ヘンデル/シャコンヌ HWV435 動画集 | Mボックス

Music video

ヘンデル/シャコンヌ HWV435 動画集

ヘンデル シャコンヌ HWV435

ヘンデル
シャコンヌ HWV435

Handel, Georg Friedrich :  Chaconne HWV 435

アルバム収録曲一覧

1. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 梅村 知世

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 梅村 知世

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を首席で卒業。第29回ピティナ・ピアノコンペティション、G級 全国決勝大会 金賞・東京都知事賞・讀賣新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞・洗足学園前田賞受賞。2010年、第34回ピティナ・ピアノコンペティション、特級 全国決勝大会 グランプリ及び聴衆賞を受賞し、併せて文部科学大臣賞、讀賣新聞社賞、王子ホール賞、東京シティ・フィル賞受賞。2012年、第14回ピネローロ国際コンクール(イタリア)にて第4位。日本を代表する指揮者ともに、東京交響楽団、東京フィル、東京シティフィル、岡山フィルなどと多数共演。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 小竹島 紗子

2014 ピティナ・ピアノコンペティション 全国決勝G級 金賞 小竹島紗子さんの演奏です。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 小竹島 紗子

日本のピアニスト。08年ピティナピアノコンペティションF級全国決勝大会金賞。昭和音楽大学在学中。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

2016PTNA特級二次 尾崎未空さんの演奏です。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

2018PTNA特級二次 秋山紗穂さんの演奏です。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / 演奏者不明

チェンバロの場合、装飾音が華麗ですね。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / ダリア・ファン・ベルケン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ダリア・ファン・ベルケン

ユトレヒト生まれのオランダのピアニスト。

7. シャコンヌ ト長調 / ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ / ペライア,マレイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - シャコンヌ ト長調

PTNA2019年F級課題曲

シャコンヌはバロック時代に書かれることの多かった変奏曲の一種で、パッサカリアもほぼ同様の様式の楽曲。ゆったりしたテンポの3拍子が特徴である。ヘンデルはチェンバロ曲として複数のシャコンヌを残している。このト長調のシャコンヌはもっとも演奏機会の多いもの。21の変奏からなり、第1変奏から第8変奏までが第一部、第9変奏から第16変奏の短調、アダージョの部分が第二部、以後ト長調が再現する21変奏までの三部で構成されている。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ヘンデル,ゲオルク・フリードリヒ

ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家。ドイツ生まれでイギリスに帰化した作曲家で、バロック期を代表する重要な作曲家の一人。生涯の約3分の2をイギリスで過ごし、イギリスでの活動歴が圧倒的に長いことから、英語名でジョージ・フリデリック・ハンデルと呼び、イギリスの作曲家として扱うべきとする意見もあり、イギリスではそのように扱われている。

ハレでオルガン奏者を務めたのちハンブルクでオペラの作曲を始めた。一時イタリアへ赴き、おそらくイタリア時代の最後のころに、ハノーファー選帝侯に知遇を得たものと思われる。1710年、イタリアを去ってハノーファーの宮廷楽長となった。翌年にはロンドンへ旅し、選帝侯のイギリス国王即位に伴ってそのままロンドンへ定着した。この地でヘンデルはオペラ、ついでオラトリオの作曲家として大成功を収め、イギリスの国民的音楽家となった。

ヘンデルの鍵盤曲は、王女の音楽教育に供されたものある。従って公開の演奏会を目的としてしない。かれが生前に組曲集とフーガ集あわせて3巻を出版したのは、横行する海賊版やいい加減な筆写譜に対抗するためであった。更に死後は、手稿のまま残された断片や実験作品も刊行されたが、こうしたものがバッハやD.スカルラッティに比べ完成度が低いとしても、致し方ないことかもしれない。

ヘンデルの組曲は必ずしも鍵盤組曲の定型に即したものではなく、自由な配列や組み合わせを持つ。そこに用いられる声部書法はきわめて自由で、時にホモフォニックである。また、当時の慣習ではおそらく、演奏のつど即興的な装飾や拡大が施されたと考えられる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ペライア,マレイ

アメリカのピアニスト、指揮者。ニューヨーク生まれ。ギリシャのテサロニキに起源を持つセファルディムで、1935年、父親の代に米国へ移住した家庭の出身。母語はジュデズモ語。熱心なユダヤ教徒でもある。確実な演奏には定評がある。