ショパン ワルツ第5番 Op.42 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ワルツ第5番 Op.42 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ Op.42

ショパン ワルツ 変イ長調 「華麗なる円舞曲」 作品42 (第5番)

Chopin Waltz in A flat major “Grande Valse” Op.42 (No.5)

ショパン ワルツ 第5番 大円舞曲 作品42です。
ショパン円熟期の作品です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / イェンナー,アレクサンダー

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - イェンナー,アレクサンダー

オーストリアのウィーン出身のピアニスト。ジュネーブ、パリ、ベーゼンドルファーなどの国際コンクールに最高位の入賞を続け、これを機にピアニストとして世界の桧舞台で活躍を始めた。すでに演奏旅行は世界各国に及び、各国の一流オーケストラや指揮者との共演も多い。ピアニストとしての活動の一方、ウィーンではベートーヴェン協会の会長でもありウィーン原点版におけるベートーヴェンのソナタの芸術共編にも携わっている。また、母校ウィーン国立大学教授として後進の育成にも当ってきた。現在名誉教授であり、その熱意ある指導でピアノ教授としての評価も高い。 世界の主要な国際コンクール審査員および審査員長の経験も豊富である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / 根津 理恵子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 根津 理恵子

日本のピアニスト。東京藝術大学卒業後、ビドゴシチ音楽アカデミー研究科修了。
1986年、PTNAピアノコンペティションA1級全国決勝大会金賞。1995年、同コンペティション特級全国決勝大会銀賞。2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクールにおいてファイナリスト名誉表彰を受ける。
国内外で演奏活動を行う。様々な企画や真摯な音楽にファンも多く、今後の活躍に期待も大きい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / 根津 理恵子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 根津 理恵子

日本のピアニスト。東京藝術大学卒業後、ビドゴシチ音楽アカデミー研究科修了。
1986年、PTNAピアノコンペティションA1級全国決勝大会金賞。1995年、同コンペティション特級全国決勝大会銀賞。2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクールにおいてファイナリスト名誉表彰を受ける。
国内外で演奏活動を行う。様々な企画や真摯な音楽にファンも多く、今後の活躍に期待も大きい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / シュー・ジー

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第2次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 2nd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - シュー・ジー

中国のピアニスト。

5. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / ルー,エリック

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第2次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 2nd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルー,エリック

アメリカ合衆国のピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第4位。

6. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / ベレゾフスキー,ボリス

Live recording, Lisbon, 2011

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ベレゾフスキー,ボリス

モスクワ出身のロシアのピアニスト。1990年チャイコフスキーコンクールで第1位に輝き、演奏のキャリアが始まった。

7. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

8. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃル人は多いです。 途中の動きであえて一般的ではない音で弾いていますが、間違いではありません。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

9. ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

切れ味のアル演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品42 変イ長調 「大円舞曲」 (第5番)

ショパンの円熟期ともいえる1840年に作曲された。すでに公開演奏会の場から距離を置いていたショパンは、1840年前後、頻繁にドイツの出版会社に出版交渉を行っている。1839年から40年にかけてのショパンの制作意欲は並々ならぬものがあった。パリの公の場から、ドイツでの楽譜出版へと活動の軸を移した背景には、ショパン自身の心境の変化もあったであろう。「サロン音楽」というカテゴリーは、1830年代半ばからフランスで認識されるようになり、ショパンのワルツはまさにその典型と考えられていた。「華やかさ」を求めるフランスの出版社が、ショパンが意図しない「brillante(華麗なる)」という修飾句をつけて出版していたことがその証明である。しかしシューマンが述べているように、ドイツにおいてサロンの音楽とは、従来会話の付随物でしかなかった。シューマンはこのショパンのワルツが「もっとも高貴な種類のサロン楽曲である」と批評することで、逆にサロン音楽の地位を引き上げたのである。

主題がもつ多声感覚や2拍子と3拍子のリズムのずれ、また半音程が生み出す独特の和声やコーダ部に見られる動機の展開技術は、ショパンの熟練した技法を存分に示しており、ワルツが単なる飾り物でないとするシューマンの言葉を裏付けている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2012年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。