グリーグ 蝶々 Op.43-1 動画集 | Mボックス

Music video

グリーグ 蝶々 Op.43-1 動画集

 

グリーグ Grieg 蝶々 Sommerfugl (Butterfly)

グリーグ 抒情小品集3集より第1番蝶々

Grieg, Edvard Hagerup~Lyric Pieces Book 3-1 Sommerfugl (Butterfly)

 

 

アルバム収録曲一覧

1. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / 根津 理恵子

PTNAチャンネルより

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - 根津 理恵子

日本のピアニスト。東京藝術大学卒業後、ビドゴシチ音楽アカデミー研究科修了。
1986年、PTNAピアノコンペティションA1級全国決勝大会金賞。1995年、同コンペティション特級全国決勝大会銀賞。2005年、第15回ショパン国際ピアノコンクールにおいてファイナリスト名誉表彰を受ける。
国内外で演奏活動を行う。様々な企画や真摯な音楽にファンも多く、今後の活躍に期待も大きい。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / アウストボ,ホーカン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - アウストボ,ホーカン

ノルウェーのピアニスト。現在はアムステルダム音楽院教授を務める。

3. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / リヒテル,スヴャトスラフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - リヒテル,スヴャトスラフ

ドイツ人を父にウクライナで生まれ、主にロシアで活躍した(ただし在留ドイツ人として扱われた)。その卓越した演奏技術から20世紀最大のピアニストと称された。

楽譜を見ながら弾くスタイルだった。ヤマハのピアノを好んで弾いたピアニストでもある。

4. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

5. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / コチシュ,ゾルタン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - コチシュ,ゾルタン

ハンガリーのブダペスト出身のピアニスト・指揮者・作曲家。「ハンガリーの三天王」などと呼ばれている。

6. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / プレトニョフ,ミハイル

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - プレトニョフ,ミハイル

ロシアのピアニスト・指揮者。1978年にチャイコフスキー国際コンクールで金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。幅広いレパートリーを持つ。自分はヴィルトゥオーソではないとたびたび発言している。

7. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / シフラ,ジョルジュ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - シフラ,ジョルジュ

ハンガリー出身のピアニスト。超絶技巧で名高い。Gyorgy Cziffra とも明記する。ブダペストにてロマの家系に生まれる。5歳のときに、居酒屋やサーカスで民謡を主題とする即興演奏を行なって有名になる。ブダペストのフランツ・リスト音楽院に入学し、エルネー・ドホナーニらに師事。実際のところ生演奏では、シフラの豪快な演奏に酔いしれた聴衆が、演奏の途中でやんやの大喝采を送ることも稀ではなかった。いずれにせよシフラが不世出のヴィルトゥオーソであり、即興演奏の達人であった事実はほとんど疑いようがない。

8. 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々 / グリーグ,エドヴァルド / ロス,ニコラス

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 抒情小品集 第3集 第1曲 蝶々

1867年から1901年にかけてこの作品集を書き上げた。抒情小品は生涯にわたって作曲されているため、グリーグの作風、ピアニズム、その変遷すべてがその中にあらわれており、作品群の中でも中心的な存在にある。

いずれも1分~6分程度の小品であり、ステージ用というよりは、主にサロンや家庭で広く親しまれていた。どの曲にも標題がつけられており、それぞれの曲に対して、一つの感情、気分、情景が表現されている。

1867年、第1集を発表したが、その後ピアノ、作曲、指揮など多忙だったこともあり、第2集が発表されたのは、その16年後であった。第2集から第10集はある一定の間隔をおきながら続けて作曲された。全10巻で、計66曲の作品がおさめられている。



グリーグ : 抒情小品集 第3集 / Lyriske smastykker No.3 op.43

1、2集と比較すると、この第3集の内容は自然を主題にしているという点で統一性がみられ、各曲の質が高い。グリーグの最高傑作の一つであるといえる。1877年に出版された。



1.蝶々 / op.43-1 "Sommerfugl":グリーグの作品の中でもとりあげられることが多い名曲。粒の揃った音でキラキラと奏され、かけあがったり、舞い降りたりするその柔軟な音の動きはまさに、美しい蝶を想起させる。主要な旋律ははっきりと浮き立たせる必要がある。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - ロス,ニコラス

イギリスのピアニスト。