モシュコフスキー 20の小練習曲 Op.91-7 動画集 | Mボックス

Music video

モシュコフスキー 20の小練習曲 Op.91-7 動画集

モシュコフスキーOp 91-7

モシュコフスキー
20の小練習曲 Op.91-70 

Moszkowski  /  20 Petites Etudes
Op.91-7 inG Major

 

 

モシュコフスキー 作品一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. 20の小練習曲より第7番ト長調 / モシュコフスキ,モーリッツ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 20の小練習曲より第7番ト長調

PTNA2019年C級課題曲

モシュコフスキの練習曲といえば15曲から成る練習曲作品72が知られているが、こちらはそれよりも前段階の練習に役立つ曲集である。教材として利用する際の目安は、チェルニー30番や40番のレベルであろう。

この練習曲では、「速く弾くこと」に対する指の技巧訓練だけでなく、レガートとノン・レガート、カンタービレ、レジェーロなどの表現的な指示に従い、音楽的な演奏法を学ぶことができる。和音や調による音色の変化を活かせばさらに表情豊かな演奏が可能になるだろう。また、多声における旋律の弾き分けも要求されている。

なお、この曲集は10曲ずつの2部構成になっている。前半は主になめらかなレガートを、後半はノン・レガートやレジェーロを取り入れた多様な奏法を学ぶことができる。

第7番:ト長調/G-dur、4/4拍子、アレグロ・ブリランテ

右手の音階および分散和音の練習。中間部では左手伴奏がスタッカートとレガートを引き分けることによって、表現の変化をみせる。また、2,4拍目のアクセントが一層スケルツァンドな効果をあげる。左手は和音や音階、レガートやスタッカートといった多彩な奏法を要求される。

PTNAピアノ曲辞典より

作曲家解説 - モシュコフスキ,モーリッツ

ドイツの作曲家。ポーランドに生まれ、ドレスデン音楽院とシュテルン音楽院、クラック音楽院で学んだ。卒業後は、ベルリンに留まって最終学校でピアノの指導にあたった。ピアニストとしても活躍し、生国のポーランドの他に、イギリスやフランスで演奏した。作品はサロン向けの小品が多い。最もよく知られているのは、2台ピアノのための《スペイン舞曲集》である。生涯の後半はパリで過ごした。

2. 20の小練習曲より第7番ト長調 / モシュコフスキ,モーリッツ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 20の小練習曲より第7番ト長調

PTNA2019年C級課題曲

モシュコフスキの練習曲といえば15曲から成る練習曲作品72が知られているが、こちらはそれよりも前段階の練習に役立つ曲集である。教材として利用する際の目安は、チェルニー30番や40番のレベルであろう。

この練習曲では、「速く弾くこと」に対する指の技巧訓練だけでなく、レガートとノン・レガート、カンタービレ、レジェーロなどの表現的な指示に従い、音楽的な演奏法を学ぶことができる。和音や調による音色の変化を活かせばさらに表情豊かな演奏が可能になるだろう。また、多声における旋律の弾き分けも要求されている。

なお、この曲集は10曲ずつの2部構成になっている。前半は主になめらかなレガートを、後半はノン・レガートやレジェーロを取り入れた多様な奏法を学ぶことができる。

第7番:ト長調/G-dur、4/4拍子、アレグロ・ブリランテ

右手の音階および分散和音の練習。中間部では左手伴奏がスタッカートとレガートを引き分けることによって、表現の変化をみせる。また、2,4拍目のアクセントが一層スケルツァンドな効果をあげる。左手は和音や音階、レガートやスタッカートといった多彩な奏法を要求される。

PTNAピアノ曲辞典より

作曲家解説 - モシュコフスキ,モーリッツ

ドイツの作曲家。ポーランドに生まれ、ドレスデン音楽院とシュテルン音楽院、クラック音楽院で学んだ。卒業後は、ベルリンに留まって最終学校でピアノの指導にあたった。ピアニストとしても活躍し、生国のポーランドの他に、イギリスやフランスで演奏した。作品はサロン向けの小品が多い。最もよく知られているのは、2台ピアノのための《スペイン舞曲集》である。生涯の後半はパリで過ごした。

3. 20の小練習曲より第7番ト長調 / モシュコフスキ,モーリッツ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 20の小練習曲より第7番ト長調

PTNA2019年C級課題曲

モシュコフスキの練習曲といえば15曲から成る練習曲作品72が知られているが、こちらはそれよりも前段階の練習に役立つ曲集である。教材として利用する際の目安は、チェルニー30番や40番のレベルであろう。

この練習曲では、「速く弾くこと」に対する指の技巧訓練だけでなく、レガートとノン・レガート、カンタービレ、レジェーロなどの表現的な指示に従い、音楽的な演奏法を学ぶことができる。和音や調による音色の変化を活かせばさらに表情豊かな演奏が可能になるだろう。また、多声における旋律の弾き分けも要求されている。

