ショパン ワルツ第9番 Op.69-1 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ワルツ第9番 Op.69-1 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ Op.69-1

ショパン ワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

Chopin Waltzes Op.69, No.1 in A flat major “Valse de l’Adieu” (No.9)

ショパン ワルツ 第9番 作品69-1です。
悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / 山季 布枝

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 山季 布枝

日本のピアニスト。オーストリア・ウィーン国立音楽大学に入学。1986年、同大学を首席卒業。その後の活動は国内外で幅広く行う。リサイタル、2台ピアノや連弾アンサンブル、室内楽や歌曲伴奏などの演奏活動をする。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / エリソ・ヴェルサラーゼ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - エリソ・ヴェルサラーゼ

グルジアで有名な音楽教師であった祖母アナスターシヤ・ヴィルサラーゼよりピアノの指導を受けた後、トビリシ音楽院で学んだ。卒業後さらにモスクワ音楽院でゲンリフ・ネイガウスとヤコフ・ザークに学んだ。教育者としても名高い存在で、1967年にモスクワ音楽院の教員に迎えられ、1994年に[正教授に就任した。1995年からは[要出典]ミュンヘン音楽大学でも教壇に立っている。

3. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

4. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃル人は多いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

5. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / ミケランジェリ,ベネッディ

ミケランジェリのショパンライブクリップです。 本当に珍しいです。始めてみる方も多いかと思います。非常に格調高い演奏ですね。スタイルが全く崩れないのは彼の特徴ですが、ライブでも完璧です。すごいです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ミケランジェリ,ベネッディ

完璧主義者として名高いイタリア出身のピアニスト。ピアノへのこだわりも有名で、気に入ったピアノでないとコンサートをキャンセルしたこともある。

6. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / リパッティ,ディヌ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リパッティ,ディヌ

ルーマニアに生まれ。今から50年以上も前の1950年に、 わずか33歳でこの世を去った天才型のピアニスト。晩年、持病の白血病(悪性リンパ腫?)と闘いながら命を削る思いでレコーディングに取り組んでいたと言います。 ブザンソンでの最後演奏会(告別演奏会)の演奏は、まさに、死を見つめた人間にしか到達できない境地の演奏といわれています。

7. 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのワルツ 作品69 第1番 変イ長調 「別れのワルツ」 (第9番)

ショパンがパリに腰を落ち着けてから作曲したワルツは全部で12曲あり、そのうち8曲がショパンの生前に出版された。この変イ長調のワルツを含む残りの4曲は、ショパンが個人的な贈り物として作曲したものであり、むしろ出版を望んでいなかったとも考えられる。このワルツにはそれぞれ1835年、1837年、1842年の日付が記された3種類の自筆譜が残されている。献呈されているマリア・ヴォドジンスカはショパンにとって唯一結婚を約束した女性であり、彼の理想の女性であり続けた。ワルツが作曲されたのは1835年9月、ショパンがドレスデンのヴォドジンスキ家に滞在中とされている。恐らくピアノを演奏しながら即興的に作曲し、楽譜に書き留めたのであろう、「あの《ワルツ》(あなたが最後にお弾きになって、私たちにくださった曲です)を私が弾いて楽しんでいると、みな聴いて楽しんでいます」という、マリアからショパンに宛てた手紙が残されている。この時わずか16歳であったマリアは、1837年3月には「決別Adieu」の手紙をショパンに送り、恋は終わることとなった。このため、通称「別れのワルツ Valse de l'adieu」と呼ばれる。

思い出の曲でもあるこのワルツは、その後修正されていずれもピアノの弟子であった別の女性に贈られている(1837年にはPeruzzi夫人へ、1842年にRothschild嬢へ)。一拍目をぼやかすかのような、半音階下行のアウフタクトによる弾き出しは、はっとするような美しさと色気を醸し出している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



フレデリック・ショパンが1835年に滞在先のドレスデンを去る際に作曲したワルツである。悲恋に終わったマリア・ヴォジンスカとの「別れのワルツ」として有名です。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。