三善晃 三どのワルツ動画集 | Mボックス

Music video

三善晃 三どのワルツ動画集

 

三善晃 三どのワルツ

三善晃 三どのワルツ

音の森(カワイ)に掲載されています。

アルバム収録曲一覧

1. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 菅原 望

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 菅原 望

日本のピアニスト。第8回ショパン国際ピアノコンクールin Asia銀賞、第1回横浜国際音楽コンクール第2位など、幼少より数多くのコンクールに入賞。第31回ピティナ・ピアノコンペティション連弾部門最優秀賞。第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級セミファイナリスト。 2012年8月、第36回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞。2011年、大学の友人4人のピアニストによるグループ「image」を結成、各地で演奏会を開催。東京芸術大学を経て、現在、同大学大学院1年在籍。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 鯛中 卓也

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 鯛中 卓也

日本のピアニスト。東京藝術大学器楽科ピアノ専攻に在籍。1997~1999年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会において、B級ベスト賞、C級入選。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 海瀬 京子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 海瀬 京子

日本のピアニスト。東京音楽大学大学を経て同大学院修了。2004年、第28回ピティナピアノコンペティション特級準金賞および聴衆 賞、併せてロイズ賞、三井ホーム賞、王子賞を受賞。2005年、第74回日本音楽コン クールピアノ部門第1位。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 中田 雄一朗

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 中田 雄一朗

1988年生まれ。栃木県生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て,東京藝術大学器楽科ピアノを卒業。第3回北本ピアノコンクールF部門第1位。第9回かやぶき音楽堂デュオコンクールB部門第2位。第3回アルカスピアノコンクールデュオグランプリ部門第3位。
これまでにピアノを、故・田村宏、故・堀江孝子、渡邉健二、黒川浩、堺康馬、國土浩子、秦はるひ、H.バルダの各氏に師事。元伊奈学園総合高等学校非常勤講師、元昭和楽器(ヤマハ)特別講師。
現在、(株)東音企画にて勤務する傍ら、ソロ・室内楽・ピアノデュオの演奏及び、後進の指導にも力を注いでいる。ピアノ・プラザ高崎にて音楽教室講師、全日本ピアノ指導者協会指導会員。  

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 田口 翔

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 田口 翔

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独:国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、ピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年:ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、バロック音楽の解釈と奏法を学ぶ。2006年ドイツより帰国し、拠点を日本に。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。全日本ピアノ指導者協会会員、ベーテンピアノコンクール審査員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 小栗 克裕

作曲家、小栗克裕先生による課題曲講座

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 小栗 克裕

日本の作曲家。東京芸術大学作曲科卒業,同大学院修了。管弦楽作品において数々の受賞。合唱作品やさまざまな楽器による編曲も多数出版。また自作、自編曲を交えたピアノリサイタルや、声楽、合唱、器楽の伴奏などステージでの活動も行う。現在,聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授,日本作曲家協議会会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

8. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

9. 音の森 第1曲 三どのワルツ / 三善 晃 / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 音の森 第1曲 三どのワルツ

PTNA2018年A1級課題曲

国際ピアノコンクールin知多2018年第25回A部門課題曲
「音の森」に掲載されています。

作曲家解説 - 三善 晃

日本の作曲家。東京大学文学部仏文科在学中に、日本音楽コンクールで優勝、また尾高賞、文化庁芸術祭奨励賞を受賞し、一躍注目される。その後、給費留学生としてパリ音楽院に留学。アンリ・シャラン、レイモン・ガロワ・モンブランに師事。アンリ・デュティーユの影響も強く受ける。西洋のアカデミズムと日本の造形原理の葛藤の中から、無調的でありながらも洗練されたハーモニーを持つ自身の音楽スタイルを確立。特にピアノ作品には積極的に取り組み、近年では、子供の為のピアノメトードの開発や、「三善晃ピアノコンクール」の開催など、ピアノ教育にも熱意を注いでいる。桐朋学園大学学長、東京文化会館館長など歴任。芸術院会員、文化功労者。尾高賞(6回)、サントリー音楽賞など受賞。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より