PTNAピアノコンペティション2016年 B級課題曲動画集 | Mボックス

Music video

PTNAピアノコンペティション2016年 B級課題曲動画集

PTNAピアノコンペティション2016課題曲の動画集です。

ピティナ ピアノ・コンペティション 課題曲 B級

第40回 ピティナ・ ピアノコンペティション B級 課題曲動画集

PTNA Piano Competition 2016

ピティナ・ ピアノコンペティション2016年課題曲動画集一覧はこちら

対象:小4以下
詳細はこちら

 
★以下の課題曲の動画がご覧いただけます。
●ベートーヴェン:ソナチネ ヘ長調 第1楽章
●シューマン:乱暴な(勇敢な)騎士 Op.68-8
●チャイコフスキー:朝の祈り Op.39-1
●ブルクミュラー:やさしい花 Op.100-10
●ギロック:カプリッチェット
●A.ハチャトゥリアン:スケルツォ

 
 
※作曲者不詳:ハンガリー行進曲
 ヘンデル:アリア
 クープラン:ブーレー
 アンドレ:ソナチネ Op.34-1 終楽章
 ハイドン:アリエッタ第1番 変ホ長調 Hob.XVI-3
 湯山 昭:メロディー
 渡部 賢士:ピクニックへ行こう
 は掲載しておりません。

アルバム収録曲
25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / 友清 祐子
25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / 原口 摩純
子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / 中川 京子
2つのソナチネ 補遺5番 第2番 ヘ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 11番) / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 中川 京子
子供のアルバム 第1曲 朝の祈り / チャイコフスキー / 今野 尚美
子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / 石井 晶子
子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / 越村 紅
子供のアルバム 第1集 「少年時代の画集」 第2曲 スケルツォ / ハチャトゥリアン,アラム / 演奏者不明
子供のアルバム 第1集 「少年時代の画集」 第2曲 スケルツォ / ハチャトゥリアン,アラム / ルイス・ピパ
25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / 長井 充
子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / ジョセフ・ナジ
こどものためのアルバム 第8曲 カプリッチエット / ギロック,ウィリアム / ハックルベリー,アラン
子供のアルバム 第1曲 朝の祈り / チャイコフスキー / ビレット,イディル
25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / ホール,コーリー
25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / ハックルベリー,アラン

アルバム収録曲一覧

1. 25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / 友清 祐子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 友清 祐子

東京藝術大学卒業。ハンガリー国立リスト音楽院に留学し、3年間研鑽を積む。2004年、東京藝術大学大学院修士課程修了。現在、東京藝術大学音楽学部非常勤講師。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / 原口 摩純

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 原口 摩純

名古屋市出身。名古屋芸術大学卒業。 グラーツ国立音楽大学ピアノ科を一等賞にて卒業、グラーツ市より奨学金を取得。ウィーン国立音楽大学大学院修了。ベルギ-・デユエ国際コンク-ル特別賞、イタリア・イブラ・グランプリ国際コンクール入賞、ドイツ・ワイマール国際音楽際セミナ-において1位合格によりドイツ国立イエナ交響楽団とシューマンのピアノ協奏曲を共演。

3. 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / 中川 京子

「バスティン ピアノ名曲集 第1巻」(東音企画)より
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手

PTNA2002年A1級課題曲

シューマンのピアノ曲のほとんどはライプツィヒ時代の1839年までに書かれているが、この作品集はドレスデン時代、1848年ごろに書かれている。以前の大作が芸術作品として構想されているのに対し、この作品は最初、長女マリーの誕生日の贈り物として用意した数曲に次々と書き加え、「クリスマスアルバム」と名づけていたもので、後世までも子供の指導用作品として重要な位置をしめている。

