ショパン ノクターン第13番 Op.48-1 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ノクターン第13番 Op.48-1 動画集

ショパンのノクターンの動画集です。

ショパン ノクターン Op.48-1

ショパン ノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Chopin Nocturnes Op.48, No.1 in C minor (No.13)

ショパン ノクターン 第13番 作品48-1です。
ショパン ノクターン動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / 和泉 真弓
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / キム・スーヨン
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / チョ・ソンジン
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ルガンスキー,ニコライ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / フレイレ,ネルソン
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / イリーナ・ランコーヴァ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / エンゲラー,ブリジット
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / マーク・サルマン
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ルガンスキー,ニコライ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アルトゥール・モレイラ?=リマ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ソフロニツキー,ヴラディーミル
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ガブリエラ・モンテーロ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / イリヤ・ラシュコフスキー
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ピレシュ,マリア・ジョアン
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール
2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / イゴーシナ,ヴァレンティーナ

アルバム収録曲一覧

1. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 山辺 絵理

日本のピアニスト。14歳で東京にてリサイタルを開催、古典からロマン、近現代と幅広いレパートリーで確実なテクニックと柔軟な音楽性で表現し大成功を収めた。国内はもとより、海外では13歳でアメリカでの演奏会を皮切りに各国にてソロ演奏会及び協奏曲の演奏会に出演。17歳でポーランドにて「第3回若い音楽家の為のアルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」で最年少入賞。 スイスにて「第56回ジュネーブ国際音楽コンクール」で最年少ディプロマ賞受賞。2001年よりロンドンに留学。東京とロンドンの往復で二つの音楽大学に在籍。東京音楽大学「ピアノ演奏家コース」と英国王立音楽大学大学院「アーティストディプロマコース」を首席で卒業。現在ロンドンを拠点に活躍中。社団法人全日本ピアノ指導者協会学生会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / 和泉 真弓

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 和泉 真弓

日本のピアニスト。国立音楽大学大学院修了。1975 年より国内外(東京、大阪、京都、パリ、ボストン他)にてピアノソロ、デュオリサイタル、室内楽などの演奏活動を行っている。また、日本現代音楽協会、日本作曲家協議会主催演奏会、京都国際音楽祭等で現代音楽作品を演奏する。ピアノに朗読、パフォーマンスなど様々な可能性を組み入れた、コラボレーションによる、「ピアノは魔術師」を主宰。全日本ピアノ指導者協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / キム・スーヨン

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キム・スーヨン

韓国のピアニスト。

4. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / チョ・ソンジン

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第1次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 1st stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - チョ・ソンジン

韓国のピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第1位。

5. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ルガンスキー,ニコライ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルガンスキー,ニコライ

ロシアのピアニスト。タチアナ・ケストナー、タチアナ・ニコラーエワ、セルゲイ・ドレンスキーらに師事。正確無比な演奏技巧、安定した演奏技巧と豊かな情緒が特徴的で、とりわけラフマニノフ作品の解釈で知られており、世界各地でオーケストラと共演を続けるほか、1994年のチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門における(1位なしの)2位を頂点に、数々の世界的な音楽コンクールでも優れた業績を残してきた。1992年にザルツブルク・モーツァルテウムより最優秀ピアニストとして表彰された。現在はモスクワ音楽院で教鞭を執る。

6. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

7. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / フレイレ,ネルソン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - フレイレ,ネルソン

ブラジルのピアニスト。

8. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

9. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アラウ,クラウディオ

南米チリ出身でアメリカを中心に活動したピアニスト。20世紀を代表するピアノの巨匠として知られた。
1941年、カーネギー・ホールにデビューし、翌年より本拠をアメリカに移す。第二次大戦後は南北アメリカ、東西ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍(日本には1965年初来日)。最晩年までコンサート・録音を精力的に行い、文字通り「巨匠」の名にふさわしい活躍をみせた。

10. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / イリーナ・ランコーヴァ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

11. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / エンゲラー,ブリジット

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - エンゲラー,ブリジット

チュニジア出身のフランスのピアニスト。チュニスの生まれ。夫ヤン・ケフェレック(Yann Queff?lec)は有名な作家であり、その姉のアンヌ・ケフェレックはピアニスト仲間で、ラ・フォル・ジュルネやラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭で一緒に出演している。
パリ音楽院でリュセット・デカーヴの指導を受けた。9歳でシャンゼリゼ劇場でデビューを飾る。15歳でパリ音楽院で満場一致の一等賞を獲得する。1969年のロン=ティボー国際コンクールのピアノ部門で第6位を獲得し、モスクワ音楽院に招かれてスタニスラフ・ネイガウスの下で五年間研鑽を積んだ。その後、1978年にエリザベト王妃国際コンクールで第3位となった。晩年は、四手のピアノや二台のピアノの作品でボリス・ベレゾフスキー (ピアニスト)とペアを組んでいた。

12. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

One of Chopin's most priceless performance remarks is at the beginning of this Nocturne -- "sotto voce". Just like that : not a girlish "piano" , not an ambivalent "mezzo forte" , not even meaty forte

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。

13. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / マーク・サルマン

On Friday June 4th at 7:30pm join pianist Mark Salman for the final performance in series of recitals, an opportunity to experience the broad range of Chopin's intellectual and artistic achievements,

