ショパン 子犬のワルツ(第6番) Op.64-1 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン 子犬のワルツ(第6番) Op.64-1 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン 子犬のワルツ Op.64-1

ショパン ワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Chopin Waltzes Op.64, No.1 in D flat major “Minute Waltz” (No.6)

ショパン ワルツ 第6番 子犬のワルツ 作品64-1です。
ショパン晩年の作品です。「1分間ワルツ」とも呼ばれています。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 樋口 あゆ子
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 山季 布枝
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 野口 文恵
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 高木 絢子
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 鈴木 直美
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 近藤 由貴
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 中川 京子
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ブレハッチ,ラファウ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ラン・ラン
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / フェドロヴァ,アンナ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / リパッティ,ディヌ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / マガロフ,ニキタ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / オレイニチャク,ヤヌシュ
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / フリッター,イングリッド
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / バレンボイム,ダニエル
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール
3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ヘミング,フジコ

アルバム収録曲一覧

1. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 樋口 あゆ子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 樋口 あゆ子

日本のピアニスト。85年毎日新聞社主催第39回全日本学生音楽コンク-ルピアノ部門中学生の部全国第1位。翌年、桐朋女子高等学校音楽科ピアノ専攻入学。同大学演奏学科ピアノ専攻卒業を経て95年同大学研究科終了。93年8月第17回全日本ピアノ指導者協会主催ピティナピアノコンペティション特級ソロ部門金賞。に入学。97年3月飛び級にてパリ・エコ-ルノルマル音楽院研究科演奏家課程審査員満場一致で卒業。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 山季 布枝

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 山季 布枝

日本のピアニスト。オーストリア・ウィーン国立音楽大学に入学。1986年、同大学を首席卒業。その後の活動は国内外で幅広く行う。リサイタル、2台ピアノや連弾アンサンブル、室内楽や歌曲伴奏などの演奏活動をする。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 寺嶋 陸也

日本の作曲家、ピアニスト。84年東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。92年同大学院音楽研究科修士課程修了。在学中から作曲とピアノ演奏の両面で積極的に活動を行う。作品には、ほかにオペラ、混声合唱、ピアノ、朗読と箏、室内楽曲などがあり、邦楽器のための作品も多い。作品はこれまで国内はもとよりイタリア、イギリス、フランス、オランダ、アメリカ合衆国などでも演奏されている。作曲のほかにもピアニストとしてリサイタルなどの独奏をするほか、内外の著名な演奏家と数多く共演し、指揮やコンサートの企画など、活動は多方面にわたる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 野口 文恵

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 野口 文恵

日本のピアニスト。国立音楽大学ピアノ科卒業。シュトゥットガルト国立音楽大学ドイツリート科修了。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 高木 絢子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 高木 絢子

日本のピアニスト。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。大学卒業後、ザルツブルグ藝術大学モーツァルテウム(旧称モーツァルテウム音楽院)コンサートピアニスト科に留学。日本帰国後、東京と仙台を中心に音楽活動を開始。ソロコンサート、オーケストラとの共演、教育施設等での演奏など多岐にわたる。演奏はクラシックだけでなく、映画音楽やポップスなどの音楽も織りまぜ、クラシックファンだけでなく多くの人が楽しめるコンサートも行っている。演奏活動の他に、今まで自分が日本とヨーロッパで勉強していたことを活かし、そして多くの人がピアノを通して音楽を身近に感じてほしいとの思いからピアノ指導も始める。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 鈴木 直美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 鈴木 直美

日本のピアニスト。国立音楽大学器楽部ピアノ専攻卒業。米国イースタンミシガン州立大学にて修士号(Master of Art)、ルイジアナ州立大学にて音楽芸術博士号(Doctor of Musical Art)を取得。近年は精力的に演奏活動を行うほか、後進の指導、コンクールでの審査活動とともに、ピティナ・ピアノ・ステップのアドヴァイザーとして日本各地で指導活動、トークコンサートのリクエストにも応えている。(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナ千葉外房ステーション代表。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 近藤 由貴