第8曲:勇敢な旗手 / op.68-8 "Wilder Reiter"。三部形式。テンポの指定はないが旗手が馬を走らせている様子だと思われるので、かなり速いだろう。ここでも四度上行形ではじまる。旋律には軽いスタッカートの間にsfとスラーが挿入される。中間部では旋律が左手に移動するが、いずれの部分でも伴奏の和音が重くならないように弾くと曲の感じがよく出るだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 2つのソナチネ 補遺5番 第2番 ヘ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 11番) / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / 中川 京子

「バスティン ピアノ名曲集 第2巻」(東音企画)より
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのソナチネ 補遺5番 第2番 ヘ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 11番)

「2つのソナチネ」Anhang(補遺)5のひとつ。ソナチネ・アルバムに収録され、ピアノ学習者にはなじみのある作品だが、作曲に関する資料がなく、ベートーヴェンの真作かどうかは疑わしい。作品は2つの楽章から成る。第1楽章は、調的に不完全ではあるがソナタ形式の形をとり、2主題が提示されている(本来のソナタ形式では第2主題は属調のハ長調であるべきだが、この作品ではヘ長調のまま)。推移的な展開部を経て、再現部は第2主題から始まる。第2楽章はABACAのロンド形式。軽やかに弾むロンド主題の間に、2つのエピソードが挿入されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

ソナチネアルバム(全音楽譜出版社) 2巻 第11番 第1楽章

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 子供のアルバム 第1曲 朝の祈り / チャイコフスキー / 今野 尚美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のアルバム 第1曲 朝の祈り

PTNA2005年B級課題曲

チャイコフスキーが38歳の時(1878年)に作曲された。前年からのヨーロッパ旅行の後に妹の嫁ぎ先を訪れ、当時7歳の甥、ウラディミール・ダヴィドフに捧げた。各曲のタイトルは、自筆譜ではロシア語で書かれており、初版を出版する際に、フランス語に翻訳されたと考えられている。

第1曲目は<朝の祈り>。アンダンテの4分の3拍子で書かれたこの曲は、「A-A’-B」のバール形式の形をとっている。そして、コラールの性格を有する。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - チャイコフスキー

ロシアの作曲家。家族に職業音楽家はいないが、父がフルートを演奏し、母もピアノを弾くなど音楽的な素養があった。1859年から法務省の官吏になるが63年には辞職。このころ新設されたペテルブルク音楽院に所属。卒業後、モスクワ音楽院の講師となった。1870年代は結婚(1877年)の失敗から精神的に不安定となるなど危機的な状況も迎えた。しかし創作力は旺盛で、傑作が生み出されて名声をもたらした。1880年代には皇帝一家との交流もあり、社会的地位を堅固なものとした。93年、交響曲第6番の初演直後に死去した。死因は一般的にはコレラとされているが、同性愛の発覚を恐れての自殺などという説もある。チャイコフスキー作品でよく知られているのは交響曲やバレエ音楽などの管弦楽作品が中心で、有名なピアノ曲は少ない。その中でピアノ協奏曲第1番は、このジャンル中有数の人気曲として極めて高い人気を持っている。「四季」や「子供のためのアルバム」などの小品集、「ドゥムカ」が比較的演奏頻度が高い。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 今野 尚美

日本のピアニスト。18歳で渡英。英国王立音楽院首席卒業後、同大学院をディプロマを得て修了。在学中よりシエナ・キジアナ音楽院ディプロマ名誉賞、パロマドーロ国際室内楽コンクール最高位など受賞し、ソロや室内楽の演奏活動と共に、交響楽団などと協演。また2008年より公共ホール音楽活性化事業の登録アーティストとして全国各地でアウトリーチ活動を展開中。

6. 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / 石井 晶子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手

PTNA2002年A1級課題曲

シューマンのピアノ曲のほとんどはライプツィヒ時代の1839年までに書かれているが、この作品集はドレスデン時代、1848年ごろに書かれている。以前の大作が芸術作品として構想されているのに対し、この作品は最初、長女マリーの誕生日の贈り物として用意した数曲に次々と書き加え、「クリスマスアルバム」と名づけていたもので、後世までも子供の指導用作品として重要な位置をしめている。

