ショパン ノクターン第2番 Op.9-2 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ノクターン第2番 Op.9-2 動画集

ショパンのノクターンの動画集です。

ショパン ノクターン Op.9-2

ショパン ノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Chopin Nocturnes Op.9, No.2 in E flat major (No.2)

ショパン ノクターン 第2番 作品9-2です。
ショパンが最初に出版したノクターンです。
ショパンのノクターンの中で最も有名です。
ショパン ノクターン動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 西川 潤子
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 喜多 宏丞
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 鈴木 直美
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 岩野 めぐみ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 中川 京子
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / リグット,ブルーノ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 梅村 知世
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / シシュキン,ディミトリ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / フォイアーマン,エマーヌエル
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / フィラデルフィア管弦楽団
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 中村 紘子
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ボレット,ホルヘ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ホロヴィッツ,ウラディミール
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / エンゲラー,ブリジット
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 演奏者不明
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / エレツ,ツヴィ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ジェイコブセン,コリン
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / シュマルフス,ペーター
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ローリンド アルメイダ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / コー・ノルゲ
3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アチューカロ,ホアキン

アルバム収録曲一覧

1. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 西川 潤子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 西川 潤子

日本のピアニスト。桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。卒業後98年3月まで桐朋学園大学ソリストディプロマコース在籍。
1998年「第22回ピティナ・ピアノコンペティション」特級グランプリ。併せて文部大臣賞・読売新聞社賞・ミキモト賞受賞。2005年より、社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)主催「学校クラスコンサート」で、西東京市などの小学校を訪問しコンサートを行っている。
ソロ、室内楽、オーケストラとの共演など、国内のみならず世界各地で活躍し高い評価を得ている。また、演奏活動の傍ら、コンクールの審査等にも携わっている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 喜多 宏丞

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 喜多 宏丞

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程修了。現在、同大学院博士課程在籍。
第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会G級金賞・東京都知事賞・読売新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞。第77回日本音楽コンクール第1位・野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 寺嶋 陸也

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 寺嶋 陸也

日本の作曲家、ピアニスト。84年東京藝術大学音楽学部作曲科に入学。92年同大学院音楽研究科修士課程修了。在学中から作曲とピアノ演奏の両面で積極的に活動を行う。作品には、ほかにオペラ、混声合唱、ピアノ、朗読と箏、室内楽曲などがあり、邦楽器のための作品も多い。作品はこれまで国内はもとよりイタリア、イギリス、フランス、オランダ、アメリカ合衆国などでも演奏されている。作曲のほかにもピアニストとしてリサイタルなどの独奏をするほか、内外の著名な演奏家と数多く共演し、指揮やコンサートの企画など、活動は多方面にわたる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 鈴木 直美

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 鈴木 直美

日本のピアニスト。国立音楽大学器楽部ピアノ専攻卒業。米国イースタンミシガン州立大学にて修士号(Master of Art)、ルイジアナ州立大学にて音楽芸術博士号(Doctor of Musical Art)を取得。近年は精力的に演奏活動を行うほか、後進の指導、コンクールでの審査活動とともに、ピティナ・ピアノ・ステップのアドヴァイザーとして日本各地で指導活動、トークコンサートのリクエストにも応えている。(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナ千葉外房ステーション代表。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 岩野 めぐみ

音源:DVD「岩野めぐみ ピアノリサイタル Vol.7 ~心の内面を映し出すロマンティズム~」より 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 岩野 めぐみ

日本のピアニスト。桐朋大学音楽学部ピアノ演奏学科卒業。ウィーン国立音楽大学大学院修士課程修了。MAGISTRA DER KUNSTE」(芸術修士)の称号を取得。現在ソロ演奏活動他、声楽、室内楽の伴奏ピアニストのほか、PTNAピアノコンペティション、ヤマハ(YPF)ピアノフェスティバル、クラシック音楽コンクールなどの審査員を務めている。 全日本ピアノ指導者協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 中川 京子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / リグット,ブルーノ

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リグット,ブルーノ

フランスのピアニスト。パリ音楽院でリュセット・デカーヴにピアノを、ジャン・ユボーに室内楽を学ぶ。その後、これまで弟子をとらなかったサンソン・フランソワの唯一の弟子となり、ロン=ティボー国際コンクールのほか、チャイコフスキー国際コンクールで入賞。これまで、世界的に著名な指揮者やオーケストラと共演。また室内楽でも積極的に活動。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

8. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 梅村 知世

第34回 ピティナ・ピアノコンペティション 入賞者記念コンサート in 大阪 2011年4月30日(土) ザ・フェニックスホール 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 梅村 知世

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を首席で卒業。第29回ピティナ・ピアノコンペティション、G級 全国決勝大会 金賞・東京都知事賞・讀賣新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞・洗足学園前田賞受賞。2010年、第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞し、併せて文部科学大臣賞、讀賣新聞社賞、王子ホール賞、東京シティ・フィル賞受賞。2012年、第14回ピネローロ国際コンクール(イタリア)にて第4位。日本を代表する指揮者ともに、東京交響楽団、東京フィル、東京シティフィル、岡山フィルなどと多数共演。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

9. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / シシュキン,ディミトリ

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第2次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 2nd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - シシュキン,ディミトリ

ロシアのピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第6位。

10. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ラフマニノフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラフマニノフ,セルゲイ

ロシアの作曲家。ピアニストとしても歴史的な名演を残している。

2Mに近い体躯を持つ。マルファン症候群(=遺伝病。一般に身長は高く、指が長く、しばしば強度の憂鬱症を伴う)だったのではないかともいわれている。確かに彼は憂鬱な一生を過ごしていたようである。

ロシア革命を避けてアメリカに亡命した後半生は当時最高のピアニストとして大活躍をしてたのにもかかわらず、いつも何かに悩んでいたようである。しかし、その悩みが彼独自のメランコリックでロマンティックな作風につながったともいえそうである。

11. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

12. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カツァリス,シプリアン

マルセイユでギリシア系キプロス人の家庭に生まれる。両親と共にアフリカのカメルーンに移住。4歳でピアノのレッスンを始める。
1964年、パリ音楽院に入学。ピアノをアリーヌ・ヴァン・バランヅァンとモニーク・ド・ラ・ブリュショルリに師事。1969年、ピアノで最優秀賞を受ける。さらに室内楽をルネ・ルロワとジャン・ユボーに学び、1970年に最優秀賞を受ける。
1966年5月8日、シャンゼリゼ劇場にて、パリで最初の公開コンサートを開く。
1974年、ヴェルサイユでジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクールに出場し、最優秀賞を受けたことが彼のキャリアの始まりとなった。。
演奏は超絶技巧的な面と詩人的な面を併せ持ち、内声の処理が非常に巧みである。
現在は、カツァリス自身が設立したレーベル「PIANO21」において様々なレコーディングや自身の過去の録音の復刻を行っている。

13. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / フォイアーマン,エマーヌエル

チェロヴァージョンの演奏です。チェロの情緒あふれる音色が曲の雰囲気にぴったりです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - フォイアーマン,エマーヌエル

ロシア帝国出身のオーストリアおよびアメリカのチェリスト。

14. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / フィラデルフィア管弦楽団

オーケストラヴァージョンの演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

15. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 中村 紘子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 中村 紘子

1965年、第7回ショパン国際ピアノコンクールで第4位入賞と最年少者賞を併せて受賞。以後、国内・海外で演奏活動を続ける。その一方で、ショパン、チャイコフスキー、アルトゥール・ルービンシュタインはじめとする様々な国際コンクールの審査員を務める。日本では第3回浜松国際ピアノコンクールから審査委員長を務め(第1回は小林仁、第2回は安川加寿子)、コンクール創立10年たらずで国際ピアノコンクール連盟に加盟させるなど一級レベルの国際ピアノコンクールにまで持ち上げ、若いピアニストの育成にも力を入れている。

16. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ボレット,ホルヘ

すっきりとした気品のある演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ボレット,ホルヘ

キューバ生まれのピアニスト・指揮者。一時フランス語読みの「ボレ」と表記されていたが、当人の出身地キューバの公用語であるスペイン語にもとづいて「ボレット」に表記が統一された。1939年から1942年まで母校カーティス音楽学校で教鞭を執るが、1942年に米軍に入隊し、GHQの一員として日本に派遣された。日本滞在中に、ギルバート&サリヴァンのオペレッタ『ミカド』の日本初演を指揮した。
ピアニストとして名声に恵まれるようになったのは、ようやく1970年代初頭になってからであり、カーネギーホールでの演奏によって評価を確かなものにした。ボレットは、ある批評家が述べたように、「長年の無視に傷ついていた」ものの、まさにあらん限りの能力を発揮した。その驚異的な演奏は、近年のフィリップス・レコードにおける「20世紀の偉大なるピアニスト」シリーズのCDでも確認することができる。

17. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ホロヴィッツ,ウラディミール

ルバートが自然で美しい演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ホロヴィッツ,ウラディミール

ウクライナ生まれのアメリカのピアニスト。最後のヴィルティオーゾ(巨匠)スタイルのピアニストと言われている。ロシアで生まれ、その後亡命して後半生はアメリカを中心に演奏家として活躍した。

チャールズ皇太子が、ダイアナが第一子を生んだ時に演奏に来てほしいとホロヴィッツに頼んだ時は、「コンコルドでロンドンに行けるなら演奏してもよい」と発言し、本当にコンコルドでに乗って出かけた(もちろん、イレギュラーで)、という今となっては伝説化しているエピソードもある。

途中、演奏を中断していた時期もありましたが、「復活」のリサイタルは、歴史的なカムバックとしてライブが残されています。

18. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / カツァリス,シプリアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - カツァリス,シプリアン