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

14. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ルガンスキー,ニコライ

Sep.28,2004 in Tokyo

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルガンスキー,ニコライ

ロシアのピアニスト。タチアナ・ケストナー、タチアナ・ニコラーエワ、セルゲイ・ドレンスキーらに師事。正確無比な演奏技巧、安定した演奏技巧と豊かな情緒が特徴的で、とりわけラフマニノフ作品の解釈で知られており、世界各地でオーケストラと共演を続けるほか、1994年のチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門における(1位なしの)2位を頂点に、数々の世界的な音楽コンクールでも優れた業績を残してきた。1992年にザルツブルク・モーツァルテウムより最優秀ピアニストとして表彰された。現在はモスクワ音楽院で教鞭を執る。

15. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

Yundi Li plays Chopin live in studio!

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

16. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アルトゥール・モレイラ?=リマ

played by Arthur Moreira Lima (First Runner-up of the 1965 Competition) when he returned as a guest performer at the Chopin Competition.

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アルトゥール・モレイラ?=リマ

ブラジル出身のピアニスト。第7回ショパンコンクールでアルゲリッチに次いで第2位に輝きデビュー。

17. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ソフロニツキー,ヴラディーミル

Chopin - Nocturne in C minor, Op. 48 No. 1

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ソフロニツキー,ヴラディーミル

アレクサンドル・スクリャービンの信奉者にしてその演奏様式の継承者であり、その遺児エレーナと結婚した。妻エレナと初めて出逢った時にはスクリャービンは鬼籍に入っていたため、ソフロニツキーは公的にも私的にも、生前に岳父と知り合うことはなかった。しかしながらスクリャービン未亡人ヴェーラによって、スクリャービンの後期作品の最も正統的な演奏家として認められた。ソフロニツキーの演奏は、即興的でニュアンスに富んだ雰囲気と、軽く柔らかいタッチにおいてスクリャービン本人の演奏の特色を受け継いでおり、実際にソフロニツキーによるスクリャービン作品の録音は、比類ない演奏として多くから認められている。他にはショパンにも近親感を感じていたらしい。

18. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ガブリエラ・モンテーロ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ガブリエラ・モンテーロ

ベネズエラ出身でアメリカ合衆国で活躍するピアニスト・即興演奏家。スケールの大きいヴィルトゥオーゾ向けの作曲家を得意とする。また、バロックの作品にも愛着を寄せている。室内楽奏者としては、ルガーノ音楽祭での共演が縁となり、ゴーティエ・カプソンとも共演している。

19. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ

Claudio Arrau Chopin Nocturne 13 Op. 48 No 1

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アラウ,クラウディオ

南米チリ出身でアメリカを中心に活動したピアニスト。20世紀を代表するピアノの巨匠として知られた。
1941年、カーネギー・ホールにデビューし、翌年より本拠をアメリカに移す。第二次大戦後は南北アメリカ、東西ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍(日本には1965年初来日)。最晩年までコンサート・録音を精力的に行い、文字通り「巨匠」の名にふさわしい活躍をみせた。

20. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / イリヤ・ラシュコフスキー

Ilya Rashkovskiy plays Chopin Nocturne in C minor, Op.48 no.1 (Chopin Piano Competition 2010 - Stage 1)

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - イリヤ・ラシュコフスキー

98年ウラジミール・クライネフ国際コンクール優勝、2001 年、ロン=ティボー国際音楽コンクール第2位、05年香港国際ピアノ・コンクール(審査員長:アシュケナージ)優勝。02年に初来日。自在な表現、音楽性 の高さ、卓越した技巧は日本の聴衆からも絶大な支持を得ている。

21. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ピレシュ,マリア・ジョアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ピレシュ,マリア・ジョアン

ポルトガル出身の女性ピアニスト。リスボンで生まれた。日本では長らく「マリア・ジョアオ・ピリス」もしくは「マリア・ジョアン・ピリス」という表記と発音が広く定着している。幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け取った。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を師事。それから西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーとハノーファーに学ぶ。ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続け、1992年と1994年には、二人でヨーロッパ各地や日本での演奏旅行を行っている。1998年には、チェリストのジャン・ワンを加えたトリオとして、極東ツアーを行った。2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。

22. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。

23. 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番) / ショパン,フレデリック / イゴーシナ,ヴァレンティーナ

ライブ動画 何気なく入る出だしとかにイゴーシナさんのセンスを感じますね。 中間部以降のパッションで弾き切るところは意外と冷静。 良くメロディが歌えています。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 2つのノクターン 作品48 第1番 ハ短調 (第13番)

Op.48の二曲のノクターンの作曲時期は研究者によって見解が異なるが、1840年か41年に作曲された。弟子のロール・デュペレ嬢に献呈。自筆譜は見つかっていない。二作ともオペラの影響を色濃く反映した傑作である。

Op.48-1は、劇場のオーケストラを思わせるシンフォニックな書法を導入し、オペラ的効果を狙っている点で他のノクターンとは異なっている。他のノクターンとは違って、右手の「歌」は決してc音(ド)を越えることはない。つまり、右手の旋律は、一貫してソプラノ歌手をイメージして書かれていると考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - イゴーシナ,ヴァレンティーナ

ロシアの女性ピアニスト。 1997年第2回ラフマニノフピアノコンクール第1位。