第8曲:勇敢な旗手 / op.68-8 "Wilder Reiter"。三部形式。テンポの指定はないが旗手が馬を走らせている様子だと思われるので、かなり速いだろう。ここでも四度上行形ではじまる。旋律には軽いスタッカートの間にsfとスラーが挿入される。中間部では旋律が左手に移動するが、いずれの部分でも伴奏の和音が重くならないように弾くと曲の感じがよく出るだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - 石井 晶子

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。2002年第3回フランス音楽コンクール(全日本演奏家協会主催)、2005年第3回全日本ピアノデュオコンクール(同協会)にてそれぞれ入賞。ソロ、ピアノデュオ活動だけでなく、伴奏・室内楽も活発に行っている。演奏活動の他、勉強会・講習会・コンサートプロデューサーとしても活動し、いくつものプロデュースを成功させている。(社)全日本ピアノ指導者協会正会員。全日本演奏家協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / 越村 紅

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手

PTNA2002年A1級課題曲

シューマンのピアノ曲のほとんどはライプツィヒ時代の1839年までに書かれているが、この作品集はドレスデン時代、1848年ごろに書かれている。以前の大作が芸術作品として構想されているのに対し、この作品は最初、長女マリーの誕生日の贈り物として用意した数曲に次々と書き加え、「クリスマスアルバム」と名づけていたもので、後世までも子供の指導用作品として重要な位置をしめている。

第8曲:勇敢な旗手 / op.68-8 "Wilder Reiter"。三部形式。テンポの指定はないが旗手が馬を走らせている様子だと思われるので、かなり速いだろう。ここでも四度上行形ではじまる。旋律には軽いスタッカートの間にsfとスラーが挿入される。中間部では旋律が左手に移動するが、いずれの部分でも伴奏の和音が重くならないように弾くと曲の感じがよく出るだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

演奏家解説 - 越村 紅

日本のピアニスト。武蔵野音大卒、ロベルト・シューマン国立音大大学院修。旧西ドイツ国家芸術家試験、並びに国家演奏家試験に最優秀で合格。ロベルト・シューマン国立音大助手(ソロ及び室内楽)並びにクララ・シューマン音楽学校の講師のかたわら、旧西ドイツを中心に近隣諸国にて活躍する。帰国後は、室内楽やNHK・FM録音始め、ソリストとして数多くのオーケストラと協演。現在、東京音楽大学、同付属高校にてソロとピアノアンサンブルの講師。ピティナのコンペティションをはじめ、国内のコンクールの審査員を多数務める。ピティナWEB音源録音多数、新曲課題曲実音審査ピアニスト、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会 正会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

8. 子供のアルバム 第1集 「少年時代の画集」 第2曲 スケルツォ / ハチャトゥリアン,アラム / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のアルバム 第1集 「少年時代の画集」 第2曲 スケルツォ

PTNA2003年B級課題曲

作曲家解説 - ハチャトゥリアン,アラム

ロシアの作曲家。ロシアのグルシア生まれのアルメニア人。幼少の頃から、カフカサス地方の民族音楽を聴き育つ。1925年にグネーシン音楽学校に入学。そこで作曲家としての才能を認められる。1929年にモスクワ音楽院でミャスコフスキイに師事。1944年にソ連邦アルメニア国歌を作曲し、チェコスロバキア国際映画祭個人賞を受賞。1948年「反民主的形式主義的な傾向」を持つと批判され、「古典的・人民的傾向をもったリアリスティックな作品を書くように」と要求された。そのため、数年間、スターリンや党を礼賛するオラトリオ、カンタータなどを作曲している。器楽曲の作品に自身の創造性を入れることは難しかったようだ。スターリン死去後1958年から彼は名誉を挽回し、積極的に作曲に取り組む。指揮者としても活躍した彼は1963年日本に訪れている。バレエ《スパルタクス》でレーニン賞、《コンチェルト・ラプソディー》ではソヴィエト国家賞を受賞。愛国心に満ち、民族的な音楽と現実社会に対する考えや想い、生活を作品に溶け込ませた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

