ショパン ワルツ第7番 Op.64-2 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ワルツ第7番 Op.64-2 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ Op.64-2

ショパン ワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Chopin Waltzes Op.64, No.2 in C sharp minor (No.7)

ショパン ワルツ 第7番 作品64-2です。
ショパン晩年の作品です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ピサレフ,アンドレイ
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 寺田 まり
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 野口 文恵
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 中川 京子
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ワン,ユジャ
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / マガロフ,ニキタ
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / バレンボイム,ダニエル
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ブニアティシヴィリ,カティア
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ブニアティシヴィリ,カティア
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / アントルモン,フィリップ
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ホロヴィッツ,ウラディミール
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー
3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

アルバム収録曲一覧

1. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ピサレフ,アンドレイ

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ピサレフ,アンドレイ

ロシアのピアニスト。1962年ロシア・ロストフ生まれ。1983年ラフマニノフ・コンクール優勝。1991年2月ザルツブルグで開かれた第5回国際モーツァルトコンクール優勝。同年ブゾーニ国際コンクール 第4位、及びモーツァルト賞受賞。ロシア国内を始め、ヨーロッパ各地やアメリカ、南アフリカで演奏活動を展開。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 寺田 まり

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 寺田 まり

日本のピアニスト。1911年エッセン国立音楽大学を”優秀“で卒業後、同大学院進学。1992年から95年までパリ、エコールノルマル音楽院(パリ)研究科においてジェルメーヌ・ムニエ教授に師事する。ローマ国際コンクール(イタリア)においてディプロマ、メダルとフランク賞受賞。現在はソロ活動のほか、伴奏や室内楽でも活躍している。また、レクチャーコンサートやチャリティー演奏活動なども積極的に行っている。 また、P.I.Aピアノコンクール、及びP.I.A.検定試験の審査員も務める。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 寺嶋 陸也

日本の作曲家、ピアニスト。84年東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。92年同大学院音楽研究科修士課程修了。在学中から作曲とピアノ演奏の両面で積極的に活動を行う。作品には、ほかにオペラ、混声合唱、ピアノ、朗読と箏、室内楽曲などがあり、邦楽器のための作品も多い。作品はこれまで国内はもとよりイタリア、イギリス、フランス、オランダ、アメリカ合衆国などでも演奏されている。作曲のほかにもピアニストとしてリサイタルなどの独奏をするほか、内外の著名な演奏家と数多く共演し、指揮やコンサートの企画など、活動は多方面にわたる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 野口 文恵

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 野口 文恵

日本のピアニスト。国立音楽大学ピアノ科卒業。シュトゥットガルト国立音楽大学ドイツリート科修了。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / 中川 京子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ワン,ユジャ

201年ヴェルビエ音楽祭/Verbier Festival

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ワン,ユジャ

中国の若手ピアニスト 中国名:王羽佳
非常にテクニシャンで、超絶的な演奏が得意。

7. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラフマニノフ,セルゲイ

ロシアの作曲家。ピアニストとしても歴史的な名演を残している。

2Mに近い体躯を持つ。マルファン症候群(=遺伝病。一般に身長は高く、指が長く、しばしば強度の憂鬱症を伴う)だったのではないかともいわれている。確かに彼は憂鬱な一生を過ごしていたようである。

ロシア革命を避けてアメリカに亡命した後半生は当時最高のピアニストとして大活躍をしてたのにもかかわらず、いつも何かに悩んでいたようである。しかし、その悩みが彼独自のメランコリックでロマンティックな作風につながったともいえそうである。

8. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

9. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / マガロフ,ニキタ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - マガロフ,ニキタ

スイスやフランスを拠点に活躍した世界的ピアニスト。

10. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / バレンボイム,ダニエル

Filharmonia Narodowa, Warsaw, 28 February 2010

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

11. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ブニアティシヴィリ,カティア

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ブニアティシヴィリ,カティア

グルジアのトビリシ生まれ。2003年ホロヴィッツ国際ピアノ・コンクール優勝、2008年アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールで第3位という経歴を持つ。

12. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ブニアティシヴィリ,カティア

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ブニアティシヴィリ,カティア

グルジアのトビリシ生まれ。2003年ホロヴィッツ国際ピアノ・コンクール優勝、2008年アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクールで第3位という経歴を持つ。

13. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン

端正な演奏ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カツァリス,シプリアン

マルセイユでギリシア系キプロス人の家庭に生まれる。両親と共にアフリカのカメルーンに移住。4歳でピアノのレッスンを始める。
1964年、パリ音楽院に入学。ピアノをアリーヌ・ヴァン・バランヅァンとモニーク・ド・ラ・ブリュショルリに師事。1969年、ピアノで最優秀賞を受ける。さらに室内楽をルネ・ルロワとジャン・ユボーに学び、1970年に最優秀賞を受ける。
1966年5月8日、シャンゼリゼ劇場にて、パリで最初の公開コンサートを開く。
1974年、ヴェルサイユでジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクールに出場し、最優秀賞を受けたことが彼のキャリアの始まりとなった。。
演奏は超絶技巧的な面と詩人的な面を併せ持ち、内声の処理が非常に巧みである。
現在は、カツァリス自身が設立したレーベル「PIANO21」において様々なレコーディングや自身の過去の録音の復刻を行っている。

14. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃル人は多いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

15. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / アントルモン,フィリップ

録音年代は分かりません。スタジオ録音と思われますが、非常に積極的な演奏です。細部まで細やかに歌い切るスタンスです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アントルモン,フィリップ

フランスのランスで生まれた指揮者・ピアニスト。マルグリット・ロンに師事し、パリ音楽院入学。エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞、ロン・ティボー国際音楽コンクールでは最高位の2位受賞。

16. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ホロヴィッツ,ウラディミール

1986年10月5日、ホワイト・ハウスでの演奏だと思われます。 音質・画像的にはあまり良くないですが、当時のホロヴィッツの様子が分かるクリップです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ホロヴィッツ,ウラディミール

ウクライナ生まれのアメリカのピアニスト。最後のヴィルティオーゾ(巨匠)スタイルのピアニストと言われている。ロシアで生まれ、その後亡命して後半生はアメリカを中心に演奏家として活躍した。

チャールズ皇太子が、ダイアナが第一子を生んだ時に演奏に来てほしいとホロヴィッツに頼んだ時は、「コンコルドでロンドンに行けるなら演奏してもよい」と発言し、本当にコンコルドでに乗って出かけた(もちろん、イレギュラーで)、という今となっては伝説化しているエピソードもある。

途中、演奏を中断していた時期もありましたが、「復活」のリサイタルは、歴史的なカムバックとしてライブが残されています。

17. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

ライブ演奏。端正に弾いています。音質・画像もGood.ショパンの雰囲気を充分に味わえる演奏ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

18. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

ルービンシュタインの演奏は、穏やかでオーソドックス。とっても正統的で安心して聴けますね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

19. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー

丁寧で優しい演奏ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キーシン,エフゲニー

ロシアのピアニスト。わずか2歳でピアノを学び始める。のちグネーシン音楽大学に進んで、アンナ・パヴロフナ=カントルに今日まで師事する。10歳でピアノ協奏曲を弾いてデビュー、11歳で初リサイタルを開くなど、幼い頃から神童ぶりを発揮する。現在若手ピアニストの中では一番の人気と実力を誇る。

20. 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

ルービンシュタインのライブ演奏は貴重です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第2番 嬰ハ短調 (第7番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-2の嬰ハ短調、テンポ・ジュストは、ナタニエル・ドゥ・ロスチャイルド男爵夫人に捧げられた。前曲と同様に、3部形式で書かれているが、主題の1つがリトルネロの役割を果たしている。中間部では主音が異名同音の関係にある変ニ長調に転調し、ピウ・レントとなる。長調に転じてもこのワルツの主題が持つメランコリックな性格が消えることはなく、そのことがこの曲に深みをもたらしていると言えるだろう。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



まずショパンを弾いてみるという時、良く最初に弾く事が多い様な、親しみやすい曲。しかし、ショパン37歳の作品。(38歳でショパンは生涯を閉じる)晩年の作品特有の寂寥感と華やかさを併せ持っている。

2002年PTNA(ピティナ) D級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。