ショパン ピアノソナタ 第3番1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ショパン ピアノソナタ 第3番1楽章 動画集

ショパンのピアノソナタの動画集です。

ショパン ピアノソナタ 第3番 ロ短調 Op.58 第1楽章

ショパン ピアノソナタ 第3番 ロ短調 作品58 第1楽章

Chopin Piano Sonata No.3 in B minor Op.58 1st mov.

ショパン ピアノソナタ第3番第1楽章です。
ショパンの円熟期の一作です。
ショパン ピアノソナタ動画集一覧はこちら
アルバム収録曲
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 佐藤 展子
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 高橋 美幸
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 野口 文恵
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 金田 真理子
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 桑原 志織
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / シュー・ジー
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / キム・スーヨン
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ユリニッチ,アリョーシャ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / オソキンス,ジョルジ―
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リシャール=アムラン,シャルル
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リュウ,ケイト
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポゴレリッチ,イーヴォ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / クズネツォフ,セルゲイ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポリー二,マウリッツオ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポゴレリッチ,イーヴォ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポゴレリッチ,イーヴォ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ピレシュ,マリア・ジョアン
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ギレリス,エミール
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 辻井 伸行
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ
ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ラン・ラン

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 佐藤 展子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 佐藤 展子

日本のピアニスト。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学院修士課程修了。英国王立音楽院に奨学金を得て短期留学。第25回ピティナ・ピアノコンペティション特級金賞グランプリ受賞。現在、東京音楽大学非常勤講師。ソロ活動のほか、アンサンブルピアニストとしても国内外で活動。また、全日本ピアノ指導者協会主催「学校クラスコンサート」には2005年開始当初から出演、これまでに全国各地130校を超える小学校でコンサートを行う。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 高橋 美幸

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 高橋 美幸

日本のピアニスト。

3. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 野口 文恵

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 野口 文恵

日本のピアニスト。国立音楽大学ピアノ科卒業。シュトゥットガルト国立音楽大学ドイツリート科修了。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 山辺 絵理

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 山辺 絵理

日本のピアニスト。14歳で東京にてリサイタルを開催、古典からロマン、近現代と幅広いレパートリーで確実なテクニックと柔軟な音楽性で表現し大成功を収めた。国内はもとより、海外では13歳でアメリカでの演奏会を皮切りに各国にてソロ演奏会及び協奏曲の演奏会に出演。17歳でポーランドにて「第3回若い音楽家の為のアルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」で最年少入賞。 スイスにて「第56回ジュネーブ国際音楽コンクール」で最年少ディプロマ賞受賞。2001年よりロンドンに留学。東京とロンドンの往復で二つの音楽大学に在籍。東京音楽大学「ピアノ演奏家コース」と英国王立音楽大学大学院「アーティストディプロマコース」を首席で卒業。現在ロンドンを拠点に活躍中。社団法人全日本ピアノ指導者協会学生会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 金田 真理子

音源:CD[ピアノ特別講座]より 1995年6月28日 名古屋芸大音楽講堂にて
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 金田 真理子

日本のピアニスト。パリ国立高等音楽院をプルミエプリを取って卒業。マネス音楽院で修士号を、博士号をニューヨーク市立大学大学院で取得。
モントリオール国際ピアノコンクール、マリア・カナルス国際ピアノコンクールに入賞。国内外で交響楽団戸の共演、リサイタルを行う。また、室内楽奏者としても活発に活動。
2004年オハイオ・ウェズレヤン大学准教授に就任。ピティナ正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 桑原 志織

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 桑原 志織

日本のピアニスト。2009年、第3回ベーテンピアノコンクール中学生部門全国大会第1位。2010年、第20回日本クラシック音楽コンクール中学生部門全国大会第3位。第34回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会Jr.G級ベスト賞。2011年、第35回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会G級ベスト賞。2013年、第37回ピティナ・ピアノコンペティション特級銀賞。現在、東京藝術大学在学中。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / シュー・ジー

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - シュー・ジー

中国のピアニスト。

8. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / キム・スーヨン

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キム・スーヨン

韓国のピアニスト。

9. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ユリニッチ,アリョーシャ

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ユリニッチ,アリョーシャ

クロアチアのピアニスト。

10. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / オソキンス,ジョルジ―

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - オソキンス,ジョルジ―

リトヴィアのピアニスト。

11. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リシャール=アムラン,シャルル

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リシャール=アムラン,シャルル

カナダのピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第2位。

12. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リュウ,ケイト

第17回国際ショパンピアノコンクール(2015) 第3次予選 / The 17th International Chopin Piano Competition (2015) 3rd stage

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リュウ,ケイト

アメリカ合衆国のピアニスト。2015年第17回ショパン国際ピアノコンクール第3位。

13. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポゴレリッチ,イーヴォ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ポゴレリッチ,イーヴォ