9. 子供のアルバム 第1集 「少年時代の画集」 第2曲 スケルツォ / ハチャトゥリアン,アラム / ルイス・ピパ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のアルバム 第1集 「少年時代の画集」 第2曲 スケルツォ

PTNA2003年B級課題曲

作曲家解説 - ハチャトゥリアン,アラム

ロシアの作曲家。ロシアのグルシア生まれのアルメニア人。幼少の頃から、カフカサス地方の民族音楽を聴き育つ。1925年にグネーシン音楽学校に入学。そこで作曲家としての才能を認められる。1929年にモスクワ音楽院でミャスコフスキイに師事。1944年にソ連邦アルメニア国歌を作曲し、チェコスロバキア国際映画祭個人賞を受賞。1948年「反民主的形式主義的な傾向」を持つと批判され、「古典的・人民的傾向をもったリアリスティックな作品を書くように」と要求された。そのため、数年間、スターリンや党を礼賛するオラトリオ、カンタータなどを作曲している。器楽曲の作品に自身の創造性を入れることは難しかったようだ。スターリン死去後1958年から彼は名誉を挽回し、積極的に作曲に取り組む。指揮者としても活躍した彼は1963年日本に訪れている。バレエ《スパルタクス》でレーニン賞、《コンチェルト・ラプソディー》ではソヴィエト国家賞を受賞。愛国心に満ち、民族的な音楽と現実社会に対する考えや想い、生活を作品に溶け込ませた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

10. 25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / 長井 充

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 長井 充

日本のピアニスト。

11. 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手 / シューマン,ロベルト / ジョセフ・ナジ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のためのアルバム 作品68 第8番 勇敢な旗手

PTNA2002年A1級課題曲

シューマンのピアノ曲のほとんどはライプツィヒ時代の1839年までに書かれているが、この作品集はドレスデン時代、1848年ごろに書かれている。以前の大作が芸術作品として構想されているのに対し、この作品は最初、長女マリーの誕生日の贈り物として用意した数曲に次々と書き加え、「クリスマスアルバム」と名づけていたもので、後世までも子供の指導用作品として重要な位置をしめている。

第8曲:勇敢な旗手 / op.68-8 "Wilder Reiter"。三部形式。テンポの指定はないが旗手が馬を走らせている様子だと思われるので、かなり速いだろう。ここでも四度上行形ではじまる。旋律には軽いスタッカートの間にsfとスラーが挿入される。中間部では旋律が左手に移動するが、いずれの部分でも伴奏の和音が重くならないように弾くと曲の感じがよく出るだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - シューマン,ロベルト

ドイツの作曲家、音楽評論家。ロマン派音楽を代表する一人。

鋭い感性と知性に恵まれていたシューマンは、ホフマンやジャン・パウルなどのロマン主義文学からも深い影響を受け、その作品は、ドイツ・ロマン主義の理念を、音楽家として最も純粋な形で表現し、その精髄を示しているといわれている。ピアノ曲からスタートしたが、歌曲・交響曲・室内楽作品にも名作が多い。若くして手を壊してしまったロベルトは妻であるクララが演奏することを念頭に入れて後半生はピアノ作品を作曲したとも言われている。

人格的に二面性を持ち、評論家としては、自己の二面的な気質を利用して「フロレスタン」「オイゼビウス」という2つのペンネームで執筆していた。

12. こどものためのアルバム 第8曲 カプリッチエット / ギロック,ウィリアム / ハックルベリー,アラン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - こどものためのアルバム 第8曲 カプリッチエット

