グリーグ 4つのアルバムの綴り 3番動画集 | Mボックス

Music video

グリーグ 4つのアルバムの綴り 3番動画集

グリーグ 4つのアルバムの綴り 3番動画集です。

グリーグ4つのアルバムの綴り 28-3 

グリーグ 4つのアルバムの綴り 3番動画集

Edvard Grieg
4 Albumblade Op.28-3

 

アルバム収録曲一覧

1. 4つのアルバムの綴り 作品28 第3番 / グリーグ,エドヴァルド / ルテュール・デ・グレーフ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 4つのアルバムの綴り 作品28 第3番

4つの曲から構成された曲集である。その4つの曲は、別々の時期に作られている。グリーグの作品において、このように作曲様式の変化をたどることのできるものは珍しい。《アルバムの綴り》というタイトルは、後に、《叙情小品集》を構成する数曲に対しても用いられている。
第3曲目はヴィヴァーチェのイ長調。第2曲目の2年後にあたる1876年に書かれた。ワルツを思わせる曲である。この曲は、中間部で、主調からみて同主長調にあたるイ短調に移旋する。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。

演奏家解説 - ルテュール・デ・グレーフ

王立ブリュッセル音楽院でピアノを、イグナーツ・モシェレス門下のルイ・ブラッサンに師事。17歳で優等で卒業後、ヴァイマルに行きフランツ・リストの薫陶を受け修業時代を仕上げる。ヴァイマルでの2年間の後、演奏会ピアニストとして各地で演奏旅行を行い、成功者としての道のりを歩き始める。親交を結んだエドヴァルト・グリーグからは、「私がこれまで出会った中で一番の私の作品の理解者」と呼ばれ、カミーユ・サン=サーンスからも支持を得た。リストの高弟として遺した録音は、近年になって再発掘され、再評価されつつある。

2. 4つのアルバムの綴り 作品28 第3番 / グリーグ,エドヴァルド / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 4つのアルバムの綴り 作品28 第3番

4つの曲から構成された曲集である。その4つの曲は、別々の時期に作られている。グリーグの作品において、このように作曲様式の変化をたどることのできるものは珍しい。《アルバムの綴り》というタイトルは、後に、《叙情小品集》を構成する数曲に対しても用いられている。
第3曲目はヴィヴァーチェのイ長調。第2曲目の2年後にあたる1876年に書かれた。ワルツを思わせる曲である。この曲は、中間部で、主調からみて同主長調にあたるイ短調に移旋する。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - グリーグ,エドヴァルド

ノルウェーの作曲家。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。初期の作風にはドイツ・ロマン派の影響が色濃く現れているが、後年、いわゆる「国民楽派」的な傾向を強める。戯曲の付随音楽をはじめ自国の英雄や民謡、風景などを扱った作品を多く残した。