フォーレ 即興曲 Op.84-5 動画集 | Mボックス

Music video

フォーレ 即興曲 Op.84-5 動画集

 

フォーレ 即興曲 84-5

フォーレ 即興曲 Op.84-5

Gillock, William : 8 Pieces Breves Op.84 No.5 Improvisation in C sharp minor

フォーレ ピアノ小曲集(全音)などに掲載されています。

アルバム収録曲一覧

1. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / 赤松 林太郎

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 赤松 林太郎

神戸大学卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノと室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得卒業。2000年に第3回クララ・シューマン国際ピアノコンクールで日本人初の上位入賞。その後もフランス、イタリア、スペインなど十指を超える国際コンクールで優勝や上位入賞を続ける。現在は年間60回以上の国内外での演奏活動を続けながら、全国各地で審査員、公開講座、指導なども務める。全日本ピアノ指導者協会正会員。2010年PTNA新人指導者賞、2012年PTNA指導者賞(特級グランプリなど輩出)。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / 喜多 宏丞

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 喜多 宏丞

日本のピアニスト。東京藝術大学音楽学部を経て、同大学大学院修士課程修了。現在、同大学院博士課程在籍。
第26回ピティナ・ピアノコンペティション全国大会G級金賞・東京都知事賞・読売新聞社賞・ヒノキ賞・王子賞。第77回日本音楽コンクール第1位・野村賞・井口賞・河合賞・三宅賞。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / 小栗 克裕

作曲家、小栗克裕先生による課題曲講座

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 小栗 克裕

日本の作曲家。東京芸術大学作曲科卒業,同大学院修了。管弦楽作品において数々の受賞。合唱作品やさまざまな楽器による編曲も多数出版。また自作、自編曲を交えたピアノリサイタルや、声楽、合唱、器楽の伴奏などステージでの活動も行う。現在,聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授,日本作曲家協議会会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / エヴリーヌ・クロシェ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - エヴリーヌ・クロシェ

フランス人女性ピアニスト

7. 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調 / フォーレ,ガブリエル / カルロ・バルザレッティ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 8つの小品 作品84 第5曲 即興 嬰ハ短調

PTNA2018年C級課題曲


この全8曲から成る小品集は、異なる時期に作られた作品を集めて1902年に出版された。ジャン・レオナール=ケクラン夫人に捧げられている。各々の作品についている表題は、出版に際して出版社側が付したものである。但し、この曲集の最後を飾る第8曲目は、《夜想曲 第8番》と同じである。

第5曲目の<即興>は、1901年にこの年のパリ音楽院卒業試験のために作曲された。アンダンテ・モデラートの嬰ハ短調で4分の4拍子。左右の手の間で受け渡されるアルペジオが特徴的である。同主長調にあたる嬰ハ長調に移旋し、曲を閉じる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - フォーレ,ガブリエル

南仏パミエ生まれのフォーレは、父親が校長を務めるモンゴジの師範学校の礼拝堂でハルモニウム1を弾いて幼少期を過ごした。そこで音楽的才能を見出され、9歳の時にパリのニーデルメイエール古典宗教音楽学校へ入学する。

フォーレの現存する作品は、ピアノ曲、声楽曲、室内楽曲が中心である。もちろん舞台作品や管弦楽作品も手掛けてはいるのだが、作品数は決して豊富とは言えず、また未完成あるいは未出版に終わったものも散見されているのが現状である。

フォーレにとってのピアノ曲は、歌曲同様に、その60年にわたる創作期間の初期から晩年に至るまで常に取り組んだ重要な創作ジャンルである。ショパンをはじめとするロマン派作曲家のピアノ小品のジャンルを踏襲したものが多い。しかし、ニデルメイエール校での教育に影響を受けたとされる旋法的な和声語法や対位法的な旋律語法には、ジャンルの歴史におけるフォーレの個性を見ることができる。フォーレの作品様式に関して、フォーレ研究の第一人者であるジャン=ミシェル・ネクトゥーはその著書『評伝フォーレ』の中で、ロマン派からの影響の脱却と作曲家自身の様式の探求を試みた第1期(1860-86)、半音階や対位法、和声法などの音楽語法の模索により独自の様式を押し進めた第2期(1886-1905)、対位法書法への傾倒と斬新な和声の創出が行われた第3期(1906-24)というように3つの時代区分を提唱している。もちろん、旋法的な和声の使用、反復するリズム、そして息の長い旋律というように、どの時代の作品にも共通して見られる音楽的特徴はあるため、この区分は絶対的なものではないが、フォーレの長い創作期間の変遷を把握する指標にはなり得る。

第1期から第2期前半に当たる1860年代から1890年代前半にかけては、比較的創作量が多い。多くはピアノ曲や歌曲、さらにはピアノ四重奏曲などの室内楽に充てられている。そして、ロマン派の影響が色濃いこの時期の作品は華々しさを具えており、今日演奏される頻度も高い。しかし、音楽院での職務に追われる1890年代後半以降は創作のペースがやや鈍る。とはいえ、大規模作品の発表機会が多くなっている。また、規模の大きな室内楽曲にも集中的に取り組まれている。このような大きな作品の積極的な発表の裏には、音楽院での院長職などの社会的地位の向上や多くの弟子らによる支えがあった。全音音階的旋律の多用、対位法を使った簡潔な書法のように、初期とは明らかに異なる作風へと変化している。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - カルロ・バルザレッティ

イタリア国立ブレーシャ音楽院学長を経て、現在は、イタリア国立コモ音楽院の校長を務めるピアニスト・指導者