バッハ 6つの小前奏曲 第1番 BWV 933動画集 | Mボックス

Music video

バッハ 6つの小前奏曲 第1番 BWV 933動画集

J. S.BACH Little Preludein BWV 933

バッハ 6つの小前奏曲 第1番 BWV 933 動画集 ハ長調

Bach, Johann Sebastian / Little Prelude No.1  BWV 933 C-Dur

 

6つの小前奏曲
「クラヴィーア初心者のための6つの小前奏曲」というタイトルをもち、バッハの周辺で6曲にまとめられたと見られる。
2番は4分音符が三拍子を刻み続けるメヌエット風の小品。前半は明確に2小節1単位だが、後半は1小節ごと細かに変容しながら進む。前半では8分音符の歩みを左手のパートが引き取って終止するが、後半はすぐに主旋律が右手に戻り、左手にはこの曲で初めて4分休符が現れる。淡々とした中のわずかな変化によってニュアンスが演出されている。<ピアノ曲辞典より>

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バッハのすべての動画集の一覧は     こちら

アルバム収録曲一覧

1. 小前奏曲 ハ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / 中川 京子

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 小前奏曲 ハ長調

前半と後半、更にその中が前楽節と後楽節に分かれている。音程幅の広い跳躍と歯切れよいリズムによる前楽節が、音階と淡々とした伴奏による流れるような後楽節に対比され、きわめて整然とした構成になっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - 中川 京子

日本のピアニスト。東京芸術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。オーケストラとの協演、NHK-FM、TV番組、ヤマハ・ソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演、教育用ビデオの演奏収録など各方面にわたり活動中。ピティナ協会正会員。
「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. 小前奏曲 ハ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グリゴリー・グルツマン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 小前奏曲 ハ長調

前半と後半、更にその中が前楽節と後楽節に分かれている。音程幅の広い跳躍と歯切れよいリズムによる前楽節が、音階と淡々とした伴奏による流れるような後楽節に対比され、きわめて整然とした構成になっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グリゴリー・グルツマン

1956年、ロシアのサンクトペテルブルクで生まれる。5歳でピアノを始めるが、その才能をすぐに認められ、サンクトペテルブルク音楽院へ入学。その学生時代はロシアの様々な場所で300回以上の演奏を行う。1999年から2006年までハンブルク音楽大学で教授を務め、2006年には、ヴァイマール音楽大学“フランツ・リスト”へ招聘される。ここでは教授としてだけでなく、音楽ギムナジウム「ベルヴェデーレ城」で才能ある子供たちのためにも教えている。

3. 小前奏曲 ハ長調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グールド,グレン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 小前奏曲 ハ長調

前半と後半、更にその中が前楽節と後楽節に分かれている。音程幅の広い跳躍と歯切れよいリズムによる前楽節が、音階と淡々とした伴奏による流れるような後楽節に対比され、きわめて整然とした構成になっている。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グールド,グレン

カナダのピアニスト。異様に低い椅子に座り極端に猫背で前のめりの姿勢になり、時に大きな手振りでリズムを取るといった特異な奏法と斬新な演奏で世間の注目を集めた。演奏時にはスタジオ内録音の際でも常にメロディーや主題の一部を歌いながら演奏するため、一聴しただけでグールドの「鼻歌」が聞こえ、彼の演奏と分かることが多い。レコーディングエンジニア等が再三注意し止めさせようとしたにも関わらず、グールドは黙ってピアノを弾くことはできないとして生涯この癖が直ることがなかった。バッハでは、伝説的な演奏(名盤)も多い。