ベートーヴェン ピアノ協奏曲2番1楽章 動画集 | Mボックス

Music video

ベートーヴェン ピアノ協奏曲2番1楽章 動画集

ベートーヴェン ピアノ協奏曲2番1楽章 動画集です。様々な演奏家の名演を網羅しています。

BEETHOVEN Piano Concerto No2 Op19 1st Mov

ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第2番変ロ長調 op.19 第1楽章

Konzert für Klavier und Orchester Nr.2 B-Dur  Op.19 1st Mov.

ベートーヴェンのピアノ協奏曲の動画を集めました。ライブ演奏もあります。

 

ベートーヴェンピアノ協奏曲第2番の解説はこちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧a(  1番~10番)は こちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧b(11番~20番)は こちら
ベートーヴェンピアノソナタ集一覧c(21番~32番)は こちら
ベートーヴェン全作品一覧(動画集総一覧)はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 第1楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / バレンボイム,ダニエル

バレンボイムによる弾き振りです。指揮者としてもピアニストとしても一流の彼ならではの演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 第1楽章

1787年頃、協奏曲としては最も初めに着手されたと考えられている。しかしその後何度も改訂されたが、それでも納得のいく作品ではなかったようで出版に際し「私の最良のものではありません。」と手紙を書いている。それはロココ的で慣習的だと感じていたからなのかもしれない。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ 変ロ長調 4分の4拍子。主題は主和音と属和音の交代からなる。コーダでそれまでの動機を重ねることでテンションを上げていくが、カデンツァのあとは、5曲のピアノ協奏曲では唯一、第2主題で静かに幕を下ろす。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - バレンボイム,ダニエル

アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニスト・指揮者。現在の国籍はイスラエル。ロシア出身のユダヤ系移民を両親として生まれる。5歳のとき母親にピアノの手ほどきを受け、その後は父エンリケに師事。両親のほかにピアノの指導を受けてはいない。少年時代から音楽の才能を表し、1950年8月まだ7歳のうちにブエノスアイレスで最初の公開演奏会を開いてピアニストとしてデビュー。1991年よりショルティからシカゴ交響楽団音楽監督の座を受け継いでからは、卓越した音楽能力を発揮し、現在は世界で最も有名な辣腕指揮者のひとりとして知られている。第二次大戦後に活躍してきた指揮界の巨星が相次いで他界した後の、次世代のカリスマ系指揮者のひとりとして世界的に注目と期待が集まっている。

2. ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 第1楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ツィメルマン,クリスティアン

ツィメルマンの弾き振りです。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 第1楽章

1787年頃、協奏曲としては最も初めに着手されたと考えられている。しかしその後何度も改訂されたが、それでも納得のいく作品ではなかったようで出版に際し「私の最良のものではありません。」と手紙を書いている。それはロココ的で慣習的だと感じていたからなのかもしれない。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ 変ロ長調 4分の4拍子。主題は主和音と属和音の交代からなる。コーダでそれまでの動機を重ねることでテンションを上げていくが、カデンツァのあとは、5曲のピアノ協奏曲では唯一、第2主題で静かに幕を下ろす。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ツィメルマン,クリスティアン

ポーランドのピアニスト。現在、世界のクラシック音楽界で最も高い評価を受けているピアニストの一人である。1975年の第9回ショパン国際ピアノコンクールに史上最年少(18歳)で優勝、その後も着実にキャリアを重ね、現在に至っている。幅広いレパートリーを有している。世界の名指揮者との共演を重ねている。日本でも絶大な人気を誇る。

3. ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 第1楽章 / ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン / ラローチャ,アリシア・デ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調 第1楽章

1787年頃、協奏曲としては最も初めに着手されたと考えられている。しかしその後何度も改訂されたが、それでも納得のいく作品ではなかったようで出版に際し「私の最良のものではありません。」と手紙を書いている。それはロココ的で慣習的だと感じていたからなのかもしれない。

第1楽章 アレグロ・コン・ブリオ 変ロ長調 4分の4拍子。主題は主和音と属和音の交代からなる。コーダでそれまでの動機を重ねることでテンションを上げていくが、カデンツァのあとは、5曲のピアノ協奏曲では唯一、第2主題で静かに幕を下ろす。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - ベートーヴェン,ルートヴィヒ・ヴァン

ドイツの作曲家。三大B。ドイツの作曲家。クラシック音楽史上最も偉大な作曲家の一人とされる。「楽聖」とも呼ばれている。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。

身長は167cm前後と西洋人にしては小柄ながら、筋肉質のがっしりとした体格をしていた。肌は浅黒く、天然痘の痕で酷く荒れており、決してハンサムとはいえなかったが、表情豊かで生き生きした眼差しが人々に強い印象を与えた。

演奏家解説 - ラローチャ,アリシア・デ

スペインのピアニストで、20世紀を代表するピアニストの一人。スペイン・ピアノ界の長老として幼少期から約70年にわたって長いキャリアを誇っていた。19世紀から20世紀のスペインのピアノ曲の専門家として一般的には有名。