ショパン マズルカ第6番 Op.7-2 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン マズルカ第6番 Op.7-2 動画集

ショパンのマズルカの動画集です。

ショパン マズルカ Op.7-2

ショパン マズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番)

Chopin Mazurukas Op.7, No.2 in A minor (No.6)

ショパン マズルカ 第6番 作品7-2です。
ショパン マズルカ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番) / ショパン,フレデリック / 佐藤 展子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番)

Op.7の5つのマズルカは、ラ・ヌーヴェル・オルレアンのポール・エミール・ジョーンズ氏に捧げられている。

2曲目のイ短調は、中間部に半音階的和声が特徴的なマズルを持つクヤヴィアクである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 佐藤 展子

日本のピアニスト。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学院修士課程修了。英国王立音楽院に奨学金を得て短期留学。第25回ピティナ・ピアノコンペティション特級金賞グランプリ受賞。現在、東京音楽大学非常勤講師。ソロ活動のほか、アンサンブルピアニストとしても国内外で活動。また、全日本ピアノ指導者協会主催「学校クラスコンサート」には2005年開始当初から出演、これまでに全国各地130校を超える小学校でコンサートを行う。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番) / ショパン,フレデリック / 喜多 宏丞

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番)

Op.7の5つのマズルカは、ラ・ヌーヴェル・オルレアンのポール・エミール・ジョーンズ氏に捧げられている。

2曲目のイ短調は、中間部に半音階的和声が特徴的なマズルを持つクヤヴィアクである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 喜多 宏丞

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程修了。現在、同大学院博士課程在籍。
第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会G級金賞・東京都知事賞・読売新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞。第77回日本音楽コンクール第1位・野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番)

Op.7の5つのマズルカは、ラ・ヌーヴェル・オルレアンのポール・エミール・ジョーンズ氏に捧げられている。

2曲目のイ短調は、中間部に半音階的和声が特徴的なマズルを持つクヤヴィアクである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

4. 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

Vladimir Ashkenazy plays Chopin Mazurkas Op. 7 No. 1 - 5. No. 1 in B Dur (b flat major). No. 2 in a moll (a minor). No. 3 in f moll (f minor). No. 4 in As Dur (a flat major). No. 5 in C Dur (c major).

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番)

Op.7の5つのマズルカは、ラ・ヌーヴェル・オルレアンのポール・エミール・ジョーンズ氏に捧げられている。

2曲目のイ短調は、中間部に半音階的和声が特徴的なマズルを持つクヤヴィアクである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

5. 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番) / ショパン,フレデリック / ビレット,イディル

00:00 - Op.6 09:27 - Op.7 20:39 - Op.17 36:34 - Op.24 50:06 - Op.30 01:01:06 - Op.33 01:13:01 - Op.41 01:23:25 - Op.50 01:34:48 - Op.56 01:49:25 - Op.59 02:01:13 - Op.63 02:08:20 - Op.posth.67 02:15:4

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 5つのマズルカ 作品7 第2番 イ短調 (第6番)

Op.7の5つのマズルカは、ラ・ヌーヴェル・オルレアンのポール・エミール・ジョーンズ氏に捧げられている。

2曲目のイ短調は、中間部に半音階的和声が特徴的なマズルを持つクヤヴィアクである。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ビレット,イディル

トルコの女流ピアニスト。ナディア・ブーランジェとアルフレッド・コルトーに学んだミトハト・フェンメンに5歳で入門してピアノを始める。7歳のとき、トルコ議会が特別法を通過させたおかげで、幼くして留学が可能となり、パリ音楽院に入学し、15歳のとき3つの部門で受賞して卒業。その後はコルトーやヴィルヘルム・ケンプに師事してさらに研鑚を積んだ。16歳から数々の国際的に名高いオーケストラと共演。ビレットのレパートリーは幅広く、盛期古典派音楽から現代音楽にまで跨っている。代表的なものとして1990年代から2000年代にナクソス・レーベルより発表された。