにとって単なる寄せ集めではなかったことがわかる。教程としても重んじられ、第II巻はバッハの弟子たちがみなそれぞれ自分の筆写譜を所有していたという。20年前の前巻に比べて多様性がさらに強まるのは、作曲期間の長さゆえであろう。その中にはバロックの様式を脱却し前古典派へと向かう傾向も見て取れる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - サムイル・フェインベルク

ウクライナに生まれるが、4歳でモスクワに移る。パーヴェル・パプストの高弟アレクサンドル・ゴリジェンヴェイゼルに師事。恩師ゴリジェンヴェイゼルは、同世代のアレクサンドル・ジロティやセルゲイ・ラフマニノフらと同じく、19世紀末のロシア・ピアノ楽派の伝統に連なるピアニストであり、演奏技巧と美音、広い知識に加えて普遍的で温かな表現で知られた。フェインベルクの演奏様式は、鋭敏さや繊細さ、青年時代のグレン・グールドに通じる大胆な解釈に加えて、同時代のエドヴィン・フィッシャーに通じるロマンティックな表現が特徴的である。

4. 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ケネス?ワイス

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード

バッハは、自分の作品を使い捨てにせず、改良を加え続けてより完璧にする性質であり、ライプツィヒ時代の後半には特に頻繁に改訂や集成が行われている。《平均律》第II巻には、新作よりも過去のさまざまな曲を取り入れたものが多く、24の調をそろえるためには移調して加えられた作品もあるが、浄書後も大胆な修正が加えられており、この曲集がバッハにとって単なる寄せ集めではなかったことがわかる。教程としても重んじられ、第II巻はバッハの弟子たちがみなそれぞれ自分の筆写譜を所有していたという。20年前の前巻に比べて多様性がさらに強まるのは、作曲期間の長さゆえであろう。その中にはバロックの様式を脱却し前古典派へと向かう傾向も見て取れる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ケネス?ワイス

ニューヨーク市で生まれ。オベリン音楽院でリサ?グード?クロフォードで勉強した後、彼はアムステルダムのスウェーリンクでバロック音楽を学んだ。現在、ジュリアードなどで教鞭もとっている。

5. 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / タチアナ・ニコラーエワ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード

バッハは、自分の作品を使い捨てにせず、改良を加え続けてより完璧にする性質であり、ライプツィヒ時代の後半には特に頻繁に改訂や集成が行われている。《平均律》第II巻には、新作よりも過去のさまざまな曲を取り入れたものが多く、24の調をそろえるためには移調して加えられた作品もあるが、浄書後も大胆な修正が加えられており、この曲集がバッハにとって単なる寄せ集めではなかったことがわかる。教程としても重んじられ、第II巻はバッハの弟子たちがみなそれぞれ自分の筆写譜を所有していたという。20年前の前巻に比べて多様性がさらに強まるのは、作曲期間の長さゆえであろう。その中にはバロックの様式を脱却し前古典派へと向かう傾向も見て取れる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - タチアナ・ニコラーエワ

ロシアのピアニスト・音楽教師。1948年にモスクワ音楽院ピアノ科卒業。1959年にモスクワ音楽院の講師となり、1965年に教授となった。生涯に50点以上の録音を残している。作曲家として、ピアノ入門者や児童むけの教材となりうる平易な小品を残したほか、大作も残している。

6. 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / ギルバート,ケネス

演奏とともに楽譜がスクロールします。とてもわかりやすいです。
歴史的な調律のチェンバロなので、現在のピアノよりはピッチが低いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 平均律クラヴィーア曲集 第2巻 第5番 ニ長調 プレリュード

バッハは、自分の作品を使い捨てにせず、改良を加え続けてより完璧にする性質であり、ライプツィヒ時代の後半には特に頻繁に改訂や集成が行われている。《平均律》第II巻には、新作よりも過去のさまざまな曲を取り入れたものが多く、24の調をそろえるためには移調して加えられた作品もあるが、浄書後も大胆な修正が加えられており、この曲集がバッハにとって単なる寄せ集めではなかったことがわかる。教程としても重んじられ、第II巻はバッハの弟子たちがみなそれぞれ自分の筆写譜を所有していたという。20年前の前巻に比べて多様性がさらに強まるのは、作曲期間の長さゆえであろう。その中にはバロックの様式を脱却し前古典派へと向かう傾向も見て取れる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - ギルバート,ケネス

モントリオールの音楽大学に学んだ後、パリ音楽院に留学してガストン・リテーズ、ルッジェーロ・ジェルリン、ナディア・ブーランジェに師事。シエナ・キジアーナ音楽院にて4年間の音楽修業を積む。1981年よりシュトゥットガルト高等音楽学校の教師。現在は、ストラスブール音楽院古楽科の主任教授。