ショパン ワルツ第10番 Op.69-2 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ワルツ第10番 Op.69-2 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ Op.69-2

ショパン ワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

Chopin Waltzes Op.69, No.2 in B minor (No.10)

ショパン ワルツ 第10番 作品69-2です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラフマニノフ,セルゲイ

ロシアの作曲家。ピアニストとしても歴史的な名演を残している。

2Mに近い体躯を持つ。マルファン症候群(=遺伝病。一般に身長は高く、指が長く、しばしば強度の憂鬱症を伴う)だったのではないかともいわれている。確かに彼は憂鬱な一生を過ごしていたようである。

ロシア革命を避けてアメリカに亡命した後半生は当時最高のピアニストとして大活躍をしてたのにもかかわらず、いつも何かに悩んでいたようである。しかし、その悩みが彼独自のメランコリックでロマンティックな作風につながったともいえそうである。

2. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

3. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / オット,アリス=紗良

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - オット,アリス=紗良

ドイツ・ミュンヘン出身のピアニスト。
父親がドイツ人で母親が日本人のハーフ。

4. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン

端正な演奏ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カツァリス,シプリアン

マルセイユでギリシア系キプロス人の家庭に生まれる。両親と共にアフリカのカメルーンに移住。4歳でピアノのレッスンを始める。
1964年、パリ音楽院に入学。ピアノをアリーヌ・ヴァン・バランヅァンとモニーク・ド・ラ・ブリュショルリに師事。1969年、ピアノで最優秀賞を受ける。さらに室内楽をルネ・ルロワとジャン・ユボーに学び、1970年に最優秀賞を受ける。
1966年5月8日、シャンゼリゼ劇場にて、パリで最初の公開コンサートを開く。
1974年、ヴェルサイユでジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクールに出場し、最優秀賞を受けたことが彼のキャリアの始まりとなった。。
演奏は超絶技巧的な面と詩人的な面を併せ持ち、内声の処理が非常に巧みである。
現在は、カツァリス自身が設立したレーベル「PIANO21」において様々なレコーディングや自身の過去の録音の復刻を行っている。

5. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

楽譜の映像と共に

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

6. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キーシン,エフゲニー

ロシアのピアニスト。わずか2歳でピアノを学び始める。のちグネーシン音楽大学に進んで、アンナ・パヴロフナ=カントルに今日まで師事する。10歳でピアノ協奏曲を弾いてデビュー、11歳で初リサイタルを開くなど、幼い頃から神童ぶりを発揮する。現在若手ピアニストの中では一番の人気と実力を誇る。

7. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃル人は多いです。 一般的なバージョンではなく、少し趣の違った音で弾いています。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

8. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

楽譜が演奏と並行して提示されてます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

9. 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

ライブ映像です。原曲とは違う、死子氏アレンジされた版で演奏しています。そのアレンジがなかなか洒落てます。切なく、また大人っぽい感じに仕上がっています。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第2番 ロ短調 (第10番)

現存しているショパンのワルツの中ではもっとも早い時期の1829年に作曲された。ポーランド時代である1829年から1830年の間に、ショパンは5つのワルツを残しており、これらの曲はショパンの死後、姉のルドヴィカが「未出版作品リスト」に含め、その後それぞれ出版されたものである。このワルツには複数の自筆譜の存在が推測されるが、いずれも失われている。出版された初版譜や、残された写譜家不明の手稿譜の多様さから、ショパンが様々な形で試行錯誤していたことが分かる。
初期のワルツが集中的に作曲された1829年、まだ19歳のショパンはワルシャワ音楽院の歌姫コンスタンツァにはじめての恋をしていた。友人ティテュスとのウィーン旅行から戻った10月3日、「僕にとっては不幸なことかもしれないが、僕はすでに理想のひとを見つけた」とティテュスに打ち明けている。1829年から30年にかけて作曲された8つの歌曲はいずれも恋の不安と憧れを歌っており、恋の病にとらわれた青年の悩ましげな「うた」はこのロ短調のワルツにも脈づいている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2013年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。