ショスタコーヴィチ/24の前奏曲19番 動画集 | Mボックス

Music video

ショスタコーヴィチ/24の前奏曲19番 動画集

ショスタコービッチ 24のプレリュードより19番 

ショスタコーヴィチ
24の前奏曲作品34-19番

Shostakovich, Dmitrii:24 Preludes Op.34 No.19 in E flat major

アルバム収録曲一覧

1. 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調 / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調

PTNA2003年/2013年/2019年E級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調 / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調

PTNA2003年/2013年/2019年E級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調 / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / クズネツォフ,セルゲイ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調

PTNA2003年/2013年/2019年E級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - クズネツォフ,セルゲイ

ロシア,モスクワ出身。モスクワ音楽院卒。V. アリストヴァ,M. ボスクレセンスキー,O. マイセンバーグに師事。1999年A.M.A. カラブリア国際ピアノコンクール第1位,2003年ゲザ・アンダ国際ピアノコンクール 第2位, パブリック賞,2005年クリーヴランド国際ピアノコンクール第2位受賞。

4. 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調 / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 高山 三智子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調

PTNA2003年/2013年/2019年E級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 高山 三智子

東京芸術大学附属音楽高等学校を経て、同大学ピアノ科卒業。72年、旧ソ連文化省の招きでモスクワ音楽院に3年間学ぶ。国内での演奏会、公開講座も積極的に行っている。ピティナ・ピアノコンペティションの審査を長年務めている。元、愛知県立芸術大学非常勤講師。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調 / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調

PTNA2003年/2013年/2019年E級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調 / ショスタコーヴィチ,ドミートリイ / ベルマン,ラザール

きらびやかな音色、語りかけるような演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 24のプレリュード 作品34 第19番 変ホ長調

PTNA2003年/2013年/2019年E級課題曲

作曲家解説 - ショスタコーヴィチ,ドミートリイ

ロシア (ソビエト連邦時代) の作曲家。社会主義政権のもと、作曲の技法を柔軟に扱いながら、当局への迎合とも反駁とも言い切ることのできない作品を創作し続けた。ペテルブルク音楽院で学んだピアニストであった母親からピアノの手ほどきを受け、1919年、革命直後のペトログラート音楽院でピアノと作曲を学んだ。原始主義や表現主義の影響を受けたところから出発し、「社会主義リアリズム」に転じていったとされてきた。しかし、近年の研究から、ショスタコーヴィチの作品をそのような言葉で一括りに語ることは困難であることがわかっている。 ショスタコーヴィチは、公表した作品が論争を巻き起こすと次の作品で名誉を回復するといったことを繰り返していた。母親と同様にピアニストとしても活動したショスタコーヴィチは、1927年にワルシャワで開かれたショパン国際コンクールで第2位に入賞している。ピアノ作品には、協奏曲やソナタ、曲集がある。1930年代以降、モスクワ音楽院やレニングラート音楽院で音楽の指導にもあたった。また、国際平和委員会のソヴィエト代表やソヴィエト最高会議の議員を務め、政治運動にも積極的に関わった。1954年には、世界平和協議会から国際平和賞を受賞している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ベルマン,ラザール

旧ソ連出身のロシア人ピアニスト。日本では慣習的に「ラザール」とフランス語風に表記されているが、ロシア語の発音では第一音節に強勢が置かれるため「ラーザリ」が近い。
「私は19世紀の人間であり、ヴィルトゥオーソと呼ばれるタイプの演奏家に属している」と自認していたように、鮮やかな超絶技巧と芝居っ気たっぷりの演奏、濃やかな情緒表現と強靭なタッチが特徴的で、一夜で3つのピアノ協奏曲とソナタ1曲を弾き切ったこともある。