イベール 物語 8曲 水晶の篭 動画集 | Mボックス

Music video

イベール 物語 8曲 水晶の篭 動画集

イベール 物語 第8曲 水晶の篭の動画集です。

イベール 物語より8番水晶の篭

ベール
水晶の篭
(物語 第8番)

IBERT :Histoires No.8 La cage de cristal

アルバム収録曲一覧

1. 物語 第8曲 水晶の篭 / イベール,ジャック / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 物語 第8曲 水晶の篭

PTNA2007年C級課題曲。
PTNA2019年C級課題曲


イベールの代表的ピアノ曲。作曲が完成したのは1922年。

《物語》は10曲の短い小品から成る。イベールはこの頃、中近東や西欧の国々を旅行したが、そこで感じた印象や、その土地々で聞き知った昔話が、非常に洗練された形で音楽に表現されている。これらは一貫して弾かれることもあれば、単品としてとりあげられる曲も多い。テクニック的にも音楽的にも親しみやすいので、個人的な楽しみに演奏するのもよいだろう。

それぞれのタイトルは曲の最後に添えられていることから、標題音楽としてとらわれ過ぎないように、という作曲者の意図がよみとれる。



VIII. 水晶の籠 La cage de cristal:水晶の牢屋に閉じ込められたお姫様。装飾音を効かせた愛らしい音色にのせて、彼女の心はどこまでも遠くへ。けれどもやはり囚われの身、中間部ではどこか悲しげに、同じ音型が繰り返される。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - イベール,ジャック

パリ生まれのフランスの作曲家。パリ音楽院の教育委員やローマのフランス学士院院長、1955年(65歳時)にはパリ・オペラ座総裁になるなど、重要で多忙な役職を歴任しつつ、旺盛な創作活動を行なった。 しばしばその作風は、軽妙、洒脱、新鮮、洗練などと言った言葉で評される。

2. 物語 第8曲 水晶の篭 / イベール,ジャック / ジネット・ドワイアン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 物語 第8曲 水晶の篭

PTNA2007年C級課題曲。
PTNA2019年C級課題曲


イベールの代表的ピアノ曲。作曲が完成したのは1922年。

《物語》は10曲の短い小品から成る。イベールはこの頃、中近東や西欧の国々を旅行したが、そこで感じた印象や、その土地々で聞き知った昔話が、非常に洗練された形で音楽に表現されている。これらは一貫して弾かれることもあれば、単品としてとりあげられる曲も多い。テクニック的にも音楽的にも親しみやすいので、個人的な楽しみに演奏するのもよいだろう。

それぞれのタイトルは曲の最後に添えられていることから、標題音楽としてとらわれ過ぎないように、という作曲者の意図がよみとれる。



VIII. 水晶の籠 La cage de cristal:水晶の牢屋に閉じ込められたお姫様。装飾音を効かせた愛らしい音色にのせて、彼女の心はどこまでも遠くへ。けれどもやはり囚われの身、中間部ではどこか悲しげに、同じ音型が繰り返される。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - イベール,ジャック

パリ生まれのフランスの作曲家。パリ音楽院の教育委員やローマのフランス学士院院長、1955年(65歳時)にはパリ・オペラ座総裁になるなど、重要で多忙な役職を歴任しつつ、旺盛な創作活動を行なった。 しばしばその作風は、軽妙、洒脱、新鮮、洗練などと言った言葉で評される。

演奏家解説 - ジネット・ドワイアン

1932年にパリ音楽院に入学し、ジョセフ・モルパンとラザール・レヴィにピアノを師事する。14歳の時にピアノで一等賞を得る。さらに同音楽院のジャン・ギャロンのクラスで和声法を学び、17歳の時に一等賞を得て卒業した。1939年にルクセンブルクで行われたフォーレ国際コンクールで優勝を果たした。その後、第二次世界大戦のためにトゥールーズやマルセイユに行き、地元の放送局を通じて演奏活動を続けたが、1942年にパリに戻った。戦後は夫ジャンとのデュオの傍らでソロ活動も活発に行った。1958年には夫婦で来日している。

3. 物語 第8曲 水晶の篭 / イベール,ジャック / アーサー・アンセル

クリアーな音質の名演です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 物語 第8曲 水晶の篭

PTNA2007年C級課題曲。
PTNA2019年C級課題曲


イベールの代表的ピアノ曲。作曲が完成したのは1922年。

《物語》は10曲の短い小品から成る。イベールはこの頃、中近東や西欧の国々を旅行したが、そこで感じた印象や、その土地々で聞き知った昔話が、非常に洗練された形で音楽に表現されている。これらは一貫して弾かれることもあれば、単品としてとりあげられる曲も多い。テクニック的にも音楽的にも親しみやすいので、個人的な楽しみに演奏するのもよいだろう。

それぞれのタイトルは曲の最後に添えられていることから、標題音楽としてとらわれ過ぎないように、という作曲者の意図がよみとれる。



VIII. 水晶の籠 La cage de cristal:水晶の牢屋に閉じ込められたお姫様。装飾音を効かせた愛らしい音色にのせて、彼女の心はどこまでも遠くへ。けれどもやはり囚われの身、中間部ではどこか悲しげに、同じ音型が繰り返される。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - イベール,ジャック

パリ生まれのフランスの作曲家。パリ音楽院の教育委員やローマのフランス学士院院長、1955年(65歳時)にはパリ・オペラ座総裁になるなど、重要で多忙な役職を歴任しつつ、旺盛な創作活動を行なった。 しばしばその作風は、軽妙、洒脱、新鮮、洗練などと言った言葉で評される。

4. 物語 第8曲 水晶の篭 / イベール,ジャック / 演奏者不明

PTNA第38回入賞者記念演奏会のA1級戸谷木香さんの演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 物語 第8曲 水晶の篭

PTNA2007年C級課題曲。
PTNA2019年C級課題曲


イベールの代表的ピアノ曲。作曲が完成したのは1922年。

《物語》は10曲の短い小品から成る。イベールはこの頃、中近東や西欧の国々を旅行したが、そこで感じた印象や、その土地々で聞き知った昔話が、非常に洗練された形で音楽に表現されている。これらは一貫して弾かれることもあれば、単品としてとりあげられる曲も多い。テクニック的にも音楽的にも親しみやすいので、個人的な楽しみに演奏するのもよいだろう。

それぞれのタイトルは曲の最後に添えられていることから、標題音楽としてとらわれ過ぎないように、という作曲者の意図がよみとれる。



VIII. 水晶の籠 La cage de cristal:水晶の牢屋に閉じ込められたお姫様。装飾音を効かせた愛らしい音色にのせて、彼女の心はどこまでも遠くへ。けれどもやはり囚われの身、中間部ではどこか悲しげに、同じ音型が繰り返される。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - イベール,ジャック

パリ生まれのフランスの作曲家。パリ音楽院の教育委員やローマのフランス学士院院長、1955年(65歳時)にはパリ・オペラ座総裁になるなど、重要で多忙な役職を歴任しつつ、旺盛な創作活動を行なった。 しばしばその作風は、軽妙、洒脱、新鮮、洗練などと言った言葉で評される。