バルトーク ソナチネ 第3楽章 動画集 | Mボックス

Music video

バルトーク ソナチネ 第3楽章 動画集

 

Bartok バルトーク ソナチネ 3楽章

バルトーク ソナチネ BB69 第3楽章

Bartok, Bela~Sonatina(Sz.55, BB 69) 3rd.Mov.

 

アルバム収録曲一覧

1. ソナチネ 3楽章 / バルトーク,ベーラ / コチシュ,ゾルタン

楽譜表示は、実際の音とずれています。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナチネ 3楽章

PTNA2018年D級課題曲

バルトークは、1907年から20年頃にかけて、ハンガリー、ルーマニアなどの民謡素材からピアノ曲を多数作曲しており、この《ソナチネ》もその一つである。

3楽章からなり、技術的には、《ミクロコスモス》1、2巻完了程度の平易なものであるが、リズム感に富み、ステージ効果があがるような作品構成になっている。

バルトークは生涯にわたって、子供のためのピアノ作品に対する情熱をもちつづけていた。《ソナチネ》の他に、《10のやさしいピアノ小品》、《子供のために》、《ルーマニアのクリスマスの歌》、《ルーマニア民俗舞曲》、《ピアノ初心者のために》、《ミクロコスモス》などがピアノ教育作品として挙げられる。
第3楽章:終曲 / No.3 "Finale" アレグロ・ヴィヴァーチェ

A-Bの二部構成。Aの部分では、マロッシュ・トルダ地方のマルンゼル舞曲に基づく。G音を基音とするリディア調。Bの部分では、トランタール地方のババレウカ舞曲に基づく。ト長調。曲全体を通してD音が支配的になっていることに注意したい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

2. ソナチネ 3楽章 / バルトーク,ベーラ / ラーンキ,デジェー

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナチネ 3楽章

PTNA2018年D級課題曲

バルトークは、1907年から20年頃にかけて、ハンガリー、ルーマニアなどの民謡素材からピアノ曲を多数作曲しており、この《ソナチネ》もその一つである。

3楽章からなり、技術的には、《ミクロコスモス》1、2巻完了程度の平易なものであるが、リズム感に富み、ステージ効果があがるような作品構成になっている。

バルトークは生涯にわたって、子供のためのピアノ作品に対する情熱をもちつづけていた。《ソナチネ》の他に、《10のやさしいピアノ小品》、《子供のために》、《ルーマニアのクリスマスの歌》、《ルーマニア民俗舞曲》、《ピアノ初心者のために》、《ミクロコスモス》などがピアノ教育作品として挙げられる。
第3楽章:終曲 / No.3 "Finale" アレグロ・ヴィヴァーチェ

A-Bの二部構成。Aの部分では、マロッシュ・トルダ地方のマルンゼル舞曲に基づく。G音を基音とするリディア調。Bの部分では、トランタール地方のババレウカ舞曲に基づく。ト長調。曲全体を通してD音が支配的になっていることに注意したい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ラーンキ,デジェー

ハンガリーのピアニスト。日本ではコチシュ・ゾルターンやシフ・アンドラーシュと共に「ハンガリーの三羽烏」や「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

3. ソナチネ 3楽章 / バルトーク,ベーラ / ソコライ,バラーシュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナチネ 3楽章

PTNA2018年D級課題曲

バルトークは、1907年から20年頃にかけて、ハンガリー、ルーマニアなどの民謡素材からピアノ曲を多数作曲しており、この《ソナチネ》もその一つである。

3楽章からなり、技術的には、《ミクロコスモス》1、2巻完了程度の平易なものであるが、リズム感に富み、ステージ効果があがるような作品構成になっている。

バルトークは生涯にわたって、子供のためのピアノ作品に対する情熱をもちつづけていた。《ソナチネ》の他に、《10のやさしいピアノ小品》、《子供のために》、《ルーマニアのクリスマスの歌》、《ルーマニア民俗舞曲》、《ピアノ初心者のために》、《ミクロコスモス》などがピアノ教育作品として挙げられる。
第3楽章:終曲 / No.3 "Finale" アレグロ・ヴィヴァーチェ

A-Bの二部構成。Aの部分では、マロッシュ・トルダ地方のマルンゼル舞曲に基づく。G音を基音とするリディア調。Bの部分では、トランタール地方のババレウカ舞曲に基づく。ト長調。曲全体を通してD音が支配的になっていることに注意したい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ソコライ,バラーシュ

ハンガリー、ブダペスト出身のピアニスト。

4. ソナチネ 3楽章 / バルトーク,ベーラ / 小栗 克裕

作曲家、小栗克裕先生による課題曲講座

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナチネ 3楽章

PTNA2018年D級課題曲

バルトークは、1907年から20年頃にかけて、ハンガリー、ルーマニアなどの民謡素材からピアノ曲を多数作曲しており、この《ソナチネ》もその一つである。

3楽章からなり、技術的には、《ミクロコスモス》1、2巻完了程度の平易なものであるが、リズム感に富み、ステージ効果があがるような作品構成になっている。

バルトークは生涯にわたって、子供のためのピアノ作品に対する情熱をもちつづけていた。《ソナチネ》の他に、《10のやさしいピアノ小品》、《子供のために》、《ルーマニアのクリスマスの歌》、《ルーマニア民俗舞曲》、《ピアノ初心者のために》、《ミクロコスモス》などがピアノ教育作品として挙げられる。
第3楽章:終曲 / No.3 "Finale" アレグロ・ヴィヴァーチェ

A-Bの二部構成。Aの部分では、マロッシュ・トルダ地方のマルンゼル舞曲に基づく。G音を基音とするリディア調。Bの部分では、トランタール地方のババレウカ舞曲に基づく。ト長調。曲全体を通してD音が支配的になっていることに注意したい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 小栗 克裕

日本の作曲家。東京芸術大学作曲科卒業,同大学院修了。管弦楽作品において数々の受賞。合唱作品やさまざまな楽器による編曲も多数出版。また自作、自編曲を交えたピアノリサイタルや、声楽、合唱、器楽の伴奏などステージでの活動も行う。現在,聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授,日本作曲家協議会会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より