ドゥシーク ソナチネ イ長調 Op.20-4 第1楽章動画集 | Mボックス

Music video

ドゥシーク ソナチネ イ長調 Op.20-4 第1楽章動画集

 

ドゥシーク  Dussek Sonatine op20-4 1st

ドゥシーク ソナチネ イ長調 Op.20-4 第1楽章

Dussek, Johann Ladislaus : 6 Sonatina Op.19/20 No.1 in G major 1st mov. Allegro non tanto

バロック・アルバム2(音友)などに掲載されています。

アルバム収録曲一覧

1. 6つのソナチネ 作品19/20 第4番 イ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 12番) / ドゥシーク,ヤン・ラディスラフ / 演奏者不明

2008 ピティナ全国大会C級金賞山崎亮汰君の演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 6つのソナチネ 作品19/20 第4番 イ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 12番)

ソナチネアルバム(全音楽譜出版社) 2巻 第12番 第1楽章

PTNA2008年C級、国際ピアノコンクールin知多2015年第22回C部門課題曲

PTNA2018年C級課題曲

作曲家解説 - ドゥシーク,ヤン・ラディスラフ

イギリス・ピアノ楽派の基礎を築いたボヘミア(チェコ)人作曲家、ピアニスト。カール・フィリップ・エマニュエル=バッハに師事し、ドイツ語圏の古典派とロマン派の作品を橋渡しするような作風の変化をみせた。幼少の頃からピアノやオルガンにふれ、教会の聖歌隊に入っていた。ヨーロッパ各地で演奏会を開き、ドイツやロンドンに移ったこともあるが、主にパリに居住を構えた。作品には、ベートーヴェンからシューマン、メンデルスゾーンの作品に通じていくような作風の変化がみられる。また、ピアノ製造業のブロードウッド社に音域を半オクターヴ広げたピアノを作らせ、このピアノのための作品も手がけた。 ピアニストとしては、レガート奏法に長けていた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 6つのソナチネ 作品19/20 第4番 イ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 12番) / ドゥシーク,ヤン・ラディスラフ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 6つのソナチネ 作品19/20 第4番 イ長調 第1楽章 (ソナチネアルバム(全音) 2巻 12番)

ソナチネアルバム(全音楽譜出版社) 2巻 第12番 第1楽章

PTNA2008年C級、国際ピアノコンクールin知多2015年第22回C部門課題曲

PTNA2018年C級課題曲

作曲家解説 - ドゥシーク,ヤン・ラディスラフ

イギリス・ピアノ楽派の基礎を築いたボヘミア(チェコ)人作曲家、ピアニスト。カール・フィリップ・エマニュエル=バッハに師事し、ドイツ語圏の古典派とロマン派の作品を橋渡しするような作風の変化をみせた。幼少の頃からピアノやオルガンにふれ、教会の聖歌隊に入っていた。ヨーロッパ各地で演奏会を開き、ドイツやロンドンに移ったこともあるが、主にパリに居住を構えた。作品には、ベートーヴェンからシューマン、メンデルスゾーンの作品に通じていくような作風の変化がみられる。また、ピアノ製造業のブロードウッド社に音域を半オクターヴ広げたピアノを作らせ、このピアノのための作品も手がけた。 ピアニストとしては、レガート奏法に長けていた。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より