ミニョーネ/12の街角のワルツより8番 動画集 | Mボックス

Music video

ミニョーネ/12の街角のワルツより8番 動画集

ミニョーネ 街角のワルツ8番

ミニョーネ
12の街角のワルツより8番 

Francisco Mignone :  Doze Valsas de Esquina No.8

アルバム収録曲一覧

1. 前奏曲作品10-1 / リャードフ,アナトーリ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 前奏曲作品10-1

PTNA2019年E級課題曲

作曲家解説 - リャードフ,アナトーリ

ロシアの作曲家。ロマン主義時代のロシアの作曲家、指揮者。1870年~78年ペテルブルク音楽院にて作曲をリムスキー=コルサコフに師事した。後年、母校と宮廷合唱学校にて理論と作曲を指導。門下にはプロコフィエフやグネーシン、ミヤスコフスキーらがいる。彼はバラキレフ「力強い一団」との関わりもあり、ロシア音楽を世に広げる仕事に力を注いだ。自身の作品としては大規模な曲よりも、小形式のものが多い。ロシア的音楽といえば雄大で、時に素朴な土臭さをもったを想起しがちだが、彼は「音楽の細密画家」と呼ばれ、ロシア民謡やロシア五人組のグリンカやボロディンの主題を用いた叙情的で繊細なピアノ小品やロマンスを作曲。彼は「ロシア音楽に於けるロシア的なものとは、それを耳で聴いた時ロシア的と感じるものである」という言葉を残している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 前奏曲作品10-1 / リャードフ,アナトーリ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 前奏曲作品10-1

PTNA2019年E級課題曲

作曲家解説 - リャードフ,アナトーリ

ロシアの作曲家。ロマン主義時代のロシアの作曲家、指揮者。1870年~78年ペテルブルク音楽院にて作曲をリムスキー=コルサコフに師事した。後年、母校と宮廷合唱学校にて理論と作曲を指導。門下にはプロコフィエフやグネーシン、ミヤスコフスキーらがいる。彼はバラキレフ「力強い一団」との関わりもあり、ロシア音楽を世に広げる仕事に力を注いだ。自身の作品としては大規模な曲よりも、小形式のものが多い。ロシア的音楽といえば雄大で、時に素朴な土臭さをもったを想起しがちだが、彼は「音楽の細密画家」と呼ばれ、ロシア民謡やロシア五人組のグリンカやボロディンの主題を用いた叙情的で繊細なピアノ小品やロマンスを作曲。彼は「ロシア音楽に於けるロシア的なものとは、それを耳で聴いた時ロシア的と感じるものである」という言葉を残している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 前奏曲作品10-1 / リャードフ,アナトーリ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 前奏曲作品10-1

PTNA2019年E級課題曲

作曲家解説 - リャードフ,アナトーリ

ロシアの作曲家。ロマン主義時代のロシアの作曲家、指揮者。1870年~78年ペテルブルク音楽院にて作曲をリムスキー=コルサコフに師事した。後年、母校と宮廷合唱学校にて理論と作曲を指導。門下にはプロコフィエフやグネーシン、ミヤスコフスキーらがいる。彼はバラキレフ「力強い一団」との関わりもあり、ロシア音楽を世に広げる仕事に力を注いだ。自身の作品としては大規模な曲よりも、小形式のものが多い。ロシア的音楽といえば雄大で、時に素朴な土臭さをもったを想起しがちだが、彼は「音楽の細密画家」と呼ばれ、ロシア民謡やロシア五人組のグリンカやボロディンの主題を用いた叙情的で繊細なピアノ小品やロマンスを作曲。彼は「ロシア音楽に於けるロシア的なものとは、それを耳で聴いた時ロシア的と感じるものである」という言葉を残している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より