バッハ 9つの小前奏曲 第8番 BWV 931動画集 | Mボックス

Music video

バッハ 9つの小前奏曲 第8番 BWV 931動画集

J. S.BACH Little Preludein BWV 931

バッハ 9つの小前奏曲 第8番 BWV 931動画集 イ短調

Bach, Johann Sebastian / Little Prelude No.8  BWV 931 a-moll

 

9つの小前奏曲
「ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハの音楽帖」に由来する。
ほとんど一貫して同じ音型が繰り返されるが、中間の第8-9小節でテクスチュアに若干の変化がある。また、最後の3小節も単旋律、和音、休符など音の厚みを多彩に変化させて終止を準備している。<ピアノ曲辞典より>

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バッハのすべての動画集の一覧は     こちら

アルバム収録曲一覧

1. 小前奏曲 イ短調 / バッハ,ヨハン・ゼバスティアン / グリゴリー・グルツマン

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 小前奏曲 イ短調

8小節ほどの短い曲で、W.F.バッハによって書かれている。さまざまな装飾記号が付けられているが、《音楽帖》の最初に示されたバッハによる装飾音表にはないような、フランス式の記号を多く含んでいる。また、その中には誤りと見られるようなものもある。フリーデマンが父以外の何らかの作品ないし教則を参照して、装飾の練習をした可能性がある。いずれにせよ8小節すべてがバッハの作とは考えにくく、バスや枠組みのみを父が提示し、フリーデマンが仕上げたのかも知れない。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バッハ,ヨハン・ゼバスティアン

ドイツの作曲家。音楽の父。楽聖。大バッハ。ドイツバロック時代の偉大な作曲家。彼の死をもってバロック時代が終焉を迎えるとすら規定されています。幅広いジャンルにわたって作曲を行い、オペラ以外のあらゆる曲種を手がけた。その様式は、通奏低音による和声の充填を基礎とした対位法的音楽という、バロック音楽に共通して見られるもの。当時までに存在した音楽語法を集大成し、さらにそれを極限まで洗練進化させました。しかし、死後100年近く後に復活演奏会があり、再度注目されたました。今では信じられませんが、復活演奏会までは彼の作品は全く日の目を見ませんでした。

演奏家解説 - グリゴリー・グルツマン

1956年、ロシアのサンクトペテルブルクで生まれる。5歳でピアノを始めるが、その才能をすぐに認められ、サンクトペテルブルク音楽院へ入学。その学生時代はロシアの様々な場所で300回以上の演奏を行う。1999年から2006年までハンブルク音楽大学で教授を務め、2006年には、ヴァイマール音楽大学“フランツ・リスト”へ招聘される。ここでは教授としてだけでなく、音楽ギムナジウム「ベルヴェデーレ城」で才能ある子供たちのためにも教えている。