ショパン ノクターン第5番 Op.15-2 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ノクターン第5番 Op.15-2 動画集

ショパンのノクターンの動画集です。

ショパン ノクターン Op.15-2

ショパン ノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Chopin Nocturnes Op.15, No.2 in F sharp major (No.5)

ショパン ノクターン 第5番 作品15-2です。
ショパン ノクターン動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / 鈴木 直美
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ヴェネツィアーノ,イレーネ
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / リグット,ブルーノ
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / アヴデーエワ,ユリアンナ
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / フランソワ,サンソン
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / エンゲラー,ブリジット
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ボレット,ホルヘ
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ピレシュ,マリア・ジョアン
3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

アルバム収録曲一覧

1. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / 鈴木 直美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 鈴木 直美

日本のピアニスト。国立音楽大学器楽部ピアノ専攻卒業。米国イースタンミシガン州立大学にて修士号(Master of Art)、ルイジアナ州立大学にて音楽芸術博士号(Doctor of Musical Art)を取得。近年は精力的に演奏活動を行うほか、後進の指導、コンクールでの審査活動とともに、ピティナ・ピアノ・ステップのアドヴァイザーとして日本各地で指導活動、トークコンサートのリクエストにも応えている。(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナ千葉外房ステーション代表。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ヴェネツィアーノ,イレーネ

優しくクリアで、丁寧な演奏。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

3. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / リグット,ブルーノ

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リグット,ブルーノ

フランスのピアニスト。パリ音楽院でリュセット・デカーヴにピアノを、ジャン・ユボーに室内楽を学ぶ。その後、これまで弟子をとらなかったサンソン・フランソワの唯一の弟子となり、ロン=ティボー国際コンクールのほか、チャイコフスキー国際コンクールで入賞。これまで、世界的に著名な指揮者やオーケストラと共演。また室内楽でも積極的に活動。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

5. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / アヴデーエワ,ユリアンナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アヴデーエワ,ユリアンナ

ロシア出身のピアニスト。グネーシン音楽学校(モスクワ)にてエレーナ・イワノヴァに師事。その後、チューリヒ音楽大学に留学し、卒業後に、師である同大学のコンスタンティン・シチェルバコフの助手をつとめた。
2006年、ジュネーヴ国際音楽コンクール、一位なしの第二位。2007年、パデレフスキー国際ピアノコンクール第二位。2008年から、コモ湖国際ピアノアカデミーで学ぶ。
2010年、ショパン国際ピアノコンクール第一位。合わせて、最優秀ソナタ演奏賞も受賞。マルタ・アルゲリッチ以来、45年ぶりの女性ピアニストの優勝者として注目を浴びた。同年の12月に来日し、NHK交響楽団と共演。

6. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

7. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アラウ,クラウディオ

南米チリ出身でアメリカを中心に活動したピアニスト。20世紀を代表するピアノの巨匠として知られた。
1941年、カーネギー・ホールにデビューし、翌年より本拠をアメリカに移す。第二次大戦後は南北アメリカ、東西ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍(日本には1965年初来日)。最晩年までコンサート・録音を精力的に行い、文字通り「巨匠」の名にふさわしい活躍をみせた。

8. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / フランソワ,サンソン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - フランソワ,サンソン

フランス作曲家の演奏を得意としていた。演奏はいつもフランス的なエスプリに溢れていて、いつも洒落ていた。

9. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / エンゲラー,ブリジット

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - エンゲラー,ブリジット

チュニジア出身のフランスのピアニスト。チュニスの生まれ。夫ヤン・ケフェレック(Yann Queff?lec)は有名な作家であり、その姉のアンヌ・ケフェレックはピアニスト仲間で、ラ・フォル・ジュルネやラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭で一緒に出演している。
パリ音楽院でリュセット・デカーヴの指導を受けた。9歳でシャンゼリゼ劇場でデビューを飾る。15歳でパリ音楽院で満場一致の一等賞を獲得する。1969年のロン=ティボー国際コンクールのピアノ部門で第6位を獲得し、モスクワ音楽院に招かれてスタニスラフ・ネイガウスの下で五年間研鑽を積んだ。その後、1978年にエリザベト王妃国際コンクールで第3位となった。晩年は、四手のピアノや二台のピアノの作品でボリス・ベレゾフスキー (ピアニスト)とペアを組んでいた。

10. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ボレット,ホルヘ

In Melbourn

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ボレット,ホルヘ

キューバ生まれのピアニスト・指揮者。一時フランス語読みの「ボレ」と表記されていたが、当人の出身地キューバの公用語であるスペイン語にもとづいて「ボレット」に表記が統一された。1939年から1942年まで母校カーティス音楽学校で教鞭を執るが、1942年に米軍に入隊し、GHQの一員として日本に派遣された。日本滞在中に、ギルバート&サリヴァンのオペレッタ『ミカド』の日本初演を指揮した。
ピアニストとして名声に恵まれるようになったのは、ようやく1970年代初頭になってからであり、カーネギーホールでの演奏によって評価を確かなものにした。ボレットは、ある批評家が述べたように、「長年の無視に傷ついていた」ものの、まさにあらん限りの能力を発揮した。その驚異的な演奏は、近年のフィリップス・レコードにおける「20世紀の偉大なるピアニスト」シリーズのCDでも確認することができる。

11. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ピレシュ,マリア・ジョアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ピレシュ,マリア・ジョアン

ポルトガル出身の女性ピアニスト。リスボンで生まれた。日本では長らく「マリア・ジョアオ・ピリス」もしくは「マリア・ジョアン・ピリス」という表記と発音が広く定着している。幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け取った。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を師事。それから西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーとハノーファーに学ぶ。ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続け、1992年と1994年には、二人でヨーロッパ各地や日本での演奏旅行を行っている。1998年には、チェリストのジャン・ワンを加えたトリオとして、極東ツアーを行った。2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。

12. 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番) / ショパン,フレデリック / ルービンシュタイン,アルトゥール

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品15 第2番 嬰ヘ長調 (第5番)

Op.15の3つのノクターンのうち、第1番と第2番は1831年又は32年に、第3番は1833年に作曲された。この曲を献呈されたドイツ人、ピアニスト兼作曲家フェルディナント・ヒラー(1811-1885)は、ショパンの信頼する数少ない音楽家で親友の一人で、演奏会で共演もしている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2002,2011年PTNA(ピティナ) F級課題曲

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルービンシュタイン,アルトゥール

ポーランド出身のピアニスト。「ショパン弾き」と言われるほどショパンの演奏は自然で気品に満ちている。90歳近くまで現役として演奏を続けていたため、録音が残されている。ショパンのイメージが強いが実は他の作曲家、室内楽での演奏(録音)にも名演が数多く存在する。