ショパン 華麗なる大円舞曲(第1番) Op.18 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン 華麗なる大円舞曲(第1番) Op.18 動画集

ショパンのワルツの動画集です。

ショパン ワルツ Op.18

ショパン ワルツ 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 作品18 (第1番)

Chopin Waltz in E flat major “Grande Valse Brillante” Op.18 (No.1)

ショパン ワルツ 第1番 華麗なる大円舞曲 作品18です。
ショパンのワルツで出版された初めての作品です。
ショパン ワルツ動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / 萬谷 衣里
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / カロッチャ,ルイジ
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / オソキンス,ジョルジ―
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ヤン,イック・トニー
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ラン・ラン
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / イゴーシナ,ヴァレンティーナ
ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ヘミング,フジコ

アルバム収録曲一覧

1. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / 萬谷 衣里

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 萬谷 衣里

日本のピアニスト。東京芸術大学・同大学院修了。ロストック音楽・演劇大学に留学し、国家演奏家資格を取得。2010年カサグランデ国際ピアノコンクールにて最高位を受賞したほか、リスト、シューベルト、ルーマニアの各国際コンクールで優勝・入賞を重ねるドイツを拠点に日本・ヨーロッパ各地にてリサイタル、音楽祭への出演、協奏曲のソリストとして活動している。現在ロストック音楽・演劇大学非常勤講師。シュ ベリーン音楽院講師。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 寺嶋 陸也

日本の作曲家、ピアニスト。84年東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。92年同大学院音楽研究科修士課程修了。在学中から作曲とピアノ演奏の両面で積極的に活動を行う。作品には、ほかにオペラ、混声合唱、ピアノ、朗読と箏、室内楽曲などがあり、邦楽器のための作品も多い。作品はこれまで国内はもとよりイタリア、イギリス、フランス、オランダ、アメリカ合衆国などでも演奏されている。作曲のほかにもピアニストとしてリサイタルなどの独奏をするほか、内外の著名な演奏家と数多く共演し、指揮やコンサートの企画など、活動は多方面にわたる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 山辺 絵理

日本のピアニスト。14歳で東京にてリサイタルを開催、古典からロマン、近現代と幅広いレパートリーで確実なテクニックと柔軟な音楽性で表現し大成功を収めた。国内はもとより、海外では13歳でアメリカでの演奏会を皮切りに各国にてソロ演奏会及び協奏曲の演奏会に出演。17歳でポーランドにて「第3回若い音楽家の為のアルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」で最年少入賞。 スイスにて「第56回ジュネーブ国際音楽コンクール」で最年少ディプロマ賞受賞。2001年よりロンドンに留学。東京とロンドンの往復で二つの音楽大学に在籍。東京音楽大学「ピアノ演奏家コース」と英国王立音楽大学大学院「アーティストディプロマコース」を首席で卒業。現在ロンドンを拠点に活躍中。社団法人全日本ピアノ指導者協会学生会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / カロッチャ,ルイジ

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第2次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 2nd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カロッチャ,ルイジ

イタリアのピアニスト。

5. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / オソキンス,ジョルジ―

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - オソキンス,ジョルジ―

リトヴィアのピアニスト。

6. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ヤン,イック・トニー

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第2次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 2nd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ヤン,イック・トニー

カナダのピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第5位。

7. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラフマニノフ,セルゲイ

ロシアの作曲家。ピアニストとしても歴史的な名演を残している。

2Mに近い体躯を持つ。マルファン症候群(=遺伝病。一般に身長は高く、指が長く、しばしば強度の憂鬱症を伴う)だったのではないかともいわれている。確かに彼は憂鬱な一生を過ごしていたようである。

ロシア革命を避けてアメリカに亡命した後半生は当時最高のピアニストとして大活躍をしてたのにもかかわらず、いつも何かに悩んでいたようである。しかし、その悩みが彼独自のメランコリックでロマンティックな作風につながったともいえそうである。

8. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / コチシュ,ゾルタン

演奏と一緒に楽譜を見ることができます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

9. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ラン・ラン

ライブなので、少々粗い演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラン・ラン

中国遼寧省瀋陽出身のピアニスト。1999年、17歳のとき突破口が訪れる。ラヴィニア音楽祭のガラ・コンサートで、急病の先輩ピアニストの代理として、チャイコフスキーの《ピアノ協奏曲 第1番》を、見事に演奏した。これがシカゴ・トリビューン紙によって、将来の嘱望される何年かに一人の逸材と評価された。2008年8月8日、北京オリンピックの開会式において、中国の作曲家・葉小綱の協奏曲を演奏した。映画『のだめカンタービレ最終楽章』の野田恵役の上野樹里のピアノ演奏をすべて担当している。

10. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

端正な演奏ですね。 結局色々と聴いてみて最後にやはりルービンシュタインの虚飾の無い演奏がよいとおしゃる人は多いです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

11. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

ライブ映像です。 画質&音質はGood。 多少リズム的に癖はありますが、音もきれいで華やかな感じですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

12. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / イゴーシナ,ヴァレンティーナ

ライブ映像。 「コンペティション」となっていますが、何処のコンペティションなのか分かりません。
コンペティションだからかも知れませんが、かなり気合が入っています。
ワルツ1番華麗なる大円舞曲というと上品でおしゃれなイメージが定着しているように思えますが、 この演奏はきちっとメカニックの優秀さを現わすことも視野に入れた演奏の様な気がします。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - イゴーシナ,ヴァレンティーナ

ロシアの女性ピアニスト。 1997年第2回ラフマニノフピアノコンクール第1位。

13. ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番) / ショパン,フレデリック / ヘミング,フジコ

ワルツのリズムに乗りながら、かなり自由に歌っています。その歌う心にフジ子・ヘミング氏の心が感じられます。ロマンティックでやさしい感じですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ワルツ 作品18 変ホ長調 「華麗なる大円舞曲」 (第1番)

「華麗なる大円舞曲 Grande Valse Brillante」としてよく知られるこのワルツは、ショパンにとって、出版された初めてのワルツである。自筆譜には「Grand」が付けられていないため、出版社によって書き加えられたと考えられる。1834年にパリ、ライプツィヒ、ロンドンで次々と出版され、人気を呼んだ背景には、舞踏としてのワルツの人気が関係している。とりわけパリでは、1834年にオペラ座の舞踏会にワルツが導入されるなど、急速にワルツの地位が向上していた。

めまぐるしい旋回とそこから生まれる熱気と興奮が、本来の舞踏としてのワルツがもつ魅力のひとつである。1831年にパリへ移住する前に滞在したウィーンで聴いたウィンナ・ワルツには、ショパンは心から共鳴することはなかったものの、少なからず刺激を受けたようである。

1833年7月10日付の清書自筆譜は、ジョージ・ホルスフォード将軍の娘であり、ショパンのピアノの弟子でもあったローラ・ホルスフォードに献呈されている。一方1834年7月18日付のフェリックス・ヴォドジンスキ宛ての手紙には、「いま出版されたばかりの小さな《ヴァルス》をお送りすることができます」と書いており、ジュネーヴへの招待に対する感謝を込めて、フェリックスの妹であり、ショパンがその後深く想いを寄せるマリア・ヴォドジンスカに、このワルツを贈っている。以後、ショパンのワルツは上流階級の令夫人や令嬢に贈られることが慣習となる。ショパンがパリのサロン文化に着実に足場を作り、成功していく上で、ワルツは大きな役割を果たしていくのである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ヘミング,フジコ

本名イングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング(Ingrid Fuzjko Von Georgii-Hemming)は、日本とヨーロッパで活躍するピアニストである。日本名は大月 フジ(おおつき フジ)。

ロシア系スウェーデン人の画家・建築家のヨスタ・ゲオルギー・ヘミング(Josta Georgii Hemming)と、日本人ピアニストの大月投網子の間にベルリンで生まれる。スウェーデン国籍(長らく無国籍の状態が続いた)。俳優の大月ウルフは実弟。