ヒンデミット/ソナタ2番第1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ヒンデミット/ソナタ2番第1楽章 動画集

ヒンデミット ソナタ2番1楽章

ヒンデミット
ソナタ2番第1楽章  

Hindemith, Paul:Piano Sonata No.2 1st.mov.

アルバム収録曲一覧

1. ピアノソナタ2番第1楽章 変ロ長調 全楽章 / ヒンデミット,パウル / ロナルド・ターイーニ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ2番第1楽章 変ロ長調 全楽章

PTNA2019年F級課題曲

作曲家解説 - ヒンデミット,パウル

ドイツの作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者。ヴァイオリン奏者として早くから活動し、また音楽院入学後はピアノやクラリネットなどを学んで、さまざまな楽器演奏に才能を発揮した。第一次大戦に従軍した際には、軍楽隊にいて弦楽四重奏のコンサートを開いたりもした。

作曲家としても若くして名声を確立した。初期は特にブラームスをよく研究したが、ロマン主義や表現主義に反発を強め、後にはネオ・バロックや新古典主義を志向する。機能和声や調性が崩壊する時代にあって、ヒンデミットは音楽に再び秩序と客観性を求めた。こうした努力は作曲や和声学に関する著書としても結実した。「音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る」(『作曲の手引』)という言葉は、無調音楽を激しく非難している。

生粋のドイツ人であったため当初はナチスの粛清の対象とならなかったが、ヒンデミットはナチスへの非難を隠そうとせず、34年には作品の上演が禁じられた。(フルトヴェングラーはこれに抗議して新聞に寄稿し、ベルリンの音楽監督の地位を追われた。 )ヒンデミットも35年にベルリン音楽学校の教授職に「休暇」を命ぜられ、やがて37年、自らドイツを去った。戦後にアメリカ市民となり、自らの意志で再びドイツを訪れることはなかった。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ロナルド・ターイーニ

1934年にカナダモントリオールに生まれたピアニスト

2. ピアノソナタ2番第1楽章 変ロ長調 全楽章 / ヒンデミット,パウル / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ2番第1楽章 変ロ長調 全楽章

PTNA2019年F級課題曲

作曲家解説 - ヒンデミット,パウル

ドイツの作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者。ヴァイオリン奏者として早くから活動し、また音楽院入学後はピアノやクラリネットなどを学んで、さまざまな楽器演奏に才能を発揮した。第一次大戦に従軍した際には、軍楽隊にいて弦楽四重奏のコンサートを開いたりもした。

作曲家としても若くして名声を確立した。初期は特にブラームスをよく研究したが、ロマン主義や表現主義に反発を強め、後にはネオ・バロックや新古典主義を志向する。機能和声や調性が崩壊する時代にあって、ヒンデミットは音楽に再び秩序と客観性を求めた。こうした努力は作曲や和声学に関する著書としても結実した。「音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る」(『作曲の手引』)という言葉は、無調音楽を激しく非難している。

生粋のドイツ人であったため当初はナチスの粛清の対象とならなかったが、ヒンデミットはナチスへの非難を隠そうとせず、34年には作品の上演が禁じられた。(フルトヴェングラーはこれに抗議して新聞に寄稿し、ベルリンの音楽監督の地位を追われた。 )ヒンデミットも35年にベルリン音楽学校の教授職に「休暇」を命ぜられ、やがて37年、自らドイツを去った。戦後にアメリカ市民となり、自らの意志で再びドイツを訪れることはなかった。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ピアノソナタ2番第1楽章 変ロ長調 全楽章 / ヒンデミット,パウル / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノソナタ2番第1楽章 変ロ長調 全楽章

PTNA2019年F級課題曲

作曲家解説 - ヒンデミット,パウル

ドイツの作曲家、ヴァイオリニスト、指揮者。ヴァイオリン奏者として早くから活動し、また音楽院入学後はピアノやクラリネットなどを学んで、さまざまな楽器演奏に才能を発揮した。第一次大戦に従軍した際には、軍楽隊にいて弦楽四重奏のコンサートを開いたりもした。

作曲家としても若くして名声を確立した。初期は特にブラームスをよく研究したが、ロマン主義や表現主義に反発を強め、後にはネオ・バロックや新古典主義を志向する。機能和声や調性が崩壊する時代にあって、ヒンデミットは音楽に再び秩序と客観性を求めた。こうした努力は作曲や和声学に関する著書としても結実した。「音楽が存在する限り、長三和音から出発し、再び戻る」(『作曲の手引』)という言葉は、無調音楽を激しく非難している。

生粋のドイツ人であったため当初はナチスの粛清の対象とならなかったが、ヒンデミットはナチスへの非難を隠そうとせず、34年には作品の上演が禁じられた。(フルトヴェングラーはこれに抗議して新聞に寄稿し、ベルリンの音楽監督の地位を追われた。 )ヒンデミットも35年にベルリン音楽学校の教授職に「休暇」を命ぜられ、やがて37年、自らドイツを去った。戦後にアメリカ市民となり、自らの意志で再びドイツを訪れることはなかった。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より