PTNA2002年B級課題曲

作曲家解説 - ギロック,ウィリアム

アメリカ合衆国の音楽教育家、作曲家。ギロックは音楽教育分野の作曲の第一人者で、メロディーの美しさから「教育音楽作曲界のシューベルト」と呼ばれている。

演奏家解説 - ハックルベリー,アラン

アメリカの演奏家・教育者。アイオワ大学で教えている。

13. 子供のアルバム 第1曲 朝の祈り / チャイコフスキー / ビレット,イディル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 子供のアルバム 第1曲 朝の祈り

PTNA2005年B級課題曲

チャイコフスキーが38歳の時(1878年)に作曲された。前年からのヨーロッパ旅行の後に妹の嫁ぎ先を訪れ、当時7歳の甥、ウラディミール・ダヴィドフに捧げた。各曲のタイトルは、自筆譜ではロシア語で書かれており、初版を出版する際に、フランス語に翻訳されたと考えられている。

第1曲目は<朝の祈り>。アンダンテの4分の3拍子で書かれたこの曲は、「A-A’-B」のバール形式の形をとっている。そして、コラールの性格を有する。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - チャイコフスキー

ロシアの作曲家。家族に職業音楽家はいないが、父がフルートを演奏し、母もピアノを弾くなど音楽的な素養があった。1859年から法務省の官吏になるが63年には辞職。このころ新設されたペテルブルク音楽院に所属。卒業後、モスクワ音楽院の講師となった。1870年代は結婚(1877年)の失敗から精神的に不安定となるなど危機的な状況も迎えた。しかし創作力は旺盛で、傑作が生み出されて名声をもたらした。1880年代には皇帝一家との交流もあり、社会的地位を堅固なものとした。93年、交響曲第6番の初演直後に死去した。死因は一般的にはコレラとされているが、同性愛の発覚を恐れての自殺などという説もある。チャイコフスキー作品でよく知られているのは交響曲やバレエ音楽などの管弦楽作品が中心で、有名なピアノ曲は少ない。その中でピアノ協奏曲第1番は、このジャンル中有数の人気曲として極めて高い人気を持っている。「四季」や「子供のためのアルバム」などの小品集、「ドゥムカ」が比較的演奏頻度が高い。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ビレット,イディル

トルコの女流ピアニスト。ナディア・ブーランジェとアルフレッド・コルトーに学んだミトハト・フェンメンに5歳で入門してピアノを始める。7歳のとき、トルコ議会が特別法を通過させたおかげで、幼くして留学が可能となり、パリ音楽院に入学し、15歳のとき3つの部門で受賞して卒業。その後はコルトーやヴィルヘルム・ケンプに師事してさらに研鑚を積んだ。16歳から数々の国際的に名高いオーケストラと共演。ビレットのレパートリーは幅広く、盛期古典派音楽から現代音楽にまで跨っている。代表的なものとして1990年代から2000年代にナクソス・レーベルより発表された。

14. 25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / ホール,コーリー

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ホール,コーリー

アメリカ生まれのピアニスト

15. 25の練習曲 作品100 第10番 やさしい花 / ブルグミュラー,ヨハン / ハックルベリー,アラン

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - ブルグミュラー,ヨハン

ドイツ生まれの作曲家・ピアニスト。入門用の練習曲集で有名。ドイツのレーゲンスブルグで生まれ、26歳のときにパリに渡り、マロール・ザン・ウルポア村のボーリューで没する。本格的な作品としてはバレエ音楽「ペリ」があるが、ピアノ教育用の小品 op. 100, 105, 109で知られている。パリではサロン音楽家、教育者として活躍。ヨーロッパではブルグミュラーといえば父のヨハン・アウグスト・フランツ、もしくは弟のノルベルトを指す。日本では、ピアノ学習者のバイブル的存在 「25の練習曲 op. 100」の作曲家としてあまりに有名。長年にわたるその人気が示すとおり、op. 100は丹精で無駄のないテクニックと情感豊かな表現力を要求し、ピアノ教育史において重要な功績をはたしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ハックルベリー,アラン

アメリカの演奏家・教育者。アイオワ大学で教えている。