マルセイユでギリシア系キプロス人の家庭に生まれる。両親と共にアフリカのカメルーンに移住。4歳でピアノのレッスンを始める。
1964年、パリ音楽院に入学。ピアノをアリーヌ・ヴァン・バランヅァンとモニーク・ド・ラ・ブリュショルリに師事。1969年、ピアノで最優秀賞を受ける。さらに室内楽をルネ・ルロワとジャン・ユボーに学び、1970年に最優秀賞を受ける。
1966年5月8日、シャンゼリゼ劇場にて、パリで最初の公開コンサートを開く。
1974年、ヴェルサイユでジョルジュ・シフラ国際ピアノコンクールに出場し、最優秀賞を受けたことが彼のキャリアの始まりとなった。。
演奏は超絶技巧的な面と詩人的な面を併せ持ち、内声の処理が非常に巧みである。
現在は、カツァリス自身が設立したレーベル「PIANO21」において様々なレコーディングや自身の過去の録音の復刻を行っている。

19. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

20. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アラウ,クラウディオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アラウ,クラウディオ

南米チリ出身でアメリカを中心に活動したピアニスト。20世紀を代表するピアノの巨匠として知られた。
1941年、カーネギー・ホールにデビューし、翌年より本拠をアメリカに移す。第二次大戦後は南北アメリカ、東西ヨーロッパ、アジアなど世界的に活躍(日本には1965年初来日)。最晩年までコンサート・録音を精力的に行い、文字通り「巨匠」の名にふさわしい活躍をみせた。

21. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / エンゲラー,ブリジット

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - エンゲラー,ブリジット

チュニジア出身のフランスのピアニスト。チュニスの生まれ。夫ヤン・ケフェレック(Yann Queff?lec)は有名な作家であり、その姉のアンヌ・ケフェレックはピアニスト仲間で、ラ・フォル・ジュルネやラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭で一緒に出演している。
パリ音楽院でリュセット・デカーヴの指導を受けた。9歳でシャンゼリゼ劇場でデビューを飾る。15歳でパリ音楽院で満場一致の一等賞を獲得する。1969年のロン=ティボー国際コンクールのピアノ部門で第6位を獲得し、モスクワ音楽院に招かれてスタニスラフ・ネイガウスの下で五年間研鑽を積んだ。その後、1978年にエリザベト王妃国際コンクールで第3位となった。晩年は、四手のピアノや二台のピアノの作品でボリス・ベレゾフスキー (ピアニスト)とペアを組んでいた。

22. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / 演奏者不明

Nocturne in E-flat major, opus 9, number 2, piano solo, by Frederic Chopin, performed by Stephen Malinowski, accompanied by an animated score. FAQ To download this video or make a contribution to supp

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

23. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

Nice bit of chillout from Chopin

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

24. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / エレツ,ツヴィ

iTunes link itunes.apple.com Tzvi Erez plays Chopin's Nocturne Opus 9 No. 2 in E flat major on a 1912 Bosendorfer. Better Video Quality. No Commentary. Recorded 2003. P & C Niv Classical Records. www.

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - エレツ,ツヴィ

イスラエル出身のピアニスト。

25. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ジェイコブセン,コリン

Colin Jacobsen, violinist, plays Chopin's Nocturne Op. 9 No. 2, arranged for violin and piano by Sarasate. Recorded for The Omega Ensemble at Fifth Avenue Presbyterian Church,NYC, on April 6, 2003. ww

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

26. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / シュマルフス,ペーター

Chopin Nocturne for Piano No 9

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - シュマルフス,ペーター

ドイツ出身のピアニスト。

27. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

Yundi Li, the brilliant young Chinese pianist has proved a technically astounding pianist who is by turns elegant and rambunctious, coolly expressive and white hot. - The New York Times

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

28. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / ローリンド アルメイダ

Chopin's Nocturne No. 2 in E flat major, Op. 9, No. 2 (arr. L. Almeida guitar)

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ローリンド アルメイダ

ブラジル生まれのギター奏者

29. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / コー・ノルゲ

ギターソロによる演奏。 ピアノとは違った味がありますね。懐かしさと優しさがアップする気がします。 ギターはピアノより演奏すること自体が難しい楽器です。名演だと想います。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - コー・ノルゲ

近年、アメリカやヨーロッパで商業的成功を収めている、デンマーク出身のクラシックギタリスト。

30. 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番) / ショパン,フレデリック / アチューカロ,ホアキン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 3つのノクターン 作品9 第2番 変ホ長調 (第2番)

Op.9の3つのノクターンは、ショパンが最初に出版したノクターンである。成立年代は諸説あるが、1830年からショパンがパリに到着する31年にかけて作曲されたとする見解が大勢を占める。楽器製造社カミーユ・プレイエルの妻で著名なピアニストだったカミーユ・モーク(マリー・モーク, 1811-1875)に献呈。

Op.9-2は言うまでもなく、ショパンのノクターンの中で最も知られたもので、ショパンの死後、ヴァイオリン、チェロ、声楽用などの編曲が盛んに作られた。全体を通じて、左手が一貫して同じ伴奏型を続け、その上で右手の旋律が歌われる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



言わずと知れたノクターンの名曲です。ショパンの中でも1・2を争う人気の曲。甘美な旋律の美しさはショパンならではです。映画「愛情物語」でも使われました。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アチューカロ,ホアキン

スペインのピアニスト。