ミニョーネ/12の街角のワルツより8番 動画集 | Mボックス

Music video

ミニョーネ/12の街角のワルツより8番 動画集

ミニョーネ 街角のワルツ8番

ミニョーネ
12の街角のワルツより8番 

Francisco Mignone :  Doze Valsas de Esquina No.8

アルバム収録曲一覧

1. 街角のワルツより第8番 / ミニョーネ,フランシスコ / アルトゥール・モレイラ?=リマ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 街角のワルツより第8番

PTNA2019年E級課題曲

作曲家解説 - ミニョーネ,フランシスコ

ブラジル・クラシック音楽を代表する作曲家。サンパウロのイタリア人の移民音楽家の息子として生まれる。父からフルートとピアノを習い、1907年からシルヴィオ・モットにピアノを師事。後、サンパウロ音楽院でピアノとフルートと作曲をカントゥに師事。卒業後、管弦楽作品や、オペラを作曲し、成功を収める。1920年にミラノ音楽院にてフェッローニに学び、オペラを書いた。1929年には母校にて、和声を教え、1933年に国立音楽学校の公認指揮者と指揮の指導にあたった。1937年からはヨーロッパ中で演奏旅行を行い、アメリカ合衆国まで訪れている。ピアノ曲は1930年代から40年にかけて多数作曲されている。民族主義的要素の作品は《奥地の伝説》《4つのブラジル小品》《黒人の坊や》《カチレテ》《ボトクードの踊り》《モジーニャもどき》である。民謡から採られたものも含む叙情的な旋律は、全体を通じて支配的な調的和声やしばしばシンコペーションが現れるリズムとともに使われ、都会の大衆音楽に大きく依存している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - アルトゥール・モレイラ?=リマ

ブラジル出身のピアニスト。第7回ショパンコンクールでアルゲリッチに次いで第2位に輝きデビュー。

2. 街角のワルツより第8番 / ミニョーネ,フランシスコ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 街角のワルツより第8番

PTNA2019年E級課題曲

作曲家解説 - ミニョーネ,フランシスコ

ブラジル・クラシック音楽を代表する作曲家。サンパウロのイタリア人の移民音楽家の息子として生まれる。父からフルートとピアノを習い、1907年からシルヴィオ・モットにピアノを師事。後、サンパウロ音楽院でピアノとフルートと作曲をカントゥに師事。卒業後、管弦楽作品や、オペラを作曲し、成功を収める。1920年にミラノ音楽院にてフェッローニに学び、オペラを書いた。1929年には母校にて、和声を教え、1933年に国立音楽学校の公認指揮者と指揮の指導にあたった。1937年からはヨーロッパ中で演奏旅行を行い、アメリカ合衆国まで訪れている。ピアノ曲は1930年代から40年にかけて多数作曲されている。民族主義的要素の作品は《奥地の伝説》《4つのブラジル小品》《黒人の坊や》《カチレテ》《ボトクードの踊り》《モジーニャもどき》である。民謡から採られたものも含む叙情的な旋律は、全体を通じて支配的な調的和声やしばしばシンコペーションが現れるリズムとともに使われ、都会の大衆音楽に大きく依存している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より