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 近藤 由貴

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部卒業。パリ市立音楽院を審査員満場一致の一等賞で卒業。ブレスト国際ピアノコンクール(仏)、日本モーツァルト音楽コンクール等において第1位を受賞するなど、国内外のコンクールにて数々の入賞を重ねる。演奏活動も活発に行い、将来を期待される若手ピアニストの一人。人名事典「日本の演奏家―クラシック音楽の1400人」に収録される。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

8. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / 中川 京子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

9. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラフマニノフ,セルゲイ

ロシアの作曲家。ピアニストとしても歴史的な名演を残している。

2Mに近い体躯を持つ。マルファン症候群(=遺伝病。一般に身長は高く、指が長く、しばしば強度の憂鬱症を伴う)だったのではないかともいわれている。確かに彼は憂鬱な一生を過ごしていたようである。

ロシア革命を避けてアメリカに亡命した後半生は当時最高のピアニストとして大活躍をしてたのにもかかわらず、いつも何かに悩んでいたようである。しかし、その悩みが彼独自のメランコリックでロマンティックな作風につながったともいえそうである。

10. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

11. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ブレハッチ,ラファウ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ブレハッチ,ラファウ

ポーランドのピアノニスト。6歳から地元の音楽教室でピアノを習い始める。2002年アルトゥール・ルービンシュタイン国際青少年ピアノ・コンクール第2位、第15回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクール優勝と副賞を全て受賞するという快挙を成し遂げた(同年2位は該当者なし)。ショパン・コンクール優勝以来、ヨーロッパ主要都市やアジアでのリサイタルやコンサートに出演している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

12. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

13. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ラン・ラン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラン・ラン

中国遼寧省瀋陽出身のピアニスト。1999年、17歳のとき突破口が訪れる。ラヴィニア音楽祭のガラ・コンサートで、急病の先輩ピアニストの代理として、チャイコフスキーの《ピアノ協奏曲 第1番》を、見事に演奏した。これがシカゴ・トリビューン紙によって、将来の嘱望される何年かに一人の逸材と評価された。2008年8月8日、北京オリンピックの開会式において、中国の作曲家・葉小綱の協奏曲を演奏した。映画『のだめカンタービレ最終楽章』の野田恵役の上野樹里のピアノ演奏をすべて担当している。

14. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キーシン,エフゲニー

ロシアのピアニスト。わずか2歳でピアノを学び始める。のちグネーシン音楽大学に進んで、アンナ・パヴロフナ=カントルに今日まで師事する。10歳でピアノ協奏曲を弾いてデビュー、11歳で初リサイタルを開くなど、幼い頃から神童ぶりを発揮する。現在若手ピアニストの中では一番の人気と実力を誇る。

15. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / フェドロヴァ,アンナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - フェドロヴァ,アンナ

2008年にアンナフェドロワは英才ルイセンコ音楽大学(キエフ、ウクライナ教授に師事。ボリスフェドロフのクラス)を卒業。

16. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / リパッティ,ディヌ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リパッティ,ディヌ

ルーマニアに生まれ。今から50年以上も前の1950年に、 わずか33歳でこの世を去った天才型のピアニスト。晩年、持病の白血病(悪性リンパ腫?)と闘いながら命を削る思いでレコーディングに取り組んでいたと言います。 ブザンソンでの最後演奏会(告別演奏会)の演奏は、まさに、死を見つめた人間にしか到達できない境地の演奏といわれています。

17. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラフマニノフ,セルゲイ

ロシアの作曲家。ピアニストとしても歴史的な名演を残している。

2Mに近い体躯を持つ。マルファン症候群(=遺伝病。一般に身長は高く、指が長く、しばしば強度の憂鬱症を伴う)だったのではないかともいわれている。確かに彼は憂鬱な一生を過ごしていたようである。

