バスティン メヌエットを踊ろう動画集 | Mボックス

Music video

バスティン メヌエットを踊ろう動画集

バスティン メヌエットを踊ろう の動画集です。

バスティン メヌエットをおどろう

バスティン  メヌエットを踊ろう

Bastien  Dancing the Minuet

バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

アルバム収録曲一覧

1. メヌエットを踊ろう / バスティン / 鯛中 卓也

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 鯛中 卓也

日本のピアニスト。東京藝術大学器楽科ピアノ専攻に在籍。1997~1999年ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会において、B級ベスト賞、C級入選。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. メヌエットを踊ろう / バスティン / 菅原 望

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 菅原 望

日本のピアニスト。第8回ショパン国際ピアノコンクールin Asia銀賞、第1回横浜国際音楽コンクール第2位など、幼少より数多くのコンクールに入賞。第31回ピティナ・ピアノコンペティション連弾部門最優秀賞。第35回ピティナ・ピアノコンペティション特級セミファイナリスト。 2012年8月、第36回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞。2011年、大学の友人4人のピアニストによるグループ「image」を結成、各地で演奏会を開催。東京芸術大学を経て、現在、同大学大学院1年在籍。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. メヌエットを踊ろう / バスティン / 冨永 愛子

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 冨永 愛子

日本のピアニスト。ピティナ・ピアノコンペティション全国大会において96年B級ベスト賞、97年C級ベスト賞、99年D級銀賞、05年G級銀賞受賞。2008年第6回東京音楽コンクールピアノ部門で優勝。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを特待奨学生として学び、卒業後ドイツに留学。2014年ドイツ国立エッセン・フォルクヴァンク芸術大学プロフェッショナルパフォーマンスコース(修士課程)を最優秀の成績で修了。 現在日本を拠点に、ソリスト、室内楽奏者として演奏活動を行っている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. メヌエットを踊ろう / バスティン / 田口 翔

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 田口 翔

日本のピアニスト。武蔵野音楽大学器楽学部卒業。1994年渡独:国立シュトゥットガルト音楽大学大学院で5年にわたり、ピアノ独奏及び歌曲伴奏法を学ぶ。2000年:ライプツィッヒに移る。ピアノ独奏、歌曲伴奏、室内楽など演奏活動をするかたわら、バロック音楽の解釈と奏法を学ぶ。2006年ドイツより帰国し、拠点を日本に。演奏活動のほか、定期的にバロック音楽のアナリーゼ、古典楽曲の解釈、ピアノ指導者へのアドバイスレッスンをライフワークとしている。全日本ピアノ指導者協会会員、ベーテンピアノコンクール審査員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

5. メヌエットを踊ろう / バスティン / 豊田 萌

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. メヌエットを踊ろう / バスティン / 中田 雄一朗

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 中田 雄一朗

1988年生まれ。栃木県生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て,東京藝術大学器楽科ピアノを卒業。第3回北本ピアノコンクールF部門第1位。第9回かやぶき音楽堂デュオコンクールB部門第2位。第3回アルカスピアノコンクールデュオグランプリ部門第3位。
これまでにピアノを、故・田村宏、故・堀江孝子、渡邉健二、黒川浩、堺康馬、國土浩子、秦はるひ、H.バルダの各氏に師事。元伊奈学園総合高等学校非常勤講師、元昭和楽器(ヤマハ)特別講師。
現在、(株)東音企画にて勤務する傍ら、ソロ・室内楽・ピアノデュオの演奏及び、後進の指導にも力を注いでいる。ピアノ・プラザ高崎にて音楽教室講師、全日本ピアノ指導者協会指導会員。  

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

7. メヌエットを踊ろう / バスティン / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

8. メヌエットを踊ろう / バスティン / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

9. メヌエットを踊ろう / バスティン / 演奏者不明

とてもゆっくりで丁寧な演奏です。よい参考になりますが、これは練習過程をあえて示している様に思えます。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

10. メヌエットを踊ろう / バスティン / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

11. メヌエットを踊ろう / バスティン / バスティン,ジェーン

メソード創始者であるジェーンバスティン先生の演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - メヌエットを踊ろう

PTNA2018年A1級課題曲
バスティンピアノのおけいこレベル2(東音)に掲載されています。

作曲家解説 - バスティン

世界10数カ国語に翻訳され、ピアノメッソードでは、全米一の売上げを誇るバスティン・メッソードの著者。ジェーン氏は3歳でピアノを始め、ステファン大学・バーナード大学を卒業後、東部の名門コロンビア大学大学院で修士課程を修了。音楽祭・リサイタル・ラジオ番組出演など、ピアニストとしても活躍。教育テレビのピアノ講座講師を務めるとともに、テューレーン大学で教鞭をとったことも。カリフォルニアにピアノ教室を開設し、夫君ジェームス氏と共に、指導上必要な曲を生徒のために次々と作曲し、200種類以上に及ぶピアノテキストを出版。夫妻で独自のメッソードを確立。その指導講座は世界各地で開催されている。バスティン門下生からは、全米コンクール第1位入賞者をはじめとして、オーケストラとの協奏曲共演者や音楽大学で教鞭を執る者など、優秀なピアニストを数多く輩出している。 「ピアノ指導者としての醍醐味は、音楽を通して、一人一人の個人と関われること。才能は無くても音楽好きな生徒を育てること。生徒の才能を発掘し、引き出すこと。」というバスティン先生の独自の教育法は、週に60人の生徒と関わる中で、今なお健在である。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - バスティン,ジェーン

アメリカの作曲家。ステファン大学・バーナード大学を卒業後、コロンビア大学で教鞭をとり、ピアニスト、テレビ番組のピアノ講座講師として活躍。その後、夫の故・ジェームズ氏とバスティン・メソッドを出版した。現在はカリフォルニアにピアノ教室を開設するかたわら、リサ・バスティン(長女)、ローリー・バスティン(次女)と共に旺盛な作曲生活を続けている。これまでの音楽教育に対する多大な貢献に対して、1999年に全米音楽指導者協会(MTNA)よりMTNA Lifetime Achievement Awardが授与された。