バルトーク ミクロコスモス 140.自由な変奏動画集 | Mボックス

Music video

バルトーク ミクロコスモス 140.自由な変奏動画集

バルトーク ミクロコスモス 第6巻 第140番 自由な変奏の動画集です。

バルトーク ミクロコスモス 第140番 自由な変奏

バルトーク ミクロコスモス Sz.107, BB 105
第6巻 第140番 自由な変奏

BARTÓK Mikrokosmos Sz.107, BB 105
Book6 No.140 Free Variations

バルトークのミクロコスモス 第140番 自由な変奏 Sz.107-140, BB 105-140です。
●バルトーク ミクロコスモスの解説はこちら
●バルトーク 全ての動画集一覧はこちら

アルバム収録曲一覧

1. ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り / バルトーク,ベーラ / 小栗 克裕

作曲家である小栗克裕さんの課題曲講座より

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り

PTNA2017年C級課題曲

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は同程度の教則本とあわせて使うとよいとされる。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

民俗的な旋律、旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。



第5巻

128.土踏みダンス、足踏み踊り

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - 小栗 克裕

日本の作曲家。東京芸術大学作曲科卒業,同大学院修了。管弦楽作品において数々の受賞。合唱作品やさまざまな楽器による編曲も多数出版。また自作、自編曲を交えたピアノリサイタルや、声楽、合唱、器楽の伴奏などステージでの活動も行う。現在,聖徳大学人文学部音楽文化学科助教授,日本作曲家協議会会員。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

2. ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り / バルトーク,ベーラ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り

PTNA2017年C級課題曲

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は同程度の教則本とあわせて使うとよいとされる。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

民俗的な旋律、旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。



第5巻

128.土踏みダンス、足踏み踊り

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

3. ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り / バルトーク,ベーラ / バルトーク,ベーラ

バルトーク自身の演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り

PTNA2017年C級課題曲

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は同程度の教則本とあわせて使うとよいとされる。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

民俗的な旋律、旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。



第5巻

128.土踏みダンス、足踏み踊り

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

4. ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り / バルトーク,ベーラ / ヤンドー,イェネー

バルトーク自身の演奏です。

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り

PTNA2017年C級課題曲

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は同程度の教則本とあわせて使うとよいとされる。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

民俗的な旋律、旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。



第5巻

128.土踏みダンス、足踏み踊り

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - ヤンドー,イェネー

ハンガリー出身のピアニスト。

5. ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り / バルトーク,ベーラ / 演奏者不明

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り

PTNA2017年C級課題曲

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は同程度の教則本とあわせて使うとよいとされる。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

民俗的な旋律、旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。



第5巻

128.土踏みダンス、足踏み踊り

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

6. ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り / バルトーク,ベーラ / マリヤ・ユーディナ

この曲の詳細を見る ▼
楽曲解説 - ミクロコスモス 第5巻 第128番 土踏みダンス、足踏み踊り

PTNA2017年C級課題曲

バルトークの創作欲がもっとも充実した時期、1926~39年にかけて作曲された。全6巻153曲からなる。ディッタ・パーストとの再婚によって得た息子ペーテルのための
ピアノの教則用の練習曲として着想された(1、2巻は息子に献呈されている)。

第1巻 36曲(1~36番)

第2巻 30曲(37~66番)

第3巻 30曲(67~96番)

第4巻 25曲(97~121番)

第5巻 18曲(122~139番)

第6巻 14曲(140~153番)

1~3巻はピアノ初心者向けに使用できる。また、第4巻は同程度の教則本とあわせて使うとよいとされる。曲集は巻を追うごとに難易度、芸術性を増しており、とりわけ第5巻以後は、演奏会用小品のレベルである。

民俗的な旋律、旋法や五音音階、全音音階などの使用、不規則なリズムや、拍子の変化、不協和音の使用などが特徴的である。伝統的な教材とは異なる、これらの現代的な要素に慣れ親しむための課題として、最適だろう。



第5巻

128.土踏みダンス、足踏み踊り

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

作曲家解説 - バルトーク,ベーラ

ハンガリーの作曲家。1881年現在のハンガリー南部に生まれ、母からピアノの手ほどきを受ける。18歳でブダペスト音楽アカデミーに入学し、ピアノ、作曲を学ぶ。ピアノ奏者として頭角を現すかたわら、当事のオーストリア・ハンガリー二重帝国からのハンガリー民族独立の思潮に共鳴し、ハンガリー独自の音楽の研究に力を注ぐようになる。民謡採集に積極的に取組み、分析し、録音や出版などで保存作業を生涯の仕事とするようになった。

ピアノ作品にも民謡をモチーフにしたものは多くあるが、音列手法や独自の倍音列音階などを作曲を取り入れ、国際的に現代音楽をリードする存在であった。音を素材としてとらえ、リズムや旋律が力強く表出するが、作風は決して前衛に傾き過ぎることなく、古典的部分と個性的な特徴がうまく融合されていった。

ヨーロッパにナチズムの影がさし政情が不安定になると、米国への移住を決意。1940年からコロンビア大学で作曲・研究を続け、45年ニューヨークで息を引取った。

「ピティナ・ピアノ曲事典」より

演奏家解説 - マリヤ・ユーディナ

ロシアのピアニスト。ペトログラード音楽院にレオニード・ニコラーエフに師事。同級生にドミートリイ・ショスタコーヴィチやヴラディーミル・ソフロニツキーがいた。1917年の二月革命のあと、1918年に一時休学。そののち1921年に卒業の際、ソフロニツキーとともに金メダルの成績を残した。以後、同院で教職に就き、1923年には教授となる。また、ペトログラード大学で古典を学ぶ。専らバッハやベートーヴェンの解釈で名を残すが、親友ショスタコーヴィチのほかにヒンデミットや新ウィーン楽派の作品など、東西の同時代の音楽も擁護した。スターリンがお気に入りのピアニストだったにもかかわらず、このような姿勢や、ユダヤ人でありながら公然と正教を信仰し、クリューエフ、マンデリシュターム夫妻を援助するなどの反体制的言動があだとなり、教育活動や演奏活動を禁じられたことは一度や二度ではなかった。バッハのゴルトベルク変奏曲の各変奏にテクストを書き残すなど、彼女にとっては宗教と音楽は一体の存在であった。1970年に死去。葬儀ではリヒテルがラフマニノフを演奏した。