ロシア革命を避けてアメリカに亡命した後半生は当時最高のピアニストとして大活躍をしてたのにもかかわらず、いつも何かに悩んでいたようである。しかし、その悩みが彼独自のメランコリックでロマンティックな作風につながったともいえそうである。

18. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / マガロフ,ニキタ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - マガロフ,ニキタ

スイスやフランスを拠点に活躍した世界的ピアニスト。

19. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / オレイニチャク,ヤヌシュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - オレイニチャク,ヤヌシュ

ポーランド出身のピアニスト。

20. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / フリッター,イングリッド

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - フリッター,イングリッド

アルゼンチン出身のピアニスト。

21. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カツァリス,シプリアン

マルセイユでギリシア系キプロス人の家庭に生まれる。両親と共にアフリカのカメルーンに移住。4歳でピアノのレッスンを始める。
1964年、パリ音楽院に入学。ピアノをアリーヌ・ヴァン・バランヅァンとモニーク・ド・ラ・ブリュショルリに師事。1969年、ピアノで最優秀賞を受ける。さらに室内楽をルネ・ルロワとジャン・ユボーに学び、1970年に最優秀賞を受ける。
1966年5月8日、シャンゼリゼ劇場にて、パリで最初の公開コンサートを開く。
1974年、ヴェルサイユでジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクールに出場し、最優秀賞を受けたことが彼のキャリアの始まりとなった。。
演奏は超絶技巧的な面と詩人的な面を併せ持ち、内声の処理が非常に巧みである。
現在は、カツァリス自身が設立したレーベル「PIANO21」において様々なレコーディングや自身の過去の録音の復刻を行っている。

22. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / バレンボイム,ダニエル

Filharmonia Narodowa, Warsaw, 28 February 2010

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

23. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃル人は多いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

24. 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番) / ショパン,フレデリック / ヘミング,フジコ

かわいいワンちゃんの画像と共に演奏。演奏はオーソドックス。音の美しさが際立つ演奏ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品64 第1番 変ニ長調 「子犬のワルツ」 (第6番)

Op.64の3つのワルツは、ショパンの晩年にあたる1846から1847年に作曲され、1847年に出版された。

Op.64-1の変ニ長調、モルト・ヴィヴァーチェは、デルフィーナ・ポトツカ伯爵夫人に捧げられた。ジョルジュ・サンドの飼っていたマルキという名の仔犬が自分の尻尾を追いかけてぐるぐると回る様子を見て作曲したというエピソードがあり、<仔犬のワルツ>の愛称で親しまれている。3部形式で書かれている。冒頭にレッジェーロ、中間部にソステヌートと記されていることから、タッチの変化が要求されるワルツとなっている。また、中間部では変イ音の短前打音による手法が印象的である。曲の最後は、4オクターヴを駆け下りる右手で締めくくられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



子犬がご主人様の足の回りをグルグル回っているイメージがあるという事で「子犬のワルツ」と名付けられています。かわいい犬と戯れる時間、そこには微笑ましく優しい時間が流れている気がします。

昔、ビルティオーゾ(技巧的に優れていてバリバリ弾きこなすタイプの演奏家)がきそってこの曲をとても速く演奏しました。1分間で弾けるか競い合いました。それで,1 MINITUE WALTZ(1分間ワルツ)とも呼ばれています。

2005年PTNA C級、2016年第25回東三河PTCピアノコンクール小学5・6年A部門課題曲。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ヘミング,フジコ

本名イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング(Ingrid Fuzjko Von Georgii-Hemming)は、日本とヨーロッパで活躍するピアニストである。日本名は大月 フジ(おおつき フジ)。

ロシア系スウェーデン人の画家・建築家のヨスタ・ゲオルギー・ヘミング(Josta Georgii Hemming)と、日本人ピアニストの大月投網子の間にベルリンで生まれる。スウェーデン国籍(長らく無国籍の状態が続いた)。俳優の大月ウルフは実弟。