ショパン ワルツ第16番 変イ長調 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ワルツ第16番 変イ長調 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ 変イ長調 遺作

ショパン ワルツ 変イ長調 遺作 (第16番)

Chopin Waltz in A flat major Op.posth. (No.16)

ショパン ワルツ 第16番 変イ長調 遺作です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ワルツ 変イ長調 (第16番) / ショパン,フレデリック / 樋口 あゆ子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 変イ長調 (第16番)

1827年から1830年の間に作曲されたとされるワルツで、20世紀に入ってから、1902年に出版された。ワルシャワ音楽院でのショパンの師匠エルスナ-の娘、エミリア・エルスナ-のアルバムに記されていた。

中間部にトリオと記されており、3部形式のワルツとなっている。左手の和音の種類は比較的少ない。しかし、その上で奏する右手は左手の和音が構成する音以外の音に富むこと、右手の各小節の音域が1オクターヴと比較的幅広い場合が多いことから、シンプルなながらにも優雅さという気品を備えたワルツとなっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 樋口 あゆ子

日本のピアニスト。85年毎日新聞社主催第39回全日本学生音楽コンク-ルピアノ部門中学生の部全国第1位。翌年、桐朋女子高等学校音楽科ピアノ専攻入学。同大学演奏学科ピアノ専攻卒業を経て95年同大学研究科終了。93年8月第17回全日本ピアノ指導者協会主催ピティナピアノコンペティション特級ソロ部門金賞。に入学。97年3月飛び級にてパリ・エコ-ルノルマル音楽院研究科演奏家課程審査員満場一致で卒業。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ワルツ 変イ長調 (第16番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 変イ長調 (第16番)

1827年から1830年の間に作曲されたとされるワルツで、20世紀に入ってから、1902年に出版された。ワルシャワ音楽院でのショパンの師匠エルスナ-の娘、エミリア・エルスナ-のアルバムに記されていた。

中間部にトリオと記されており、3部形式のワルツとなっている。左手の和音の種類は比較的少ない。しかし、その上で奏する右手は左手の和音が構成する音以外の音に富むこと、右手の各小節の音域が1オクターヴと比較的幅広い場合が多いことから、シンプルなながらにも優雅さという気品を備えたワルツとなっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。