ショパン 練習曲 Op.10 第4番 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン 練習曲 Op.10 第4番 動画集

ショパンの練習曲の動画集です。

ショパン 練習曲 Op.10-4

ショパン 練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

Chopin Etudes Op10, No.4 in C sharp minor “Torrent” (No.4)

ショパン 練習曲作品10-4です。
ショパン 練習曲動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 西中 知代
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 小林 愛実
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ガヴリリュク,アレクサンダー
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / バルツァーニ,ヴィンツェンツォ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 小林 愛実
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ルガンスキー,ニコライ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 辻井 伸行
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ポリー二,マウリッツオ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / エリソ・ヴェルサラーゼ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / タチアナ・シェバノワ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ラグナ・シルマー
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / グリャズノフ,ヴャチェスラフ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / エフゲニーヤコブレフ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ピエール・フェロー
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ペライア,マレイ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / フランソワ,サンソン
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / チェルカスキー,シューラ
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ベレゾフスキー,ボリス
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ホロヴィッツ,ウラディミール
12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

アルバム収録曲一覧

1. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 西中 知代

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 西中 知代

日本のピアニスト。松阪女子短期大学音楽科ピアノ専攻卒業。佛教大学文学部英文学科英米文学専攻卒業。国立兵庫教育大学大学院(修士課程)芸術系(音楽)コース修了。2000年 オーディションにより、ロシア国立モスクワ音楽院 国際サマースクールに学ぶ。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 小林 愛実

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 小林 愛実

日本のピアニスト。3歳からピアノを始め、7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。2004年ピティナJr.G級(16歳以下)出場最年少の8歳で金賞。2005年全日本学生音楽コンクール史上最年少優勝。。第5回福田靖子賞。2010年EMI ClassicsよりCDメジャーデビュー、発売記念のリサイタル(浜離宮朝日ホール)は完売、追加公演として、サントリーホール大ホールで日本人最年少となるリサイタルを開催した。

3. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ガヴリリュク,アレクサンダー

力強いが繊細で緻密な演奏。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ガヴリリュク,アレクサンダー

ウクライナのハリコフ出身のピアニスト。1998年オーストラリア音楽学校及びセント・アンドリュース カテドラル学院の奨学生としてシドニーに移住。その後、1999年ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール第1位、2000年11月に行われた第4回浜松国際ピアノコンクールで、審査員満場一致で第1位に輝いた。すでに国内外での演奏経験も豊富で、これまでに各国のオーケストラと共演している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / バルツァーニ,ヴィンツェンツォ

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - バルツァーニ,ヴィンツェンツォ

イタリアのピアニスト。

5. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 小林 愛実

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第1次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 1st stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 小林 愛実

日本のピアニスト。3歳からピアノを始め、7歳でオーケストラと共演、9歳で国際デビューを果たす。2004年ピティナJr.G級(16歳以下)出場最年少の8歳で金賞。2005年全日本学生音楽コンクール史上最年少優勝。。第5回福田靖子賞。2010年EMI ClassicsよりCDメジャーデビュー、発売記念のリサイタル(浜離宮朝日ホール)は完売、追加公演として、サントリーホール大ホールで日本人最年少となるリサイタルを開催した。

6. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ルガンスキー,ニコライ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ルガンスキー,ニコライ

ロシアのピアニスト。タチアナ・ケストナー、タチアナ・ニコラーエワ、セルゲイ・ドレンスキーらに師事。正確無比な演奏技巧、安定した演奏技巧と豊かな情緒が特徴的で、とりわけラフマニノフ作品の解釈で知られており、世界各地でオーケストラと共演を続けるほか、1994年のチャイコフスキー国際コンクールピアノ部門における(1位なしの)2位を頂点に、数々の世界的な音楽コンクールでも優れた業績を残してきた。1992年にザルツブルク・モーツァルテウムより最優秀ピアニストとして表彰された。現在はモスクワ音楽院で教鞭を執る。

7. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

8. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / 辻井 伸行

2009 Cliburn Competition 2009年クライバーンコンクールライブより

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 辻井 伸行

東京都豊島区出身のピアニスト。

これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事している。

2009年6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日本人として初の優勝である。同年7月13日、台東区民栄誉章を受章した。

9. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ポリー二,マウリッツオ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ポリー二,マウリッツオ

イタリアのミラノ出身のピアニスト。1957年、15歳でジュネーブ国際コンクール第2位。1958年の同コンクールで1位なしの第2位。1959年のポッツォーリ・コンクールで優勝。
1960年、18歳で第6回ショパン国際ピアノコンクールに審査員全員一致で優勝。審査委員長のが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べ、一躍国際的な名声を勝ち取る。

しかし、その後10年近く、表だった演奏活動から遠ざかっていた。1968年に演奏活動に復帰し、1971年よりドイツ・グラモフォンから録音作品を発売開始。

10. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / エリソ・ヴェルサラーゼ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - エリソ・ヴェルサラーゼ

グルジアで有名な音楽教師であった祖母アナスターシヤ・ヴィルサラーゼよりピアノの指導を受けた後、トビリシ音楽院で学んだ。卒業後さらにモスクワ音楽院でゲンリフ・ネイガウスとヤコフ・ザークに学んだ。教育者としても名高い存在で、1967年にモスクワ音楽院の教員に迎えられ、1994年に[正教授に就任した。1995年からは[要出典]ミュンヘン音楽大学でも教壇に立っている。

11. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / タチアナ・シェバノワ

1849年製エラールのピアノで弾いているようです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - タチアナ・シェバノワ

1953年、モスクワの生まれ。モスクワ音楽院付属中央音楽学校でタチアナ・ケースネル、モスクワ音楽院でヴィクトル・メルジャノフに師事し、1969年、16歳の年には「プラハの春」国際音楽コンクール第1位を獲得。1976年のジュネーヴ国際音楽コンクールでも第1位、1980年、ショパン国際ピアノ・コンクールではダン・タイ・ソンに次いで第2位を受賞し、同時にショパン協会からの2つの特別賞(ポロネーズ賞、協奏曲賞)も受賞、一躍世界にその名を知られた。

12. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ラグナ・シルマー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

13. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / グリャズノフ,ヴャチェスラフ

2012年3月のモスクワチャイコフスキー音楽院でのコンサートライブ。作品12と25全24曲を一気に弾き切ってしまうエネルギーとヴァイタリティには脱帽です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - グリャズノフ,ヴャチェスラフ

第3回仙台国際音楽コンクール入賞。現在モスクワ音楽院で教鞭をとっている。

14. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / エフゲニーヤコブレフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

15. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ピエール・フェロー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

16. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ペライア,マレイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ペライア,マレイ

アメリカのピアニスト、指揮者。ニューヨーク生まれ。ギリシャのテサロニキに起源を持つセファルディムで、1935年、父親の代に米国へ移住した家庭の出身。母語はジュデズモ語。熱心なユダヤ教徒でもある。確実な演奏には定評がある。

17. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / フランソワ,サンソン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - フランソワ,サンソン

フランス作曲家の演奏を得意としていた。演奏はいつもフランス的なエスプリに溢れていて、いつも洒落ていた。

18. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / チェルカスキー,シューラ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - チェルカスキー,シューラ

ウクライナ出身のユダヤ系アメリカ人ピアニスト。本名アレクサンドル・イサーコヴィチ・チェルカスキー.

19. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ベレゾフスキー,ボリス

ライブ版

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ベレゾフスキー,ボリス

モスクワ出身のロシアのピアニスト。1990年チャイコフスキーコンクールで第1位に輝き、演奏のキャリアが始まった。

20. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / アシュケナージ,ウラディーミル

始めから~作品10-3「別れの曲」4分19秒から~作品10-4

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - アシュケナージ,ウラディーミル

旧ソヴィエト連邦出身のピアニスト・指揮者。ヘブライ語の姓(「ドイツ人」の意)が示す通り父方はユダヤ系だが、母は非ユダヤ系のロシア人である。

1937年にロシアのゴーリキー生まれた。1955年にはワルシャワで開催されたショパン国際ピアノコンクールに出場し2位に輝いた。この時にアシュケナージが優勝を逃したことに納得できなかったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリが審査員を降板する騒動を起こしたことはよく知られている。

最近はN響などの音楽監督(指揮者)としても活躍中だが、ピアニストしても現在でも一流の演奏家。

21. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / ホロヴィッツ,ウラディミール

1973年頃の録音らしく、白黒写真+音(多分レコーディングされたもの)です。音質もあまり良くないです。しかし、ホロヴィッツの当時のテクニックのすごさは充分伝わります。特に左でがすごいですね。オクターブのパッセージとかのキレが尋常ではないです。生で見たかったです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ホロヴィッツ,ウラディミール

ウクライナ生まれのアメリカのピアニスト。最後のヴィルティオーゾ(巨匠)スタイルのピアニストと言われている。ロシアで生まれ、その後亡命して後半生はアメリカを中心に演奏家として活躍した。

チャールズ皇太子が、ダイアナが第一子を生んだ時に演奏に来てほしいとホロヴィッツに頼んだ時は、「コンコルドでロンドンに行けるなら演奏してもよい」と発言し、本当にコンコルドでに乗って出かけた(もちろん、イレギュラーで)、という今となっては伝説化しているエピソードもある。

途中、演奏を中断していた時期もありましたが、「復活」のリサイタルは、歴史的なカムバックとしてライブが残されています。

22. 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番) / ショパン,フレデリック / リシッツァ,ヴァレンティーナ

ライブ演奏は迫力がありますね。 テンポもかなり速めですね。でも、あまりごまかしてはいません。音質があまり良くないのが残念です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 12の練習曲 作品10 第4番 嬰ハ短調 (第4番)

ショパンは先達の練習曲集にはない「独自の方法で」自らの練習曲を書いた。すなわち各曲には、高度な練習曲は高度な音楽であるはずだ、というショパンの信念が反映されている。これが単なる学習課題の範疇を超えて今日広く愛されているのは、美しい旋律と和声が織り成す抒情性、まさに高度な音楽であるが故だろう。



第4番のような旋律の作り方は、以前には「紡ぎ出し」と呼ばれたもの。細かな動機が変奏や転回によって徐々に発展してゆく。

練習課題は、正確で粒の揃った右手の発音、各部のコントラスト。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンエチュード作品10-4はのだめカンタービレでのだめ(上野樹理)が演奏していた曲ですね。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシッツァ,ヴァレンティーナ

ウクライナ生まれのピアニスト。現在、アメリカ合衆国に在住し、世界各地で演奏活動を行っている。夫のアレクセイ・クズネツォフもピアニストで、リシッツァとピアノデュオを演奏する。ベーゼンドルファー社製のピアノを愛用。