なお、この曲集は10曲ずつの2部構成になっている。前半は主になめらかなレガートを、後半はノン・レガートやレジェーロを取り入れた多様な奏法を学ぶことができる。

第7番:ト長調/G-dur、4/4拍子、アレグロ・ブリランテ

右手の音階および分散和音の練習。中間部では左手伴奏がスタッカートとレガートを引き分けることによって、表現の変化をみせる。また、2,4拍目のアクセントが一層スケルツァンドな効果をあげる。左手は和音や音階、レガートやスタッカートといった多彩な奏法を要求される。

PTNAピアノ曲辞典より

作曲家解説 - モシュコフスキ,モーリッツ

ドイツの作曲家。ポーランドに生まれ、ドレスデン音楽院とシュテルン音楽院、クラック音楽院で学んだ。卒業後は、ベルリンに留まって最終学校でピアノの指導にあたった。ピアニストとしても活躍し、生国のポーランドの他に、イギリスやフランスで演奏した。作品はサロン向けの小品が多い。最もよく知られているのは、2台ピアノのための《スペイン舞曲集》である。生涯の後半はパリで過ごした。

4. 20の小練習曲より第7番ト長調 / モシュコフスキ,モーリッツ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 20の小練習曲より第7番ト長調

PTNA2019年C級課題曲

モシュコフスキの練習曲といえば15曲から成る練習曲作品72が知られているが、こちらはそれよりも前段階の練習に役立つ曲集である。教材として利用する際の目安は、チェルニー30番や40番のレベルであろう。

この練習曲では、「速く弾くこと」に対する指の技巧訓練だけでなく、レガートとノン・レガート、カンタービレ、レジェーロなどの表現的な指示に従い、音楽的な演奏法を学ぶことができる。和音や調による音色の変化を活かせばさらに表情豊かな演奏が可能になるだろう。また、多声における旋律の弾き分けも要求されている。

なお、この曲集は10曲ずつの2部構成になっている。前半は主になめらかなレガートを、後半はノン・レガートやレジェーロを取り入れた多様な奏法を学ぶことができる。

第7番:ト長調/G-dur、4/4拍子、アレグロ・ブリランテ

右手の音階および分散和音の練習。中間部では左手伴奏がスタッカートとレガートを引き分けることによって、表現の変化をみせる。また、2,4拍目のアクセントが一層スケルツァンドな効果をあげる。左手は和音や音階、レガートやスタッカートといった多彩な奏法を要求される。

PTNAピアノ曲辞典より

作曲家解説 - モシュコフスキ,モーリッツ

ドイツの作曲家。ポーランドに生まれ、ドレスデン音楽院とシュテルン音楽院、クラック音楽院で学んだ。卒業後は、ベルリンに留まって最終学校でピアノの指導にあたった。ピアニストとしても活躍し、生国のポーランドの他に、イギリスやフランスで演奏した。作品はサロン向けの小品が多い。最もよく知られているのは、2台ピアノのための《スペイン舞曲集》である。生涯の後半はパリで過ごした。

5. 20の小練習曲より第7番ト長調 / モシュコフスキ,モーリッツ / エスタ・ブジャージョ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 20の小練習曲より第7番ト長調

PTNA2019年C級課題曲

モシュコフスキの練習曲といえば15曲から成る練習曲作品72が知られているが、こちらはそれよりも前段階の練習に役立つ曲集である。教材として利用する際の目安は、チェルニー30番や40番のレベルであろう。

この練習曲では、「速く弾くこと」に対する指の技巧訓練だけでなく、レガートとノン・レガート、カンタービレ、レジェーロなどの表現的な指示に従い、音楽的な演奏法を学ぶことができる。和音や調による音色の変化を活かせばさらに表情豊かな演奏が可能になるだろう。また、多声における旋律の弾き分けも要求されている。

なお、この曲集は10曲ずつの2部構成になっている。前半は主になめらかなレガートを、後半はノン・レガートやレジェーロを取り入れた多様な奏法を学ぶことができる。

第7番:ト長調/G-dur、4/4拍子、アレグロ・ブリランテ

右手の音階および分散和音の練習。中間部では左手伴奏がスタッカートとレガートを引き分けることによって、表現の変化をみせる。また、2,4拍目のアクセントが一層スケルツァンドな効果をあげる。左手は和音や音階、レガートやスタッカートといった多彩な奏法を要求される。

PTNAピアノ曲辞典より

作曲家解説 - モシュコフスキ,モーリッツ

ドイツの作曲家。ポーランドに生まれ、ドレスデン音楽院とシュテルン音楽院、クラック音楽院で学んだ。卒業後は、ベルリンに留まって最終学校でピアノの指導にあたった。ピアニストとしても活躍し、生国のポーランドの他に、イギリスやフランスで演奏した。作品はサロン向けの小品が多い。最もよく知られているのは、2台ピアノのための《スペイン舞曲集》である。生涯の後半はパリで過ごした。