アルベニス/旅の思い出より 入り江のざわめき Op.71-6 動画集 | Mボックス

Music video

アルベニス/旅の思い出より 入り江のざわめき Op.71-6 動画集

アルベニス 入り江のざわめき

アルベニス
入り江のざわめき ~旅の思い出より
(マラゲーニャ)
Op.71-6 

Handel, Georg Friedrich : Recuerdos de viaje Op.71 No.6 Rumores da la caleta (Malaguena)

アルバム収録曲一覧

1. 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ) / アルベニス,イサーク / 細川 夏子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ)

版によっては作品71とまとめられている場合もあるが、もともと一つの組曲として作曲されたものではなく、異なる7つの曲がまとめられたものである。1886年~87年にかけて作曲されている。1886年のコンサートでは、アルベニス自身、最初の4曲のみまとめて発表している。第6曲、入り江のざわめきはとりわけ有名。



6.入江のざわめき(マラゲーニャ) / "Rumores da la caleta(Malaguena)":ラから始まるミの旋法、4分の3拍子・8分の3拍子、アレグロ。いかにもスペイン的な雰囲気が魅力的で、曲集中、最も人気の高い曲。「マラゲーニャ」は、南スペイン太陽海岸の大きな港町マラガに伝わる民謡であり、「ファンタンゴ」という形式でつくられている。ひといきでなめらかに奏する部分と、スタッカートではぎれのよい部分をはっきりと弾きわける、アクセントを効果的に生かす、強弱の変化を大げさにつける、など豊かな表現をめざしたい。難易度は中級程度。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2011年PTNA E級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 細川 夏子

国立音楽大学,パリ・エコ-ル・ノルマル音楽院卒業.サン・ノン・ラ・ブレテッシュピアノコンク-ル優勝.ララ・メリアム国際ピアノコンク-ル入賞.国内外での演奏活動の後,帰国.リサイタル活動および,声楽伴奏者として活動,及び,リスト弾きとして知られる,フランス・クリダマスタ-クラスツア-を主催.アシスタント,通訳をつとめる.2014年スペイン大使館後援,日西交流400周年記念コンサ-トにて,スペイン近代ピアノ曲を発表,ライブ版として同コンサ-トの録音をCD発売.タワ-レコ-ド渋谷店にて記念イベント,サイン会に出演。

ピティナピアノ曲辞典より

2. 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ) / アルベニス,イサーク / サンチェス,エステバン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ)

版によっては作品71とまとめられている場合もあるが、もともと一つの組曲として作曲されたものではなく、異なる7つの曲がまとめられたものである。1886年~87年にかけて作曲されている。1886年のコンサートでは、アルベニス自身、最初の4曲のみまとめて発表している。第6曲、入り江のざわめきはとりわけ有名。



6.入江のざわめき(マラゲーニャ) / "Rumores da la caleta(Malaguena)":ラから始まるミの旋法、4分の3拍子・8分の3拍子、アレグロ。いかにもスペイン的な雰囲気が魅力的で、曲集中、最も人気の高い曲。「マラゲーニャ」は、南スペイン太陽海岸の大きな港町マラガに伝わる民謡であり、「ファンタンゴ」という形式でつくられている。ひといきでなめらかに奏する部分と、スタッカートではぎれのよい部分をはっきりと弾きわける、アクセントを効果的に生かす、強弱の変化を大げさにつける、など豊かな表現をめざしたい。難易度は中級程度。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2011年PTNA E級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ) / アルベニス,イサーク / デルガド, エドゥアルド

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ)

版によっては作品71とまとめられている場合もあるが、もともと一つの組曲として作曲されたものではなく、異なる7つの曲がまとめられたものである。1886年~87年にかけて作曲されている。1886年のコンサートでは、アルベニス自身、最初の4曲のみまとめて発表している。第6曲、入り江のざわめきはとりわけ有名。



6.入江のざわめき(マラゲーニャ) / "Rumores da la caleta(Malaguena)":ラから始まるミの旋法、4分の3拍子・8分の3拍子、アレグロ。いかにもスペイン的な雰囲気が魅力的で、曲集中、最も人気の高い曲。「マラゲーニャ」は、南スペイン太陽海岸の大きな港町マラガに伝わる民謡であり、「ファンタンゴ」という形式でつくられている。ひといきでなめらかに奏する部分と、スタッカートではぎれのよい部分をはっきりと弾きわける、アクセントを効果的に生かす、強弱の変化を大げさにつける、など豊かな表現をめざしたい。難易度は中級程度。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2011年PTNA E級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ) / アルベニス,イサーク / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 旅の思い出 作品71 第6曲 入江のざわめき (マラゲーニャ)

版によっては作品71とまとめられている場合もあるが、もともと一つの組曲として作曲されたものではなく、異なる7つの曲がまとめられたものである。1886年~87年にかけて作曲されている。1886年のコンサートでは、アルベニス自身、最初の4曲のみまとめて発表している。第6曲、入り江のざわめきはとりわけ有名。



6.入江のざわめき(マラゲーニャ) / "Rumores da la caleta(Malaguena)":ラから始まるミの旋法、4分の3拍子・8分の3拍子、アレグロ。いかにもスペイン的な雰囲気が魅力的で、曲集中、最も人気の高い曲。「マラゲーニャ」は、南スペイン太陽海岸の大きな港町マラガに伝わる民謡であり、「ファンタンゴ」という形式でつくられている。ひといきでなめらかに奏する部分と、スタッカートではぎれのよい部分をはっきりと弾きわける、アクセントを効果的に生かす、強弱の変化を大げさにつける、など豊かな表現をめざしたい。難易度は中級程度。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2011年PTNA E級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より