坂本龍一自作自演アルバム~A | Mボックス

Music video

坂本龍一自作自演アルバム~A

坂本龍一氏の自作自演を集めました。

坂本龍一自作自演

坂本龍一自作自演アルバム~A

Ryuichi Sakamoto plays Ryuichi Sakamoto A

 

坂本龍一氏は作曲家としても演奏家(ピアニスト)としても活躍しています。坂本氏が折に触れて演奏して来た自身の作品を集めました。

 

坂本龍一動画集リンク一覧
坂本龍一自作自演アルバムAはこちら
坂本龍一自作自演アルバムBはこちら
坂本龍一自作自演アルバムCはこちら
坂本龍一自作自演アルバムDはこちら

アルバム収録曲一覧

1. Amore / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

2. Amore / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

3. アクア(Aqua) / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - アクア(Aqua)

1998年11月30日に発表された坂本龍一のオリジナルアルバムであるBTTB(ビーティーティービー)に収録されていた。

娘の坂本美雨のために作った曲のピアノバージョン。美雨の声がヒーリング的な要素が強いことから、意識的にニューエイジ系の曲となった。坂本が作曲した中では1、2を争うほどシンプルで、メジャーコード(ソ、シ、レ)で始まる点も珍しい。アルバム『/05』に再収録されている。アルバムでは水中用スピーカーを水槽の中にいれ、流した曲を収録した。

作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

4. Happyend / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

5. Asience / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - Asience

シャンプーのCMに流れていました。

作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

6. ビハインド・ザ・マスク(BEHIND THE MASK) / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

2005 ZEPP TOKYO 坂本龍一ライヴ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ビハインド・ザ・マスク(BEHIND THE MASK)

初収録は1979年にリリースされたイエロー・マジック・オーケストラ(以下、YMO)のアルバム『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』

作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

7. 美貌の青空(bibo no aozora) / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 美貌の青空(bibo no aozora)

オリジナル版は1995年発表の「Smoochy」に収録され、その後アレンジされたピアノ・バイオリン・チェロによるトリオ版が、映画「バベル」のエンディングで使用されました。

作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

8. 美貌の青空(bibo no aozora) / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - 美貌の青空(bibo no aozora)

オリジナル版は1995年発表の「Smoochy」に収録され、その後アレンジされたピアノ・バイオリン・チェロによるトリオ版が、映画「バベル」のエンディングで使用されました。

作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

9. Bolerish / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

10. エナジー・フロー / 坂本 龍一 / 坂本 龍一

坂本龍一本人の演奏とイメージ動画です。 教授の演奏はどの曲も音色がやさしいですね。 クラシックのピアニストとしても音色が非常にきれいなグループにはいると思います。

この曲の詳細を見る ▼
作曲家解説 - 坂本 龍一

「教授」「世界のサカモト」とも言われる日本を代表する作曲家作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャン。音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。

東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。

「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。

演奏家解説 - 坂本 龍一

作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、ピアニスト、キーボーディスト。世界的に活動している日本人ミュージシャンである。その音楽性は幅広く、クラシック音楽が根幹にあるものの、民俗音楽、現代音楽にも造詣が深く、ヘヴィメタルとカントリー音楽以外はすべて演奏の範囲という。東京藝術大学在学中にスタジオ・ミュージシャンとして活動を開始。1970年代後半よりソロとして活動する一方、メンバーとして参加した音楽グループ「イエロー・マジック・オーケストラ(Y.M.O.)」が国内外で商業的成功を収め、人気ミュージシャンとなる。Y.M.O.時代にテクノポップやニュー・ウェイヴの分野で活動したことは広く知られているが、その後は一つのところに留まらず、現代音楽の手法を使った作品の発表、ロックとテクノの融合、ワールドミュージック、ヒップホップやR&Bなどのブラックミュージックを織り交ぜたポップス、オペラの作曲およびプロデュース、クラシックやボサノヴァのユニットを結成してのワールドツアー、近年はアンビエントやエレクトロニカの作品を発表するなど、ジャンルを超越して多彩な作品を発表している。「教授」「世界のサカモト」というあだ名もある。