アルベニス タンゴ Op.165-2 動画集 | Mボックス

Music video

アルベニス タンゴ Op.165-2 動画集

 

アルベニス Albeniz tanngo165-2

アルベニス タンゴ Op.165-2

Grieg, Edvard Hagerup~Espana Op.165-2 Tango

 

 

アルバム収録曲一覧

1. スペイン 作品165 第2番 タンゴ / アルベニス,イサーク / バルツァーニ,ヴィンツェンツォ

柔らかくメリハリのある演奏です。 「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - スペイン 作品165 第2番 タンゴ

1889年~1890年にかけて作曲された。アルベニスが、作曲、演奏ともに精力的な活動をしていた時期の作品である。「6つのアルブムブラット」という副題をもち、6つの小曲からなる。簡素な書法でかかれていながらも、スペイン的な要素が顕著である。とくに第2曲「タンゴ」は、人気が高い。

第2曲目のタンゴ ニ長調 / "Tango"は、曲集中最も人気の高い曲。さまざまな楽器用の編曲がなされている。心地よい揺れにのせて、南国風の旋律がのんびりとした調子で歌われていく。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2001年PTNA(ピティナ)D級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - バルツァーニ,ヴィンツェンツォ

イタリアのピアニスト。

2. スペイン 作品165 第2番 タンゴ / アルベニス,イサーク / バレンボイム,ダニエル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - スペイン 作品165 第2番 タンゴ

1889年~1890年にかけて作曲された。アルベニスが、作曲、演奏ともに精力的な活動をしていた時期の作品である。「6つのアルブムブラット」という副題をもち、6つの小曲からなる。簡素な書法でかかれていながらも、スペイン的な要素が顕著である。とくに第2曲「タンゴ」は、人気が高い。

第2曲目のタンゴ ニ長調 / "Tango"は、曲集中最も人気の高い曲。さまざまな楽器用の編曲がなされている。心地よい揺れにのせて、南国風の旋律がのんびりとした調子で歌われていく。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2001年PTNA(ピティナ)D級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

3. スペイン 作品165 第2番 タンゴ / アルベニス,イサーク / バレンボイム,ダニエル

クライスラーのアレンジによるバイオリン版です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - スペイン 作品165 第2番 タンゴ

1889年~1890年にかけて作曲された。アルベニスが、作曲、演奏ともに精力的な活動をしていた時期の作品である。「6つのアルブムブラット」という副題をもち、6つの小曲からなる。簡素な書法でかかれていながらも、スペイン的な要素が顕著である。とくに第2曲「タンゴ」は、人気が高い。

第2曲目のタンゴ ニ長調 / "Tango"は、曲集中最も人気の高い曲。さまざまな楽器用の編曲がなされている。心地よい揺れにのせて、南国風の旋律がのんびりとした調子で歌われていく。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2001年PTNA(ピティナ)D級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

4. スペイン 作品165 第2番 タンゴ / アルベニス,イサーク / ラローチャ,アリシア・デ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - スペイン 作品165 第2番 タンゴ

1889年~1890年にかけて作曲された。アルベニスが、作曲、演奏ともに精力的な活動をしていた時期の作品である。「6つのアルブムブラット」という副題をもち、6つの小曲からなる。簡素な書法でかかれていながらも、スペイン的な要素が顕著である。とくに第2曲「タンゴ」は、人気が高い。

第2曲目のタンゴ ニ長調 / "Tango"は、曲集中最も人気の高い曲。さまざまな楽器用の編曲がなされている。心地よい揺れにのせて、南国風の旋律がのんびりとした調子で歌われていく。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2001年PTNA(ピティナ)D級課題曲

作曲家解説 - アルベニス,イサーク

スペインの作曲家。イサーク・アルベニスは、スペイン近代民族主義楽派の旗手となって活躍した作曲家で、天才的なピアニストだった。結婚を機に放浪を止めたアルベニスは、マドリッド、ロンドンを経て、居をパリに移し、生涯をフランスで過ごす。パリではショーソン、フォーレ、デュカス、ダンディと交流し、その音楽的な影響は多くの作品に反映された。スコラ・カントゥルムで教えたこともあり、その弟子にはセヴラックがいる。1909年腎臓病(ブライト氏病)で亡くなる。49歳。

オペラやオーケストラ作品も残したが、特にピアノ曲を多く作曲し、当時からヨーロッパの音楽界で高い評価を得ていた。ロマン派的な小品も多く作曲しているが、スペイン近代民族主義楽派としての作品においてアルベニスの魅力が発揮されている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ラローチャ,アリシア・デ

スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名。