プレイエル ソナチネ ヘ長調 第1楽章動画集 | Mボックス

Music video

プレイエル ソナチネ ヘ長調 第1楽章動画集

 

プレイエル Pleyel  ソナチネヘ長調第一楽章

プレイエル ソナチネ 第3番ヘ長調 第1楽章

Pleyel, Ignaz~Sonatine No.3 in F major 1st mov.

ソナチネアルバム1(ヤマハ)に掲載されています。

アルバム収録曲一覧

1. ソナチネ ヘ長調 第1楽章 / プレイエル,イグナツ / 演奏者不明

とてもゆっくりで丁寧な演奏です。よい参考になりますが、これは練習過程をあえて示している様に思えます

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ソナチネ ヘ長調 第1楽章

PTNA2018年B級課題曲。ソナチネアルバム1(ヤマハ)に掲載されています。

作曲家解説 - プレイエル,イグナツ

オーストリアの作曲家。フランスで活躍したオーストリアの作曲家、楽譜出版家、ピアノ製作者。幼少の頃にヴァンハルに師事したとされる。1772年にハイドンの弟子となる。89年よりストラスブール大聖堂の楽長を務める。フランス革命後、91年から92年はロンドンで指揮者として活動した。95年にはパリに移住し、出版社を設立。ボッケリーニ、ベートーヴェン、クレメンティ、クラーマー、J. L. ドゥシーク、ハイドン、その他約4000曲を出版した。 また、ハイドンの交響曲やプレイエル自身の弦楽四重奏曲をミニチュア・スコアにして発行した。1805年、プレイエルはウィーン支社設立に失敗し、1813年には出版事業を手放す。作品は交響曲、協奏曲、室内楽曲、器楽曲、歌曲等多岐にわたる。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より