ラモー ロンドによるメヌエット動画集 | Mボックス

Music video

ラモー ロンドによるメヌエット動画集

ラモー ロンドによるメヌエット動画集です。

ラモー ロンドによるメヌエット

ラモー ロンドによるメヌエット動画集

RAMEAU
Menuet En Rondeau~~Baroque And Classical Piano Music

●ラモー 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ロンドによるメヌエット / ラモー,ジャン=フィリップ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ロンドによるメヌエット

第34回かながわ音楽コンクール小学校低学年の部予選課題曲

作曲家解説 - ラモー,ジャン=フィリップ

フランス・バロック音楽の作曲家・音楽理論家。18世紀前半、盛期バロックを代表する音楽家の一人。数多くの優れた劇音楽を書いたこと、理論書によって近代和声理論の基礎を確立したことで、音楽史に輝かしい功績を残した。

ラモーの鍵盤独奏作品は全部で65曲あり、《王太子妃》(1741)を除いてはすべて劇音楽家として活動する以前の時代に書かれた。そもそもラモーは音楽家としての経歴を教会オルガニストとしてスタートし、著述や寸劇の音楽などで日銭を稼ぐかたわら、大聖堂のオルガニストの地位を手に入れようと継続的に運動している。ラモーが劇音楽に打ち込むようになったのは50歳にならんとする頃であり、この晩成型の音楽家の生涯において鍵盤楽器はつねにその中心にあった。ただし、宗教的な作品はまったく出版されていない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ロンドによるメヌエット / ラモー,ジャン=フィリップ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ロンドによるメヌエット

第34回かながわ音楽コンクール小学校低学年の部予選課題曲

作曲家解説 - ラモー,ジャン=フィリップ

フランス・バロック音楽の作曲家・音楽理論家。18世紀前半、盛期バロックを代表する音楽家の一人。数多くの優れた劇音楽を書いたこと、理論書によって近代和声理論の基礎を確立したことで、音楽史に輝かしい功績を残した。

ラモーの鍵盤独奏作品は全部で65曲あり、《王太子妃》(1741)を除いてはすべて劇音楽家として活動する以前の時代に書かれた。そもそもラモーは音楽家としての経歴を教会オルガニストとしてスタートし、著述や寸劇の音楽などで日銭を稼ぐかたわら、大聖堂のオルガニストの地位を手に入れようと継続的に運動している。ラモーが劇音楽に打ち込むようになったのは50歳にならんとする頃であり、この晩成型の音楽家の生涯において鍵盤楽器はつねにその中心にあった。ただし、宗教的な作品はまったく出版されていない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ロンドによるメヌエット / ラモー,ジャン=フィリップ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ロンドによるメヌエット

第34回かながわ音楽コンクール小学校低学年の部予選課題曲

作曲家解説 - ラモー,ジャン=フィリップ

フランス・バロック音楽の作曲家・音楽理論家。18世紀前半、盛期バロックを代表する音楽家の一人。数多くの優れた劇音楽を書いたこと、理論書によって近代和声理論の基礎を確立したことで、音楽史に輝かしい功績を残した。

ラモーの鍵盤独奏作品は全部で65曲あり、《王太子妃》(1741)を除いてはすべて劇音楽家として活動する以前の時代に書かれた。そもそもラモーは音楽家としての経歴を教会オルガニストとしてスタートし、著述や寸劇の音楽などで日銭を稼ぐかたわら、大聖堂のオルガニストの地位を手に入れようと継続的に運動している。ラモーが劇音楽に打ち込むようになったのは50歳にならんとする頃であり、この晩成型の音楽家の生涯において鍵盤楽器はつねにその中心にあった。ただし、宗教的な作品はまったく出版されていない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

4. ロンドによるメヌエット / ラモー,ジャン=フィリップ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ロンドによるメヌエット

第34回かながわ音楽コンクール小学校低学年の部予選課題曲

作曲家解説 - ラモー,ジャン=フィリップ

フランス・バロック音楽の作曲家・音楽理論家。18世紀前半、盛期バロックを代表する音楽家の一人。数多くの優れた劇音楽を書いたこと、理論書によって近代和声理論の基礎を確立したことで、音楽史に輝かしい功績を残した。

ラモーの鍵盤独奏作品は全部で65曲あり、《王太子妃》(1741)を除いてはすべて劇音楽家として活動する以前の時代に書かれた。そもそもラモーは音楽家としての経歴を教会オルガニストとしてスタートし、著述や寸劇の音楽などで日銭を稼ぐかたわら、大聖堂のオルガニストの地位を手に入れようと継続的に運動している。ラモーが劇音楽に打ち込むようになったのは50歳にならんとする頃であり、この晩成型の音楽家の生涯において鍵盤楽器はつねにその中心にあった。ただし、宗教的な作品はまったく出版されていない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より