ショパン ワルツ第3番 Op.34-2 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ワルツ第3番 Op.34-2 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ Op.34-2

ショパン ワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Chopin Waltzes Op.34, No.2 in A minor “Valse Brillante” (No.3)

ショパン ワルツ 第3番 華麗なる円舞曲 作品34-2です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / 佐藤 勝重

哀愁漂う表情豊かな演奏。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 佐藤 勝重

日本のピアニスト。パリ国立高等音楽院を1等賞で卒業。パリのエコール・ノルマル音楽院の高等演奏家課程を賞賛つき満場一致で卒業、同音楽院最高課程(コンサーティスト)を修了し、演奏家資格を取得。全日本学生音楽コンクール全国大会優勝やSOFIA国際ピアノコンクール第1位受賞など、国内外のコンクールに入賞する傍ら数多くのコンサートに出演。全国各地でソロ、室内楽共に意欲的な活動を継続している。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / ベレゾフスキー,ボリス

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ベレゾフスキー,ボリス

モスクワ出身のロシアのピアニスト。1990年チャイコフスキーコンクールで第1位に輝き、演奏のキャリアが始まった。

3. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

4. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / バレンボイム,ダニエル

Filharmonia Narodowa, Warsaw, 28 February 2010

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

5. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン

端正な演奏ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カツァリス,シプリアン

マルセイユでギリシア系キプロス人の家庭に生まれる。両親と共にアフリカのカメルーンに移住。4歳でピアノのレッスンを始める。
1964年、パリ音楽院に入学。ピアノをアリーヌ・ヴァン・バランヅァンとモニーク・ド・ラ・ブリュショルリに師事。1969年、ピアノで最優秀賞を受ける。さらに室内楽をルネ・ルロワとジャン・ユボーに学び、1970年に最優秀賞を受ける。
1966年5月8日、シャンゼリゼ劇場にて、パリで最初の公開コンサートを開く。
1974年、ヴェルサイユでジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクールに出場し、最優秀賞を受けたことが彼のキャリアの始まりとなった。。
演奏は超絶技巧的な面と詩人的な面を併せ持ち、内声の処理が非常に巧みである。
現在は、カツァリス自身が設立したレーベル「PIANO21」において様々なレコーディングや自身の過去の録音の復刻を行っている。

6. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃル人は多いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

7. 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

ライブ映像です。2

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのワルツ 作品34 第2番 イ短調 「華麗なる円舞曲」 (第3番)

Op.34の3つのワルツにはいずれも「華麗なる(大)円舞曲 Grande Valse Brillante」として知られるが、自筆譜には「Grand」「Brillante」共に付けられておらず、フランスのシュレジンガー社によって書き加えられたものである。とりわけ二曲目にあたる「Lento」のワルツは、「華麗なる」舞曲とは無縁の憂いを含んでいる。
別々の年に作曲された3つのワルツが、合わせて作品34として、1838年12月にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで出版された。このことについて、ショパンは1838年12月28日に、ジョルジュ・サンドと過ごすマジョルカ島のパルマから、友人フォンターナに宛てて次のように書いている。「シュレジンガーはもっとはるかにろくでなしだ。ぼくのワルツを一つのアルバムにして、ブライトコプフに売りとばそうとしたのです」。この書簡からもわかるとおり、ショパンの曲集は純粋な音楽的理由だけで成り立っているわけではなく、当時の出版事情やショパン自身の経済状態とも密接に結びついている。
Op.34-2はイ短調、1831年ごろに作曲され、C.ディヴリ男爵夫人に献呈された。ショパンの生前に出版されたワルツの中で初めての短調によるワルツである。短調のワルツはショパンのワルツの中で、他に代え難い詩情を湛えている。イ短調という調性、「Lento」という速度表示からも、舞踏会におけるワルツとは別次元の作品である。ワルツはポーランドにおいて日常的に踊られていた舞踊であり、ショパン自身、ウィーンでは「ワルツが作品と呼ばれている!」と驚いていた。このイ短調のワルツがもつ一種庶民的な哀愁は、1831年のウィーン滞在で、ショパンのワルツ観が大きく揺れている様子が感じ取れる。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。