ムッファト エール動画集 | Mボックス

Music video

ムッファト エール動画集

 

ゲオルク ムッファト エール エア 

ムッファト  エール(エア)

 Georg Muffat : Air~Suite No.4

 

バロック・アルバム1(音友)に掲載されています。

アルバム収録曲一覧

1. エール(エア) / ゲオルク・ムッファト / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - エール(エア)

PTNA2018年C級課題曲。バロック・アルバム1(音友)に掲載されている。

作曲家解説 - ゲオルク・ムッファト

バロック音楽の作曲家。サヴォイア公国、現在スキー観光地として有名なフランスのムジェーヴ Meg?ve に生まれる。父方はスコットランド系、母方はフランス系だが、本人はドイツ人の自意識を持っていた。1663年から1669年までジャン=バティスト・リュリに師事し、アルザス=ロレーヌ地方でオルガニストに就任。その後ウィーンに滞在するが、公職に就くことができず、1677年にプラハを訪れ、それからザルツブルクに行き、約10年にわたってザルツブルク大司教の宮廷に仕える。1680年ごろにイタリアを訪ねてベルナルド・パスクィーニにオルガンを師事する傍ら、アルカンジェロ・コレッリに会い、その作品に非常に好感を覚えるようになる。1690年から没するまでパッサウ司教の宮廷楽長を務め、同地で他界した。
フローベルガーやヘンデルのように、ヨーロッパ諸国の音楽伝統の交流に大きな役割を果たしたコスモポリタンな作曲家だった。ムッファトの作品は、フランスやイタリアの作曲家に強く影響されている。

2. エール(エア) / ゲオルク・ムッファト / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - エール(エア)

PTNA2018年C級課題曲。バロック・アルバム1(音友)に掲載されている。

作曲家解説 - ゲオルク・ムッファト

バロック音楽の作曲家。サヴォイア公国、現在スキー観光地として有名なフランスのムジェーヴ Meg?ve に生まれる。父方はスコットランド系、母方はフランス系だが、本人はドイツ人の自意識を持っていた。1663年から1669年までジャン=バティスト・リュリに師事し、アルザス=ロレーヌ地方でオルガニストに就任。その後ウィーンに滞在するが、公職に就くことができず、1677年にプラハを訪れ、それからザルツブルクに行き、約10年にわたってザルツブルク大司教の宮廷に仕える。1680年ごろにイタリアを訪ねてベルナルド・パスクィーニにオルガンを師事する傍ら、アルカンジェロ・コレッリに会い、その作品に非常に好感を覚えるようになる。1690年から没するまでパッサウ司教の宮廷楽長を務め、同地で他界した。
フローベルガーやヘンデルのように、ヨーロッパ諸国の音楽伝統の交流に大きな役割を果たしたコスモポリタンな作曲家だった。ムッファトの作品は、フランスやイタリアの作曲家に強く影響されている。

3. エール(エア) / ゲオルク・ムッファト / 演奏者不明

かなりテンポが遅いです。ピアノでの演奏とはテンポ感が異なりますが、チェンバロならでは、味わいがあります。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - エール(エア)

PTNA2018年C級課題曲。バロック・アルバム1(音友)に掲載されている。

作曲家解説 - ゲオルク・ムッファト

バロック音楽の作曲家。サヴォイア公国、現在スキー観光地として有名なフランスのムジェーヴ Meg?ve に生まれる。父方はスコットランド系、母方はフランス系だが、本人はドイツ人の自意識を持っていた。1663年から1669年までジャン=バティスト・リュリに師事し、アルザス=ロレーヌ地方でオルガニストに就任。その後ウィーンに滞在するが、公職に就くことができず、1677年にプラハを訪れ、それからザルツブルクに行き、約10年にわたってザルツブルク大司教の宮廷に仕える。1680年ごろにイタリアを訪ねてベルナルド・パスクィーニにオルガンを師事する傍ら、アルカンジェロ・コレッリに会い、その作品に非常に好感を覚えるようになる。1690年から没するまでパッサウ司教の宮廷楽長を務め、同地で他界した。
フローベルガーやヘンデルのように、ヨーロッパ諸国の音楽伝統の交流に大きな役割を果たしたコスモポリタンな作曲家だった。ムッファトの作品は、フランスやイタリアの作曲家に強く影響されている。