ショパン ピアノソナタ 第3番全楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ピアノソナタ 第3番全楽章 動画集

ショパンのピアノソナタの動画集です。

ショパン ピアノソナタ 第3番 ロ短調 Op.58

ショパン ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58 全楽章

Chopin Piano Sonata No.3 in B minor Op.58 All movements

ショパン ピアノソナタ第3番全楽章です。
ショパンの円熟期の一作です。
ショパン ピアノソナタ動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / 佐藤 展子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 佐藤 展子

日本のピアニスト。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学院修士課程修了。英国王立音楽院に奨学金を得て短期留学。第25回ピティナ・ピアノコンペティション特級金賞グランプリ受賞。現在、東京音楽大学非常勤講師。ソロ活動のほか、アンサンブルピアニストとしても国内外で活動。また、全日本ピアノ指導者協会主催「学校クラスコンサート」には2005年開始当初から出演、これまでに全国各地130校を超える小学校でコンサートを行う。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / 高橋 美幸

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 高橋 美幸

日本のピアニスト。

3. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 山辺 絵理

日本のピアニスト。14歳で東京にてリサイタルを開催、古典からロマン、近現代と幅広いレパートリーで確実なテクニックと柔軟な音楽性で表現し大成功を収めた。国内はもとより、海外では13歳でアメリカでの演奏会を皮切りに各国にてソロ演奏会及び協奏曲の演奏会に出演。17歳でポーランドにて「第3回若い音楽家の為のアルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」で最年少入賞。 スイスにて「第56回ジュネーブ国際音楽コンクール」で最年少ディプロマ賞受賞。2001年よりロンドンに留学。東京とロンドンの往復で二つの音楽大学に在籍。東京音楽大学「ピアノ演奏家コース」と英国王立音楽大学大学院「アーティストディプロマコース」を首席で卒業。現在ロンドンを拠点に活躍中。社団法人全日本ピアノ指導者協会学生会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / 金田 真理子

音源:CD[ピアノ特別講座]より 1995年6月28日 名古屋芸大音楽講堂にて
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 金田 真理子

日本のピアニスト。パリ国立高等音楽院をプルミエプリを取って卒業。マネス音楽院で修士号を、博士号をニューヨーク市立大学大学院で取得。
モントリオール国際ピアノコンクール、マリア・カナルス国際ピアノコンクールに入賞。国内外で交響楽団戸の共演、リサイタルを行う。また、室内楽奏者としても活発に活動。
2004年オハイオ・ウェズレヤン大学准教授に就任。ピティナ正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / 桑原 志織

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 桑原 志織

日本のピアニスト。2009年、第3回ベーテンピアノコンクール中学生部門全国大会第1位。2010年、第20回日本クラシック音楽コンクール中学生部門全国大会第3位。第34回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会Jr.G級ベスト賞。2011年、第35回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会G級ベスト賞。2013年、第37回ピティナ・ピアノコンペティション特級銀賞。現在、東京藝術大学在学中。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / シュー・ジー

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - シュー・ジー

中国のピアニスト。

7. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / キム・スーヨン

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キム・スーヨン

韓国のピアニスト。

8. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / ユリニッチ,アリョーシャ

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ユリニッチ,アリョーシャ

クロアチアのピアニスト。

9. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / オソキンス,ジョルジ―

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - オソキンス,ジョルジ―

リトヴィアのピアニスト。

10. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / リシャール=アムラン,シャルル

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシャール=アムラン,シャルル

カナダのピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第2位。

11. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / リュウ,ケイト

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リュウ,ケイト

アメリカ合衆国のピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第3位。

12. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章 / ショパン,フレデリック / クズネツォフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 全楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

第2楽章 変ホ長調

スケルツォ。ショパンは深刻な内容のスケルツォを何曲か書いたが、このスケルツォは本来の諧謔的な内容を持つ。短い楽章だが、軽快で即興的でピアニスティックな効果が生きている。

第3楽章 ロ長調

ゆったりした甘美な楽章。中間部に移っても曲想の大きな変化はなく冗長なきらいがあるが、この楽章の長さが曲全体の時間的均衡を絶妙に保っている。

第4楽章 ロ短調

フィナーレ。これは、ショパンの『熱情』と称される程に力強い楽章。ヴィルトゥオーゾ的な技巧を要し、華麗で堂々たる表情をしだいに高揚させ、圧倒的な力感溢れるままに曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。4楽章は曲が進むにつれて技巧的にもどんどん展開して最後は勝利の行進みたいにです。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - クズネツォフ,セルゲイ

ロシア,モスクワ出身。モスクワ音楽院卒。V. アリストヴァ,M. ボスクレセンスキー,O. マイセンバーグに師事。1999年A.M.A. カラブリア国際ピアノコンクール第1位,2003年ゲザ・アンダ国際ピアノコンクール 第2位, パブリック賞,2005年クリーヴランド国際ピアノコンクール第2位受賞。