クロアチアのピアニスト。ユーゴスラビアの首都ベオグラード生まれ。1980年、22歳のとき当時43歳の師の女流奏者アリザ・ケゼラーゼと結婚したり、弱音指定の箇所を強打するなど型破りなことでも知られる。
1980年ショパンコンクールでは、ポゴレリッチが決勝に進めなかったことが大きな社会問題になり、逆に彼のを名を世界に知らしめた。

14. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / クズネツォフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - クズネツォフ,セルゲイ

ロシア,モスクワ出身。モスクワ音楽院卒。V. アリストヴァ,M. ボスクレセンスキー,O. マイセンバーグに師事。1999年A.M.A. カラブリア国際ピアノコンクール第1位,2003年ゲザ・アンダ国際ピアノコンクール 第2位, パブリック賞,2005年クリーヴランド国際ピアノコンクール第2位受賞。

15. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポリー二,マウリッツオ

楽譜と共に

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ポリー二,マウリッツオ

イタリアのミラノ出身のピアニスト。1957年、15歳でジュネーブ国際コンクール第2位。1958年の同コンクールで1位なしの第2位。1959年のポッツォーリ・コンクールで優勝。
1960年、18歳で第6回ショパン国際ピアノコンクールに審査員全員一致で優勝。審査委員長のが「今ここにいる審査員の中で、彼より巧く弾けるものが果たしているであろうか」と賛辞を述べ、一躍国際的な名声を勝ち取る。

しかし、その後10年近く、表だった演奏活動から遠ざかっていた。1968年に演奏活動に復帰し、1971年よりドイツ・グラモフォンから録音作品を発売開始。

16. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポゴレリッチ,イーヴォ

ポゴレリッチのライブ版です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ポゴレリッチ,イーヴォ

クロアチアのピアニスト。ユーゴスラビアの首都ベオグラード生まれ。1980年、22歳のとき当時43歳の師の女流奏者アリザ・ケゼラーゼと結婚したり、弱音指定の箇所を強打するなど型破りなことでも知られる。
1980年ショパンコンクールでは、ポゴレリッチが決勝に進めなかったことが大きな社会問題になり、逆に彼のを名を世界に知らしめた。

17. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / キーシン,エフゲニー

For more beautiful videos, visit www.youtube.com Evgeny Kissin - Live in Tel Aviv, Israel (2011) Hope you would enjoy watching the performance! - PhilipCaruso ^^

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - キーシン,エフゲニー

ロシアのピアニスト。わずか2歳でピアノを学び始める。のちグネーシン音楽大学に進んで、アンナ・パヴロフナ=カントルに今日まで師事する。10歳でピアノ協奏曲を弾いてデビュー、11歳で初リサイタルを開くなど、幼い頃から神童ぶりを発揮する。現在若手ピアニストの中では一番の人気と実力を誇る。

18. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ポゴレリッチ,イーヴォ

Ivo Pogorelich Plays Chopin Sonata No. 3/Op. 58 1st mvt. on June 8th, 1983 in Japan. lo-fi

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ポゴレリッチ,イーヴォ

クロアチアのピアニスト。ユーゴスラビアの首都ベオグラード生まれ。1980年、22歳のとき当時43歳の師の女流奏者アリザ・ケゼラーゼと結婚したり、弱音指定の箇所を強打するなど型破りなことでも知られる。
1980年ショパンコンクールでは、ポゴレリッチが決勝に進めなかったことが大きな社会問題になり、逆に彼のを名を世界に知らしめた。

19. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ピレシュ,マリア・ジョアン

00:00 - Allegro maestoso 13:42 - Scherzo: Molto vivace 16:25 - Largo 26:48 - Finale: Presto non tanto; Agitato Maria Jo?o Pires, 2008

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ピレシュ,マリア・ジョアン

ポルトガル出身の女性ピアニスト。リスボンで生まれた。日本では長らく「マリア・ジョアオ・ピリス」もしくは「マリア・ジョアン・ピリス」という表記と発音が広く定着している。幼少期からピアノを始め、7歳でモーツァルトの協奏曲を公開演奏した。9歳で、ポルトガル政府から青少年音楽家に与えられる最高の栄誉を受け取った。1953年から1960年までリスボン大学で作曲・音楽理論・音楽史を師事。それから西ドイツに留学し、ミュンヘン音楽アカデミーとハノーファーに学ぶ。ヴィルヘルム・ケンプの薫陶を受ける。室内楽演奏にもすぐれており、1989年よりフランス人ヴァイオリニストのオーギュスタン・デュメイと組んで演奏や録音を続け、1992年と1994年には、二人でヨーロッパ各地や日本での演奏旅行を行っている。1998年には、チェリストのジャン・ワンを加えたトリオとして、極東ツアーを行った。2008年8月~12月、NHK教育テレビの番組「スーパーピアノレッスン」の講師を務めた。

20. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

ショパン ピアノ ソナタ 第3番 変ロ短調 作品58 第1楽章Chopin Piano Sonata No.3 Op.58 H-moll 1st movement Yundi Li played. 演奏と共に楽譜が見られます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

21. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ギレリス,エミール

Emil Gilels plays Chopin's Piano sonata No. 3 in B minor, Op. 58. 1. Allegro maestoso

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ギレリス,エミール

20世紀を代表する世界的奏者の一人である。西側で自由に活動することをソ連政府から許された最初の芸術家だった。ロシアの自宅では、アップライトピアノで練習していたといわれている。日本にも何度か来訪した。妹のエリザヴェータはレオニード・コーガンの妻。また、娘のエレーナもピアニストで、父娘で4手ピアノ(連弾や2台ピアノ)デュオの録音を多く残している。

若いころは、鋼鉄のタッチと通称される完璧なテクニックに加えて甘さを控えた格調高い演奏設計で非常に評価が高かったが、晩年は骨太な表現が鳴りを潜め、力を抑えた枯淡の境地と言える表現に変わっていった。

22. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / 辻井 伸行

ライブ/2005年10月、ワルシャワで行われた第15回ショパン国際ピアノコンクール2次予選の模様
ライブならではの臨場感があります。
1楽章を弾き始める前に何度も弾く場所を確認する様子も見えます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - 辻井 伸行

東京都豊島区出身のピアニスト。

これまでに、増山真佐子、川上昌裕、川上ゆかり、横山幸雄、田部京子に師事している。

2009年6月7日、アメリカで開催されたヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝した(中国人ピアニスト張昊辰と同時優勝)。日本人として初の優勝である。同年7月13日、台東区民栄誉章を受章した。

23. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / リー,ユンディ

楽譜と共に演奏が聴けます。若々しい、はつらつとした 演奏。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - リー,ユンディ

中国・重慶生まれのピアニスト。2000年、ワルシャワで開かれた第14回ショパン国際ピアノコンクールで、スタニスラフ・ブーニン以来15年ぶりに第1位での優勝を果たし、一躍注目を浴びる。ショパン・コンクールでの優勝は中国人では初。

美しい音色と確かなテクニック、そして深い音楽性を持ち、世界中から将来を期待される若手のホープといわれている。日本の一部のメディアからは「中国のキムタク」ともてはやされた。ショパン・コンクール優勝後も、ドイツで研鑽を積む。、現在は香港の市民権を得て同地に在住。

24. ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章 / ショパン,フレデリック / ラン・ラン

イメージ画像と演奏。ラン・ランらしく、ロマンティックな演奏。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ 第3番 ロ短調 第1楽章

この『ピアノソナタ第3番』は、有機的な形式や壮大な規模を持ち、ショパンの力強く雄大な一面を十二分に発揮させた傑作である。作曲はショパン円熟期の1844年夏、出版は翌年の1845年、E・ドゥ・ペルトゥイ伯爵夫人に献呈された。



第1楽章 ロ短調

アレグロ・マエストーソのソナタ形式で書かれている。極めて優美な主題の素材が溢れるように次々と登場し、ショパンの作曲家としての巨大な資質がうかがえる楽章。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より



ショパンのソナタ3番は円熟のショパン渾身の一作です。特に一楽章は繊細でデリケートな要素とパワフルで大きな世界を作り出す要素が見事に一体化しています。二面性があるので色々な演奏があります。

作曲家解説 - ショパン,フレデリック

ポーランドの作曲家。ピアノの詩人。ポーランドの前期ロマン派音楽を代表する作曲家。現在日本で一番愛されているロマン派音楽を代表する作曲家。ノクターンやワルツなど、今日でも彼の作曲したピアノ曲はクラシック音楽ファン以外にもよく知られており、ピアノの演奏会において取り上げられることが最も多い作曲家の一人。

当時のヨーロッパにおいてもピアニストとして、また作曲家として有名であった。その作曲のほとんどをピアノ独奏曲が占め、「ピアノの詩人」とも呼ばれるように、様々な形式、美しい旋律、半音階的和声法などによってピアノの表現様式を拡大し、ピアノ音楽の新しい地平を切り開いたといわれている。その繊細で美しい響きの中にちりばめられた美しい旋律と、劇的で情熱的な展開が印象的で、世界中のピアノファンを魅了してやみません。また、強いポーランドへの愛国心からフランスの作曲家としての側面が強調されることは少ないが、父の出身地で主要な活躍地であった同国の音楽史に占める重要性も無視できない。

演奏家解説 - ラン・ラン

中国遼寧省瀋陽出身のピアニスト。1999年、17歳のとき突破口が訪れる。ラヴィニア音楽祭のガラ・コンサートで、急病の先輩ピアニストの代理として、チャイコフスキーの《ピアノ協奏曲 第1番》を、見事に演奏した。これがシカゴ・トリビューン紙によって、将来の嘱望される何年かに一人の逸材と評価された。2008年8月8日、北京オリンピックの開会式において、中国の作曲家・葉小綱の協奏曲を演奏した。映画『のだめカンタービレ最終楽章』の野田恵役の上野樹里のピアノ演奏をすべて担当している。